« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月30日 (水)

およぐひと

萩原朔太郎の「およぐひと」
という詩があって、
昨日からそのフレーズがリプレイ。

今私はそういう心持なんだと思う。


およぐひと

 
およぐひとのからだはななめにのびる、
 
二本の手はながくそろへてひきのばされる、
             こころ
およぐひとの心臓はくらげのやうにすきとほる、
             め
およぐひとの瞳はつりがねのひびきをききつつ、
                      みづ        つき
およぐひとのたましひは水のうへの月をみる。


Photo


精神状態がとてもいい、と言うところにはなく
むしろ、潜っていく状態。
一昨日までなら、
その「潜る」ということに対し、すごくネガティヴな気持ちでいた。
今は、「潜る」ことに対しポジティヴなんです。

体をまっすぐにのばし、腕も足ものびやかに
逆らわず、流れのままに
薄暗い紺色の水底を目指す。
深みに行くのに解放される、ってのも矛盾するけど
身も心も解放された状態で深い方へ泳ぐ。

そんなイメージでしょうか。

何きっかけか?
昨日と一昨日と何が違うのか?
それはワシにもわからんーー。



| | コメント (0)

2010年6月29日 (火)

全てをラベンダー色に染め上げ

「なんか私、アグレッシブさが足りない…」
それは、名古屋クアトロを夜に控えた日のこと。

いつものように、下北をうろつき
スタバでカフェミストを飲み
その時に思ったこと。

その日はボーダーのミニワンピ+黒(裏地花柄)のベストにスキニー。
それが妙に落ち着いていて、
いや落ち着きすぎて居心地が悪かった。

「攻めてねーな」

もう、そう思い始めたら居てもたってもいられず
いつも行く数件の古着屋ハシゴ。

で、お互い強い絆で結ばれたのが
この紫のチュニック
100629_115102
実際にはもっとムラサキっていうムラサキ。
なんて可愛いんでしょう。
そしてこの程よいアグレッシブ感。
大人のかわゆさと攻め感がバランスよく
上品でもあります。
さすが、下北「M」
その場で即、お着替えしたのは言うまでもありませぬ。
これで髪が黄色だと、もうあの御方ですね。

満足。
(自己満足)
その夜のライブも満足。

さて、本日二度目の洗濯。
大丈夫だろうと言う根拠の無い自信。
で、
あれ?このTシャツはこんな素敵なラベンダー色だったかしら?
あれ?このバスタオルも?

えぇ、激しいムラサキはその激しさゆえに
周りもムラサキに巻き込んでしまいました。
一緒の空間に居た白い部分は全て
程よくラベンダー色に。

洗濯失敗、
では無く成功ですよ、えぇ。
あくまでも。


頻繁な更新(笑)


| | コメント (0)

成長期

090906_21360001

昨年秋、猫の寝床を作った時は
寝床の中にちんまりおさまっていたしっぽちゃん。
フレッシュな若猫ちゃんだったのね。


100629_111701
寝床は良いようにカスタムされ
どでん、とはみ出るしっぽちゃん。
もはや中堅の域。
夏毛というのに一向に小さくならず
まだまだ成長期だったのね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月28日 (月)

ベンチまでが遠かった、遠かったのです

また午後にでも、と言いながら既に夜。。
夕方、雷雨でしたね。

「お、梅雨明けるかな」と言うと
「甘い!!」と。
そですね、まだ6月だもの。

帰り、傘が無くびしょぬれ。
いつも傘がない。
会社の持ち主の分からない傘も
そのたびに私が持ち帰り所在がわからなくなるゆえ
全てなくなってしまいました。。

はっはっは。

Photo_2

大阪日帰り
まあ、その様子はツイートしていたのでだいたいお分かりかと。
で、新幹線が広島駅のホームに入る前
ドアの前で立って到着を待っていた。

あれ、やばいよ?
狭まる視界と遠くなる意識。
扉の向こうにベンチが見えて
せめてあそこまでたどり着こうと思いながら
扉が開きそっちへ向かう。

で、気が付いたら倒れておりました。
大丈夫ですか?と声を掛けられ
だじょーぶです、とかろうじて答え
ベンチまで付き添っていただいた。
ありがとうございました。
ご迷惑をおかけしました。

