« センチメンタルな夜を越えて | トップページ | 日本人としていきたい場所 »

2010年5月23日 (日)

アグレッシブですけど何か?

よく降ります。
よく降ると、ノアの箱舟のことを思ってしまう私です。
深い意味はありません。

またしても食後のビールなう、です。
飲まない日はないのか?
いまのところ無いようです。
100523_184703
最近は、美味いビールを飲むために
料理をきちんと心がけています。
何の理由にせよきちんと、は
良いことなのでしょう。

本日はよなよなエール。
最近これはお気に入りのビール。
新じゃがとイカの煮物です。
これだと焼酎とかかなあ。
そういやとうふちくわのチーズが無性に食べたくなった。


Midori

よく降ります。

さてと、
渋谷クアトロも三回目。
なので手順はわかってるからそこはオッケイ。
初めて行くライブハウスは勝手が分からないため
その分上乗せで緊張する。

緊張するのですよ、ものすごく。
特に並ぶ前並んでるとき。
何回ライブに行ってもそれは変わらない。
特に一人参戦の時は、もう、融通が一切きかないから。

東京の状況、
FCイベントやライブイベントのコアな客層とは少し違って
ワンマンツアーとあって、少し幅が広い。
それでも常連組の皆様の顔・顔・顔。
そして男子率がものすごく高い。
いわゆるソウ君組だけでなく、首の細いロック少年もいたな。
女子はだいたい誰のファンかわかるもんすねーこれが・笑
私もわかっちゃってるんだろうか。

ここは、番号で呼び出される方式。
何番から何番どうぞ~っていう。
待ってる間、緊張MAX。
立っていられないほどなんだけど
表面はたぶん、ものすごく気取って立っているんだと思う。

整理番号から予想していた通りの場所。
3列好位置キープ。
キープしたらてこでも動かない。
姉さんをなめちゃいけない。
部活(ソカバン)で鍛えた足腰の強さ。
最近の弱腰のお嬢さん方が敵うはずなかろう。
フィジカル、メンタルともに負けられない戦いがある(日本代表?)

前回のツアー以降、4人編成を初めて観る人にとっては
面食らうことが多いかもしれません。
サポートの大久保さんしかり、アレンジの激変しかり。

でも、鳴っている音はどうしようもなく泣けるほどゴーイング
目に映ることに惑わされないで、そこはちゃんと聴いて欲しい。
新旧織り交ぜたセットリスト
でもなんか違う、っていう声も聞こえてきたりする。
なんか自分たちの青春も終わったみたいな感覚?
そうなんだと思う。
ちょっと前の私がそうだったように。

ナカザはもう王子様なんかじゃないし
みんなの薬指には指輪が光ってるし(いっさん除く)
そういった細々したことにも反応してしまうんだと思います。

まあ、私は王子の頃のナカザには全く興味が無かったけど。
今のナカザが一番好きです。
立ち位置が変わって、
おそらく精神的な立ち位置も変わって
パフォーマンスがどんどん上がっている。

王子のフィルターに包まれた
なんとなくそれっぽく仕立てられたナカザはそこにはいなくて
なりふり構わない感じすらする、
でも、それがものすごくかっこいい。
あ、ナカザのギターが、か?

大久保さん含め5人のうちの4人までがシャツにネクタイ。
丈さんだけはTシャツでした。

いっさんがアバクロで働きませんか?と
クアトロに入る前に渋谷でスカウトされた話とか
一緒に居たソウ君は居ないものとして扱われた話とか・笑
恒例の丈さんのMCは
物販のDVDに映っているハムスタは
改装途中の散らかったハムスタだから
今はきれいだから、それをどうしても伝えたかったと。

そんな感じでしょうか。

次は急遽行くことにした新潟。
新潟?!マジかよっって・笑

今回もまた
なんとも都合よく前日に東京出張が入りました。
東京拠点にして新潟。
なんせ、東京支社関内ですから近い近い。
引いてますよ、強い引きです。

アグレッシブに行こうと。
人の目ばかり気にして結構あれこれ悩んでたり
躊躇したり結局できなかったりしてたこれまで。

いろんなこと、思うが侭にやってみようと、ね。











|

« センチメンタルな夜を越えて | トップページ | 日本人としていきたい場所 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« センチメンタルな夜を越えて | トップページ | 日本人としていきたい場所 »