« みんな少年だった | トップページ | 食い倒れて道頓堀 »

2010年4月18日 (日)

思いがけずチーズの競演

腹ペコなう。
やっと空腹感、だけど
もうすぐ晩ご飯なので我慢、コーヒーでまぎらわす。

お腹すかないから、
夜はうどんにしようと思ったけど
ガッツリしたものにすれば良かった。
あとで冷蔵庫と相談しよう。

まだ胃はしくしく、
ホットコーヒー入ったらきゅうっってなった。

始まりは粉もん屋って言ったけど
思い出しました。
大阪着いてお昼ご飯、
イタリアンに入ってドルチェセットにする。
パスタ+ドルチェ2品+ドリンクのセット。

ドルチェっても、ミニサイズのが二つ来るんだろうと
たかをくくっていた私たち。
パスタ食べ終えて、デザートが来る。

レギュラーサイズやないかーーーいっ!!
レギュラーとはいえ、こじゃれた店にしてはでかい。
さすが大阪。

私は痛恨のチョイスミス。
ティラミスとスフレフロマージュ。
スフレというから軽いのかと思いきや
普通のチーズケーキより重い。
ティラミス、重い。
重い重いの競演や~。
しかもでかい。
ティラミスも小鉢くらいのサイズ。

そういえばパスタも平めんで
モッツァレラチーズとバジルの
ピリ辛トマトソースだった。
チーズの固まりが結構入ってて
美味しかったけど重かった。


そんなわけで、ドルチェ、
どちらも半分でリタイア。
一緒に行ったヤツに引き取ってもらう。
彼はマンゴープリン。
細長い普通のグラスに入ったプリン。
それにフルーツタルト。

さすが日体大。
全クリでございます。
その風景は、さながらケーキバイキングでしたよ。

思えばそこから始まっていた、今回の大阪食い倒れの旅。
道頓堀篇に続く。

|

« みんな少年だった | トップページ | 食い倒れて道頓堀 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« みんな少年だった | トップページ | 食い倒れて道頓堀 »