そういやいずさん、
あの時もボアでぶっ倒れたよねー。
いやはや、形になって現れたよ。
しかも公共の場で大失態であります。

自分の体調の悪さの自覚が無く
なんとなく勢いで行ってた。
予定を詰め詰めにして、猛反省。

なんですが、これからの予定を変更するわけには行かず
昨日も友達のダンス公演を観に行って来ました。
体が弱ってるせいか涙腺もすっかり弱くなり
なんかめっちゃ泣けて泣けて。

美しいですねー、身体で表現すると言うことは。
もう、振りひとつに感動する。
一番素直な気持ちで観られた気がする。

公演終わりに少し話をする時間があって
また「バタフライ」をやりたいので手伝って欲しいと。
その時はものすごくやりたいと思って
またやりましょうと言ったけど
いや、できるのか、オレ?

でも、やりたと思ったんだよね。
できると思ったんだよね。
自分の表現したものが舞台の上に乗るのは
やっぱりすごく心が浮き立つような
喜びに溢れるような
そんな最高の瞬間。

気長に。ですね。

食欲は未だ無く、ビールも禁止(笑)
今日は炭酸ミネラルウオーターを飲みました。
土日はゴーイング2DAYS。
なので、そこまでに体調を整えます。
体調を整えないと、
一番良い状態の私でライブに行けないから。
中堅乙女は、勢いだけではもういけないのです。
メンテナンス、しっかり必要でっす。

明日はお休みをもらえたけど
おっきい宿題が出たので
明日はパソと向かいあう。がっつり。

でも、気持ち的にはのんびりできそう。


あーー、このギターーーっ!!かっこいいっっ☆
「愛をちょうだいな」をバックに
本日は終わりたいと思います。

| | コメント (0)

第二の故郷大阪!

放置気味…。ははは。

いろんなことがあったこの週末。
思わぬ体調不良により予定も狂いがちですが、1週間が始まりました。

土曜日、大阪。
昼前に大阪駅着、友達と待ち合わせる。
1年ぶり?くらいかなあ。
毎月のように大阪に行っていた頃、
時間も忘れてあれこれ話していたなあ。

やっぱり変わらずそんな風に話せるのは
学校や会社っていう組織で繋がった仲ではなく
話して、シンパシー感じて繋がった仲だからだと思うよ。

待ち合わせの前にあちこちで並んでくれて
大阪の美味いもんをお土産に持たせてくれる。
ありがとう。
ありがとうだけど、こんなに食べられんよ(笑)
(普通サイズの)クリームパン5個、大福3個、
マダムハリエのバームクーヘン小ワンホール、
どこだったか有名どころのスコーン3個。

どんだけ食いしん坊だと思われてるんだか。
でも気持ちが嬉しいじゃないですか。
ありがとう。

Photo

さて、なんばハッチ。
ここは数回目ですねー。
「ロックロックこんにちは」で何回か来てます。
小規模なりにもフェスをやる会場なので
2階席もある広いライブハウス。

むむむ、どーなのよ客の入りは?
と、心配もしましたが(失礼!)
さすがにソールドアウトにはならなかったけど
埋まってましたよ。

なんばハッチは
ステージが横にも縦にも広く、天井も高く
そしてステージも高い。
ステージから最前列の柵までも遠い。

あー、遠い(涙。。)
まあ、遠いゆうても今までが近すぎたので、ねえ。

愛しのあの方のはっちゃけ度は益々アップし、
王子、なんてすかしてた頃の面影は無く、
MCのウザさも絶好調(笑)
時々、中堅芸人に見えてくることもあるほど。
かわゆし。

そんなご機嫌な感じなので
ギターも比例して絶好調。
かっこよさ更に更新中です。
そんなあなたが大好きです。

って、まあ今の私は全部オッケイだから(笑)
なにもかも全て含めての大好きだからね。
ってことを照れもなく言いきってしまうのか。
言いきってしまうのです。

唯一、ゲスト無しの大阪。
なんかガチっと音もまとまって、
もちろん遊びの部分もありつつですが、すごく良かった。
不協和音的な匂いが全くなかったので。
ダブルキーボードの意味合いは音に関してはあまり必要ない、かな。

ハッチはほんとステージも広いので、使いきれないんだと思う。
ボーカルが動き回るバンドだったりだと
空間も使いきれるんだろうけど
ゴーイングはあまり動き回らないので、余ってる(笑)

