« 野苺を摘みながら | トップページ | 赤いチェックのシャツの活用法について考察 »

2010年1月 1日 (金)

僕たちは何度でも生まれ変われる

51fh0v9tgxl ベリーハンドブックによると
先日、お城へのみちのり
一枝頂いた野苺は
「冬いちご」だそうです。

このベリーハンドブックは
以前取り上げた
「樹皮ハンドブック」のシリーズ。

この前のホリデイ@上野の森で
購入しました。
早速役立つなんて!!

少し落ち込み
思い出し
ちょっともがき
彷徨った日曜日。

とりあえず、上野に行けば動物園も美術館もあるし
なにかしら、やっているだろうし。
公園に着いて、入り口でのインフォメーションで
何処で何があるかをチェック。

「聖地チベット~ポタラ宮と天空の至宝」
「国宝土偶展」
迷わず土偶。
国宝級の土偶がそろい踏み!!

チケットを買って入る、が、
ん?
土偶展の会場が無い。
チラシの開催日を確認する。

間違ってない。

別の
「深海探査と微化石の世界」
これまたすごく面白そうな展示はやってる。
とりあえず入ってみると
これがまあ、めちゃめちゃおもしろい。

「放散虫」「有孔虫」などの
プランクトンの映像を延々流し続ける映像の前に
延々立ち続ける私。
このDVDが欲しい。
そう思いながら身を剥がすように
次に移る。

壁一杯の微化石の写真。
つまりはプランクトンの化石。
ものすごく完成度の高いデザイン。
いや、びっくりしますよ。

いやあ、思わずいいもん見たなーと思いつつ
しかし土偶は??

もう一度チラシを見直す。
その時私が居たのは
「国立科学博物館」
土偶展があるのは
「東京国立博物館」

ああ。

気を取り直してそっちへ向かう。
チケット代、800円…。
土偶に800円…。

それよりも、モネの絵が見たいと思い、
西洋美術館に向かう。

順番に見て周り
最後にモネの部屋。

不覚にもここで涙。
ずっとこれが見たかったような気さえして
「やっと会えたよねえ、パトラッシュ」
みたいなそんな気分。

文字通り彷徨った、上野の森。


なんというか、方向性がきまったというか
ついでにもうひとあがきもしちゃったというか
そんな週末だった、東京の日々。

***

色んなものに守られていて
自分自身にも、心にも
結界をはりめぐらしていた、

それが解けて
自分自身の持ってるもので
歩き始めたこの年末。

恐れとか不安とか、
お守りの無い状態で越えられるのか、
それを越えたところにあった
素直な心。
いろんなものが感情が
すーっと入ってくる。



ハッピーバースデイ
僕たちは何度でも生まれ変われる
ハッピーバースデイ
何もかも抱きしめて生まれ変われる


まさにそんな1年を今終えようとしています。
カウントダウンライブ(DVD)ですよ!!

昨日の八雲2009年大打ち上げ会。
11時から11時まで。
3ねこってスタバって打ち上げでかんぱーーい。
君はアルパカで私はドラえもん(笑)

そして、夢みたいな話を繰り返し繰り返し
笑いときめきはにかみ。

そう、もうすぐ2010年。
「夢」
夢見て、夢に笑い泣き切なく心揺さぶられ
そんな1年になりそうです。

年の変わり目
画面はちょうど「シグナル」です。

今年もこんな感じで
よろしくお願いします。





|

« 野苺を摘みながら | トップページ | 赤いチェックのシャツの活用法について考察 »

コメント

化石するの?

投稿: BlogPetのシロクロ | 2010年1月 3日 (日) 14時26分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 野苺を摘みながら | トップページ | 赤いチェックのシャツの活用法について考察 »