« 春は足元から | トップページ | 伝書鳩のゆくえ »

2010年3月17日 (水)

サクラサク

サクラサク
私の足は
今日もぼろ雑巾のようで
吐き気がするほど痛い帰り道

だけど、気持ちは春めく。

温かいものに触れた。
それは、
勝手な思い込みかもしれんけど

でも、何かこう、確実なもののように思えた。

己が勝手に傷ついた、
ついったー負け組の私らの傷に
そっと手をかざしてくれたような

そんな温かいものに触れた気がした。

昨日は言わんかったけど、
ヒダカPでも、丈さんがいれば大丈夫。
そう思ってました。

そしてもう一つ。
サクラサク。

伝書鳩が運んできた便りは
そんなめでたい内容だった。

いや、良かった。

だが、いずさん。
いずさんのよこした伝書鳩は
実はテンに拉致られました(時事ネタ!)。

「かえしてほしくばいちまんえん」
という脅迫状を、テンからことづかったとしっぽちゃん。

テンのパシリだったとはっ!!

眠いので
このくだらん空想話は
終わらせる!

寝る。

|

« 春は足元から | トップページ | 伝書鳩のゆくえ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 春は足元から | トップページ | 伝書鳩のゆくえ »