たぶんいつもの尺度で演ってるから。
洋一さんもいないしね。

なんとなく熱の籠り方も違うっていうか、
広すぎて熱が拡散しちゃう感じでしょうか。
ちょっとこう、涼しーなーっていうか。

皮膚で感じたライブ感覚です。

でも、バンド自体の熱の籠り方はどの会場も同じだと思います。
同じというか、やはりそこは進化している。
そして、4人のゴーイングはいい意味でのラフさが増して
いいですねー。
「良い子」じゃない部分がいい塩梅に自然に現れてきてる。
いい感じですねー。
良い子寄りにも悪い子寄りにも無理してなくて。


残すところあと3本。
私はこれが終わると、切なくて死んじゃうんじゃないかと(笑)

定例の丈さんMCで、
来年早々アルバムツアー、なんて嬉しい話もあり
ああ、生きていけるかも。

繁忙期を過ぎ、後処理だけの激暇週間。
そんなわけで、年休をこのあたりで取っておこうかな。
という話をまた午後からでも。








| | コメント (0)

2010年6月24日 (木)

君を自由にできるのは宇宙でただ一人だけ

今何時だと思ってんだ?!
もう12時回ってるぞ。

ごめんなさい、
あれやこれや片付けとかしてたらこんな時間・・・。

と、一人芝居は良いとして。

Photo

あれがあれして、あーなってしまっていました(笑)
4月くらいから緊張状態が続いていたのだと思います。
業務をいかに無駄なく効率よく進められるか、
さまざまなことを提案し、着手。
それが上手く流れれば良いけど、もしダメだったら。。。
その連続。

事業仕分けに向けての新しい業務も
流れを組み立て、
忙しい中、いかに組み込んでいくか
考え、何度もシミュレーションし、組み立てなおし。
もし上手くいかなかったら、様々なところに波及。

会社でも組合でも常に
意見を聴取しまとめ、
上に言う立ち居地になっていて
まあ、日々戦闘。

張り詰めていたのでしょう。
知らない土地への一人ライブ参戦や
自分の趣味へ人を同伴することや
そんなこんなでけっこう休まらない休日。

いや、楽しいのは楽しかったんですよ、実際。
けど常に緊張をしていたのだと思う。

まあ、そんな感じできっかけを探していた。
折れるきっかけ。
この辺で一回折れとかないと、
この先で折れたらちょっとまずいことになる。
それは実感していたので。

会社で、
メンタルヘルス相談窓口(セクハラも)を
人事課から正式に命じられているので
そのおかげで研修や講習は様々なものを受講している。
監督者としての履修もしているので、頭でっかちなんですね。
下手に色々知識はあるだけに
手に取るように今、自分がどの状態なのかがわかる。
と、まあ色々あったりもしたのでその辺は経験値。

びっくりするくらい泣いて泣いて
泣きグセついてまた泣いて。

軽くして、今日一日を過ごしました。
新業務もなんとか動き始め、ちょっと気持ちもゆるんだかな。
新課長のことは…。
みんながっかりしていて、
後輩やなんかに「苔桃係長、頼りにしてますよ」と言われ
またきっと頑張っちゃうんだろうなー。

自分で調整しつつ、だな。

それにしても、まさむねくん最強。
「君を自由にできるのは宇宙でただひとりだけ~」
そう、ただ一人あなたです、まさむねくん。

| | コメント (6)

2010年6月23日 (水)

手抜きDAY

オッケイ牧場。
あれがあれして、
あーなったところから戻っております、ちゃんと。

デパ地下で、
大好きなマリオの夏野菜バルサミコマリネを買い、
今日は手抜きデイ。

それとナムルを辛めに仕立てて
ビビンバ丼。

ご飯食べたら、またあとで、帰ってきます。

| | コメント (0)

2010年6月21日 (月)

ハックの冒険

早い段階での2回目の登場。
今日は飲んでないのでだら~っとしてない。


冒険の回の「かめはめ波~~」の画像、
ハックルベリー・フィンですね。
サロペット具合といい、ななめがけバッグ具合と言い、
靴下あたりのだらしなさと言い

ハックの冒険。

トム・ソーヤよりも自由でそして不自由だったハック。
そんなハックがトムよりも好きでした。
大好きだったバンド、カスタネッツにもハックという曲があったっけ。

はっ!良いのか私?
これで良いのか?
大人の良い女を目指すはずが。
し、しまったーーー。ガクッ。


Bb20_2
思い出せ~。
ここだよ、ここ。

| | コメント (0)

