« 5月7日は粉(57)の日だから | トップページ | 浮遊 »

2010年5月 8日 (土)

リスフラン関節の嘆き

猫眠る。
100508_111701_2
というバンドがいましたっけ?

早朝5時前、縄張りの見回りに出かけるしっぽちゃん。
7時前に帰ってきて
布団に入れてにゃと鳴く。
猫と二度寝のWヘッダー。
甘い、甘すぎる誘惑。。
気が付いたら10時半、あー。

まだ、半目で眠っています。
ぶさいく。ぷぷぷ。

急いで洗濯掃除、お昼は簡単に
ねぎもやしラーメン。
今に至る。


いい風が入ってきます。


Photo_2

一昨日あたりから
右足の甲がズキズキと歩くたびに痛く
触ると骨が盛り上がっている。
私の軟弱なリスフラン関節がまた
弱音を吐いている。

ほんまもう、もうちょい頑張れや。

新たにストレッチを一個取り入れて
それがどうやら足に負担だったらしい。

ほんまもう、もうちょいやれるやつと思っとったのに。

ストレッチメニュウは中止。
シップで様子見。
骨がずれている(亜脱臼?)状態なので
逆方向から力を加えればオッケイだろう。

座っていてもずきずき痛いのです。。

まあ、リスフラン関節の言い分もあり、
そもそも中学の時廊下でマジ鬼ごっこをしていて
激しく転倒し、もんどりうち、関節捻挫。

それ以来、何度も捻挫を繰り返し
しかもヒールの高い靴や、足先が窮屈思いを散々してきて、
ここの関節に多大なる負荷がかかっている。

「ええ加減にしろや」

リスフラン関節の嘆きが聞こえたような。
でもさ、

努力しないとねー、
時間と物理の法則に
決死の覚悟で逆らわないといけませんから(笑)
旬のお嬢さんたちの少なくとも2倍努力して
やっと間に合うくらい?

でもさ、

姉さんは思うわけさ。
旬のお嬢さんたち、
そこに甘んじていたら、ここに来た時に痛みが激しいぞ。
見るも無残な状況になっちゃうぞ。
それは見てくれだけじゃなく内面も、ですけどね。
現状に甘んじない、と言う姿勢。


なわけで、
もうちょい頑張ってくれ、リスフラン関節。


今日は、普段は日の当たらない存在に
スポットを当てた形となりました。




|

« 5月7日は粉(57)の日だから | トップページ | 浮遊 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 5月7日は粉(57)の日だから | トップページ | 浮遊 »