« "待つ"というそのためだけの時間 | トップページ | 冬が終わったよ »

2010年4月 3日 (土)

めんたいロックの聖地でぎゃふんと言わされる

100403_155701
頑張って玉ねぎ炒め中。
まだまだこれからですなー。

昨夜、最終のこだまで帰り
家に着いたのが12時過ぎ。
いろんな意味でぐったりの夜。

そう言や福岡、ライブハウスは始めて。
終電の時間が早いこともあって
それだったら大阪とかに行ってたんだろう。
最終、しかもこだまが9:46。
日帰りは厳しいですねー。

フェスとかホールツアーとか
がっつり泊付きで、ってのが多かった。

そんなわけで博多ライブハウス、お初。
著名なロッカーを排出する街。
オーディエンスの感じはどうでしょう。
バックホーンだからなー。
これまでの対バンとは、明らかに毛色が違う。
行く前からちょっとびびる。

ロゴスの前の公園に既に人だかり。
5時45分の時点でここまで集まれるとは、すごい。
そして、全体的に黒い。ハード&ブラック。
ほぼ、バックホーンのファンの方々。

そして思い知らされるのです。
ここは様々な意味で完全アウェイ。
地元じゃない、ってこともある。
けど、大きいのはゴーイング自体がアウェイってこと。
並んでる間、周りの会話を聴いてても
”対バン誰?”
”知らんたい”
そんな感じ。

兎に角もう、
早くバックホーン出てきてっていう空気。
他には興味ないから、っていう。

いやいやいやー、
ハード&ブラックですでにびびってんのに
ますます肩身狭く、
でもどこかで、
見とけよー演奏始まったらぎゃふんだから!!って。

最初にユニゾンスクエアガーデン。
ユニゾンスクエアガーデンはバックホーンの血筋って感じ。
今流行の、かっこいいっ放し。
ゴーイングは二番目。

で、ぶっちゃけますと。
ぎゃふんって言ったのは私。
音が重なった瞬間、
え?え?ちょっと待って…いや、これ違う。
って、ものすごい動揺。

音のバランスがものすごく悪い。
様々な理由があるのでしょう。
まあでもPAの問題大きい。

調整不足だったのか
ロゴスの響き方自体があまりよくないのか?
なんだけど、ひどすぎる。

全部の音が重なった時
ソウ君のボーカルが聴こえない。
ありえない。
それぞれの音がゴリゴリ押してくる感じで
全然共鳴してないじゃないか。

ゴーイングの一番の魅力が
台無しにされている。

ただでさえゴリゴリした音の中に
田淵さんのギターが加わって、6人編成。
もう、音があちこちで勝手に鳴ってる感じ。
バラバラなんだよね。

ひどかった。
ピッチもなんかおかしくて、合ってなくて。

前回のサヌキロックがものすごく良かっただけに
余計下がったなー。
それはステージの上の彼らも感じたのかも。
精彩を欠いていた気がする。

悔しいなあ。
悔しい。

多くライブに行ってると
こんなこともあるさ。
次で納得いくパフォーマンスを。

ゴーイングが終わった時点で9時。
バックホーンを見ないままに
天神までダッシュ。

なんかひどく疲れて
めっちゃテンションの低いメールを相方に送る。
送ったと同時に電池切れ。
バッテリーの消耗が早いニュウ携帯。


最終のこだまに乗って帰路につく。




|

« "待つ"というそのためだけの時間 | トップページ | 冬が終わったよ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« "待つ"というそのためだけの時間 | トップページ | 冬が終わったよ »