大反省大会。

ダメだなあと思った。
まだまだダメだ。

7月の人事異動で、ありえない人が課長に昇任。
そのことでもう、気持ちが他に振れなくなって
そのことばかりを思いつめた午後。

もう、すぐにでも転勤希望を出そうかと思ったくらい。
そこしか見ていないから、他が見えなくなってるから
モチベーションも下がる。

けど、何に向けてのモチベーションなんだ?
そう考えたら可笑しくなった。
上司のためにモチベーション上げて仕事してたか?
否。
私の視線の先はもっと別のところだろう。
点を見つめてイライラしてどうするんだ。

それで、
家に帰って
野菜室いっぱいのきのこ類を見て
ほんともう、一人で笑った。

きのこばっかじゃん。
それなのに今日もまた買ってきてしまった。

もっともっと、いろんなことがあるよ。
泣いたり笑ったり怒ったり悩んだり。
それはここの、この点の部分だけじゃない。

越えてます。
大丈夫。
大丈夫の丈は丈さんの丈(笑)


先週の金スマで岡本真夜さんの特集をしていた。
高校時代の親友のために作ったと言う曲。
親友の死。
そんなありがちと言えばありがちなドラマ。

私はただただ単純に思った。
失ってはならないもの。
それがあるということ。
数年前のあれを繰り返すところだった。
それほど重要な局面だったと思う。

でもその時私は、もう二度と投げ出さないって思った。
手を離さないって思った。

かよわきエナジー懐かしい
今、そんな歌が映像とともに流れてます。


私は、しっかりしているように見えて、てんでダメダメで
立て込んできちゃうと
一人で生きてるような気になるのです。
大切なものを丁寧に、
丁寧に生きていくことを忘れるようです。
調子に乗って、感謝の気持ちを失くしてしまうようです。

いろんなことがタイミングよく
私に教えてくれた。
番組も、NYからのメールも、

オレ、こんなこと言うのあんま好きじゃないけど(byソウ君)


あらゆる必然にほんと、感謝します。

| | コメント (0)

2010年6月20日 (日)

貸し出された長靴は緑だった

なんちゃって山ガール、洞窟へ行く。
変身前の姿はまあ割に、普通だったのですが、が!

Photo_2
はい、どーーん。
基本、紫。
そこへ足し算&足し算。
パーカーはブルー。
タオルはオレンジ。

そして、貸し出された長靴は、緑!!

まあ、あれですよ
自然界の中の毒虫みたいに
目立つ目立つ。

ちなみに、長靴黒はないんですか?と聞いた。
聞いたがサイズがでかいとのことだった。


雨降って水量が上がってるので
靴下ぬいで、水はいっても気にしないで行って下さいとのこと。
おおっ!!探検ぽい。

ちらっとどうぞ。
Photo_3
こんな感じです。
ここはまだ、水量が少ないです。
けど、かなり天井低い場所です。
ゴールまで行ってまた戻ると言う行程。
本当に真っ暗です。

その中を懐中電灯と
ヘルメットの明りで進む。

行きに2回深みにはまり
やっちまうとこでした。
帰りにまた同じところで2回深みにはまり
やっちまうとこでした。
やはり笑いは繰り返し基本すから。

景清洞、かなり楽しめました。

そして、秋芳洞。
ここの冒険コース。
Photo_4
スタートがこんな感じです。
距離も短いし、ヘルメットもないし
ちょっとなめてましたが
ここはここで短いジェットコースターって感じ。
ドキドキ感は結構あります。

なんちゃって山ガール、
良い経験ができました。

山と言えば、森。
名古屋のライブ、開演待ちのとき
後ろの女子二人が話してる。
「ライブに森ガールとかやめて欲しいよね」
「ああ、マジなヤツねー。」
「ね、あとヒールとかもね」
「TシャツとGパンでゆるく来てほしーよね」

