« 愛をちょうだいな | トップページ | いつもやさぐれているわけではないのです。 »

2010年3月 7日 (日)

見るまえに跳べ

高見順の小説。

同タイトルの曲を
ビートたけしさんが唄ってました。


それで知った小説。

タケちゃんの歌は、
ソウルでパンクでシャンソンで演歌で…

ヒロトの歌聞いた時くらいの
衝撃だったなあ。


雨の四ツ谷の曲がり角〜とか

浅草キッド〜とか。

タマシイ、ぎゅっと掴まれるようだった。


あのカセットテープ、
どこに行ったんだろう?


もいっかい聴きたいです。


で、このタイトル。「見るまえに跳べ」

ハッとしたのを覚えてる。


今もそうだけど、
先のこと考えて二の足踏んだり、
行動起こす前に、難しい答えを自分で用意したり。

そんな繰り返し。


跳ぼうぜ。
跳ばないと後悔するから。

|

« 愛をちょうだいな | トップページ | いつもやさぐれているわけではないのです。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 見るまえに跳べ:

« 愛をちょうだいな | トップページ | いつもやさぐれているわけではないのです。 »