« つかの間の休日 | トップページ | 蒙古TAN-MEN »

2009年12月14日 (月)

笑っていたいな 変わってみたいな

笑っていたいな 変わってみたいな
とまって見えた 世界が動いた


***



昨日、一所懸命がんばると言いながら
今日はモチベーション激下がり。
最下層の者にはどうしようもできない、それが人事。
また人が減らされる。

仕事もkumiaiも頑張ったって、どうしようもできないという
無力感に襲われる。

しかし、
カムバ~~~ック、俺のモチベーショ~ン!!!

ここで止まってるわけにはいかん。
仕事がたまる一方だからな。

はあ~~。
溜息ばかり。。。

それでも午後から切り替えて
やってまっせ~~。

そして、どうしようもできないと
諦めていてはそこで本当に終わるので
考える。
ちゃんと発言できるように
要望が伝えられるように。

***

ますますキビシイ状況ですが(笑)

4月に晴天の霹靂の勧告を受け
しがない中間管理職として早や8つき。
仕事も幾分か慣れ、
精神的にも落ち着きを見せております。

大きく変わったことは
ものすごく不自由になった、ということ。

今でも、
あちこち出張のたびに
自由気ままに出歩いている印象かと思いますが、
束縛の中の精一杯の自由、でしょうかねー。
身動きが取れなくなりました。

ライブとともに私のライフワーク、
とも言うべきものづくり。
ここに集中できる時間がほとんどなくなりました。


初めのころは、
それでも作りたい気持ち、でも作れない。
それがジレンマとなり、
かなりストレスとなり。

ああもう、作りたいものが作れないんだ。と、
真っ暗な気持ちになり
なんか焦り、落ち込み、悪循環。

これじゃいかん、と切り替え
退職してからゆっくり作りたいものを作ろうと
そう思うようになりました。

諦めたんじゃなくて
ちょっとかっこつけた言い方をすると
未来へ希望をつなぎます。


何かを作ることが当たり前だった日々。
それができることを、当然のように受け止め
漫然とそこへ向かっていた。

けど、
そうじゃないんだよな。
とても得難い、宝物のような時間。

だから、
ものづくりをしている人たちに
続けてください、と伝えたい。
どうか、続けてくださいと。
そしてその時間を持てるということが
どれほど得難いかということも。

…って、私が言うまでもないか。

事務所の机周り、
akemiさんとtomokoさんのコースター。
ししょーのカレンダー。

ここが、そちらの世界へ繋がる唯一の空間。

空を見て少しだけ自分に戻って、溜息をつくように
その空間に目をやって、
本当に居たいそちらの世界を感じて
少しだけ自分に戻る。

拘束されたこの中で
いかに自由に振り幅もたせるか、
なあに、やってやれないことは無い。
やってやるさ。


***

シグナル、と言う曲を毎日毎日あきもせず聴く。
重い、ああ、重い。
テーマも、音も重い。

心臓じかに掴まれたように
もんすごいぎゅううっとなる。
ヘヴィーなギターやドラムの音がのしかかってくる。

けど、ものすごくかっこいい…
もう、ほんまハート鷲掴み、めちゃかっこいい。
あ、それは置いといてー。

なんていうか、この重さが良い感じ。
ぎゅうぎゅうに押し込められて
その先に見える光、っていうか。

ま、M傾向。


さて、仕事に戻ります。
残業エヴリデイ。

















|

« つかの間の休日 | トップページ | 蒙古TAN-MEN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« つかの間の休日 | トップページ | 蒙古TAN-MEN »