アホか?
と思いどんな奴らがそんな口たたくんだと
振り返ってみると。

ああ、そうね。
あなたたちはTシャツとGパンしか無理よね(失礼・笑)
ゴーイング、TはXLまで売ってるから良かったわね。

まあね、私はユニフォーム反対論者だからね。
野外フェス以外だったら全部ヒールだし。
それでもソカバンとかのめっちゃキツイモッシュにも
全然問題ないし。

たぶん、スニーカーのあなたたちより
全然動くと思うよ。

ゴーイングはスカートでも平気だと思う。
ファンの皆様がお行儀がいいから。

基本何着ようとご自由にですね。
森ガールだって可愛いと思うし
ゆるい格好だって好きだしね。
ゆるかわいいの、ありだもの。

そのゆるさってのが、
おしゃれでゆるいんじゃなく
精神的にゆるさ万歳だから野放図になるんじゃね?
ヒールはいてみなさいよ、
女ってこと意識できるから。
TシャツとGパンやめてみたら?
もっと可愛くなれるから。

洋服のことより、
みんな一緒じゃなきゃ、ってそれが気持ち悪い。
だから私は、お決まりの拳振り上げるのとかもキライ。
ついったーで「同じ月~」の時に拳上げるの違和感、
とか言ってる人居たけど
だったらやらなきゃいいじゃん。
基本、私はマジョリティに飲み込まれるのは我慢できないので
格好もノリもそこは、うん。

やりたいように楽しむし
挙げたいときは挙げるし。
一番盛り上がるところはやっぱやるしね。


まあ、何言っても
種が違う生き物なので放っておきましょう。


お望みどおり1回くらいTシャツとGパンで行くか?
どうでしょう?

Goku
おまけ。
調子に乗って
かめはめ波ーーーーっ!!






| | コメント (8)

2010年6月19日 (土)

冒険2010~ワシらはやさぐれ探検隊

100618_204902
家に帰ったら流しの横にきゅうり二本と青じそ。
今季初の二品。
酢の物にしていただきました。

取れたてのきゅうり、
包丁を入れると強い香り。
さすが、畑直送。

今日はこしひかり越後ビール。
あっさりとしたのみ口で
爽やかな苦味。
匂いも柔らかく、飲みやすい。

は、本日のビール報告でした。


明日は急遽入れた、会社のHP突撃取材。
洞窟探検に行ってきます。
山口県は洞窟好きの間では聖地といわれるほど(ほんとかしら?)
その中のひとつ、景清洞へ。

ヘルメットと長靴を貸してくれるのです。
それを装着して洞内へ。
最初、マイ長靴で行こうと思ったけど
それじゃ気分が全然違うと思いなおし
黒のゴム長を借りることにする。

楽しみだなー。

秋芳洞のほうも
ちょっとした冒険コースがあるので
できたらハシゴきぼんぬ。

冒険には、体力体力。
明日は日体大といっしょなので
弱音を吐いたらぶち怒られる(盛ってます)。
歯を食いしばって追従いたします。

楽しみだなー。

明日は山ガール☆うふ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2010年6月17日 (木)

助けてよ、ドラえも~ん

疲れた。
疲れピーク、そりゃそうだ。
土日遊びすぎだろう。
昨日はリポDスーパーを飲んで乗り切ったが
今日はもう疲れるがままにまかせた。

これから8月半ばまで、週末はほぼ広島に居ない。
まあ、7月になれば夏休みが取れるので
そこで休息しようっと。

ドラえもんの科学みらい展@未来館(お台場)
両手に花で行って参りました。
前日、みんなで飲んで
そのあと同じ方向の三人でラーメン食べて
明日どーすんの?って聞かれて
ドラえもん見に行くよっていうと
じゃあオレも、あ、オレもって。

翌日最寄り駅で待ち合わせ。
揃って未来館へ。
初日だけあって並んでいた。
家族連れ、カッポー多し。

2時過ぎの新潟行きの新幹線だったので
時間大丈夫かなーと思ったが
展示自体は規模は小さい。
エイリアン展くらいか?

それでも、
なんかこみ上げるものがあった。
理科の実験のすごいバージョン、
そんなかんじだけど
そんな感じが良かった。

手の届くところに、ひみつの道具ってあるんだと
感慨深く、涙ぐんだりもしました。

時間が余り3人であの、でっかい球体のあるTV局へ。
いやあ、みんなでだから行けるんですよね、ノリで。
割に3人ではしゃぎ、案外ワクワクしたりもして
今度は船に乗りに来ようとかって(笑)。

