« 闘う春、それは春闘。 | トップページ | 引き出しの中の、春 »

2010年2月11日 (木)

春にはオレンジのドレスを着て

091006_20180001
朝の気温に比べ、
寒くなってきました。

薄ら寒いので、甘酒を作る。
高知産生姜を摩り下ろし投入。
温まります。


今日は午後から任務遂行!!
春夏衣装ケースを引っ張り出し
クローゼットにかかっている何点かも引っ張り出し

準備できました!!

100211_16180001_2

私のお宝、tomokoブランドのお洋服。
とある企画にレンタルです。
ここには最近のものは入っていません。
なぜなら、まだお付き合いして間もないので
私の手元に置いておきたい。

少しの間、旅立たせるこの子達は
いろんな場面で、沢山着させていただきました。

だから愛着も深いのですが
可愛い子には旅を。
こんなに素敵なの持ってること、
自慢ーーー。

でも、他の可愛いモデルさんたちがこれを着て
私以上に似合ってしまうのも
これまたジェラシー(笑)

いやしかし、
強いですねー、色も柄も。
これはコンセプトに合うのでしょうか?
まあ、上手い具合に使っていただければウレシーです。

Photo_3
 
春には
オレンジのドレスを着て
そうだ、この色に合うペチかペチパンを縫おう。
この丈が生かせるように。
キャメルのブーツを履いて、出かけよう。

胸元がこいみどりにドットのキャミは
ウエスタンブーツだな。

どっちにも合うペチを縫おう。
春のウキウキした色合いになるように。


夏には
ダリアのサマードレスを。
麦わら帽子をかぶって
リメイクした四角いバスケットを持とうかな。
足元はサンダル。

赤い芥子のドレスは
オトナのコーディネート。
ベルトでブラウジングして
トレンカにヒール高めのパンプス。
サマーニットのロングベストを羽織れば、
ほどほどの色気になるんじゃないか?


秋には、
冬には、

想像すると楽しくて止まらない。


秋と冬のコーディネートは
今度お話します。

おそらく、tomokoブランド所有数
1、2、3を争う南観音の姫君と倉吉の姫君
コレクション自慢大会ですな(笑)。


***

あ、タイトルに「春」が続いている。







|

« 闘う春、それは春闘。 | トップページ | 引き出しの中の、春 »

コメント


ひゃ~!

こんなに~こんなに沢山そちらに。

もう、、、私 幸せでございます。
私が縫ったさまざまな、お洋服を

こんなにも可愛がっていただいて
物語りのように、お召し下さるとは

お~ぅ~ぅ~ぉ、、、誰かー!
ハンカチ持ってきて下さいましな。

感動のあまり、思いがけず
涙が、、、。

麗しき乙女、そう
この呼び方がピッタリで
ございます。

淳一さまがこの世に、今
いらっしゃったら、きっと

目を細めて、
「本当の女らしさとは、
そう云う事なんだよ。」と

お喜びになることでしょう。

女らしいと言うことは
なよ なよ と する事ではなく
男の人では、とても持てない
女の人にだけ持つ事のできる
美しい心、、、。


まさに、でございます。

強くて、可愛くて
いらっしゃる。

なんだか、もったいない
気もするのだけど

大切に、
あつかっていただきましょう。

ありがとう!!

投稿: 中原のばら | 2010年2月12日 (金) 00時18分

のばら様。

もったいないお言葉の数々、
恐縮でございます。

けれど、ありがとうございます。

頂いたお言葉、心にしかとうけとめ、
お言葉とのとのズレが無きよう
日々精進してまいります。


いずさんからも届くのでしょうか?
なんだか、こんな風に集まると
リアル着せ替えごっこ、なんてのも楽しそう。

アクセサリーも
髪型も変えて、写真撮り合って。

こちらはこちらで
撮影会!!なんてのも良いですね。


ああ、それから
あの新作のブルーのドレス。
あれもまた、本当に素敵です。

水の妖精。
しかも美しい湖の妖精。

本日夕方の便で発送いたしますね!!

投稿: みち代 | 2010年2月12日 (金) 13時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 闘う春、それは春闘。 | トップページ | 引き出しの中の、春 »