前の太陽の塔もだけど
いつも私の趣味に付き合ってもらって、
ほんといい奴ら。

楽しかったです。
本当にありがとう。

私は東京駅で下車、
ギリギリの時間、冷や汗。
新幹線ではほぼ熟睡。
せっかく初めて乗ったのにーー。

開場時間まで余裕あると思ってたら、
ライブハウスまでが結構歩く。
夕暮れ間近の新潟の町は、爽やかに涼しい風が吹く。

爽やかな風の中
七色のタワーが見える。
な、な、なんじゃーーありゃ?
興味津々、行って見たい、登ってみたい、
あーー時間がない。
あんな面白そうな場所があるんなら、もうちょっと早くくりゃ良かった。
後の祭りよ。

後ろ髪引かれる思いでひたすら歩く。

東京方面からの遠征組が多い。
見たことある人たちが多いなあ。
という私も、そうなんでしょーね。
東京組、のひとりと思われてるのかな。
ああ、あの人、みたいな。

私はいつもピンなので、割りに目立つのだと思います。
Tシャツは着てないし、タオルは持ってないし(笑)

開場遅れる。
ベストポジション、2列目ゲットだぜぃ。
どうなることかと思っていた
ケイタイモゲストライブ。

いや、私の目にはほぼ入っていないのでわからないの。
他の人見てないからねー。
けど、音のばらつきが目立つところがあって
そこはちょっと聴けなかった。

顔伏せちゃったもの。
不協和っていうか、もうはっきりと。

それ以外は、もう。
ナカザのプレイスタイルは明らかに変わりました。
もう、生き生きしてる。
楽しそうで、ご機嫌で。

あ、話し長くなるのでカットします。


そして、今日はこの辺で。

あ、福岡の後輩はパーマかけてメガネをコンタクトに。
ナカザ度がますますアップ、八重歯だしね(笑)









| | コメント (0)

2010年6月16日 (水)

スタイリッシュなホテルで漬物を撒き散らす

あれで終わってはあまりにも痛すぎるので、
もう一声。

なんかさ、長かったなー。
やっとここまで来られた。
今年はそういう意味では、節目かも。
2月にきっぱり決別し、
今回名古屋で、っていうのも意味があるというか
名古屋で良い思い出ができてよかった。

そういえば月曜日、福岡の後輩から電話があって
まさかとは思うんですけど、昨日名古屋に行ってないですよね?って。
(新潟に行くことは言ってあったけど)
え、なんで?って聞くと
ゴーイングのHP調べたんすよって。
あー、弱味握られた!!

そんな後輩と、ドラえもんの科学みらい展に一緒に行ったりと
今回の東京からの旅、ライブメインだったけど
結構あれこれあったのですよ。

なんたって東京まで新幹線。
文庫本2冊鞄に入れたけど
なんのことはない、深い眠りと浅い眠りを彷徨う。
ま、でもやっぱり私は新幹線で東京は辛い。
大阪から先が未知の世界っすよ。
静岡、なげーよっ!!

などなど突っ込みもいれつつ。

そして、宿が今回は半蔵門ではなく東京駅周辺。
新潟から最終の新幹線で東京に帰って
翌日また新幹線で名古屋へ行くため、だったんだけど。

その宿が!!スタイリッシュ。
なんすか?ロビーが15階って?
そして、朝食がなんかすごいことになってる。
バイキングなんだけど、本格和食。
漬物、数種類。
ほっけの焼き物やらにしんの柔らか煮やら
ホタルイカの煮つけやら京野菜のしゃぶしゃぶやら

美味そうなものがいっぱいやーー。
がっつりいくぞ!!
と思ったが、様子がおかしい。
え?みんな英語話してますけど?
ん?隣、日本人かと思ったら金髪ですけど?

雰囲気にすっかりやられ
びくびくしてしまい
漬物は撒き散らすは
お代わりは言えないわで

食った気がしねぇーー(泣)

そんな朝食風景2日間。

私はやはり、いつもの宿が好きです。
次回からはやはり、半蔵門にします。


そんなこんなで
東京ライフ&初新潟上陸&怒涛の名古屋のお話はまたね。

100615_215501
しっぽにゃん。
おっかあ(私)がいないとグレて夜遊び&外泊するらしい。

おやすみにゃう。

| | コメント (0)

注※かなり痛いことになってますよ。

100616_203601
というわけで、改めましてこんばんは。
今日のビールは銀河高原。
グラスはペイネの愛のグラス。
恋人たちの風景。

さて、ツイッターではもうすっかりおなじみの
ワタクシの異変。
新潟→名古屋弾丸ツアーを終え、今の私は・・・
重症です。
今もこの画面の横にDVDが流れています。
けど、前と大きく違うのは
愛しくて切なくて泣き出しそう(笑)

そんなバカなと笑ってください。
ほんと、バカみたいに切ない。
新潟で、名古屋で、いったい何があったのか?!

それは私の心の中に
大切な思い出としてしまっておきます。

好きだなーって思ってる男子に
そんな風にされると恋に落ちちゃうでしょっていう。
そんな感じですかね。
そりゃしょうがないよっていう。

しかも本気の恋です、たち悪いなー。

ここ数日、何も手に付かない。
かろうじて仕事は気合入れてるけど
(あ、月曜日は仕事も全然できなかったすよ)
そのほかは人として機能せず。

これまで、
色々あって、
本当にいろんなことがあって
ここで言っちゃうとドン引きされるくらいのことがあった。(笑)
もう二度と、こんな気持ちになるとは思わなかった。
「大好き」とか「恋に落ちた」とかよく言ってたけど、ね。
そのどれもが、ある一定のところでブレーキかけて
そこから先は絶対に踏み込まないでいた。

あのころは
本当に、死のうと思ってたもんね、ねえ。
(って誰に言ってんだ、つか、まあ他にいねーだろ!)

そんなくらいだったから、
その、誰かをすごく思う気持ちは愛しいと思う気持ちは
鎧着てその上から頑丈に鎖巻いて
二度と外に出ないようにしてたと思う。

あるいは、粉々にくだけて
二度と機能しないようになっていたんだと思う。

そんな私が再びこんな気持ちになれるとは、

母さん、赤飯だ。今日は赤飯でお祝いだ!!
まあまあ、お父さん、この子も恥ずかしがってるじゃないですか。

みたいなー。

どっちにしても叶わぬ片思いです。
芸能人ですから。
薬指には指輪が光ってます。

けど、やっと奥底まで血が通った気がする。

ナカザ、ありがとう。
あなたがギターを引き続けることが
それが私の一番の願いです。
それを一度でも多く、どこかで見ていられることが
私の一番の幸せです。

って、本人に言えよ。
言えるくらいなら、苦労しねーよ。

自分より相手のことを思えるようになったら
この思いも本物だよな。
無償の愛。
ご尊敬申し上げます、エディット・ピアフさま
だよ~。

おまけに今ちょっと酔ってる。
あー、うぜーーーーっ。













| | コメント (0)

ザ・放置

うーーむ。
長々と放置が続いております。

ツイッターで生存は確認できていると思いますが、
いかんとです、この状況。

ということで、
本日の夕食は鶏肉の揚げ煮。
千切りピーマン二袋分投入です。

本日のビールは…
何を飲もうかな。
銀河高原、岡山の独歩、新潟のエチゴビール、モルツ、よなよな。
う~ん、充実の冷蔵庫。

食事支度中ですので
またあとで、今日は必ず、必ずここへ戻ってきます。

| | コメント (0)

2010年6月14日 (月)

心地よい疲労感

かなりの弾丸ツアー。
ぐったりかとおもいきや
今はまだアドレナリン出てます。

明日以降に出るのかもね。

つうことで戻りました。
詳細はまた明日から順次。

| | コメント (0)

2010年6月 9日 (水)

しっぽ先生、あざす!!

今日は会社の飲み会。
5月の超繁忙期の打ち上げ。
バイキング&飲み放題のお店。
もう食べられません、というほど食べる。
酔っ払って帰って、しっぽちゃんにからむ。

これが人だったらめちゃめちゃウザがられただろう。
酔っ払いほどめんどくさいものはない。
しかし、
しっぽちゃんは遊んでいると思ってるみたいで、走り回る。
しっぽ先生、
お付き合いいただきありがとうございまいした。

一応お礼をいっておいた。


明後日からの出張&遠征の支度がまだできていません。
出張は良いのだけれど、遠征。
何を着ようかとお悩み中。
4泊くらいの洋服を準備している…。
これたぶん、全部持って行くんだろうな。

その日によって気分が違う。
用意した洋服が、どうも気分に合わないときもある。
色がダメだったり、このスカートの気分じゃなかったり。
旅先でそんな風に思ったらもうダメで
外に出るのがいやになる。

何パターンかいけるように
多めに持っていこう。
つうことは靴もか?

そしてまた、
家出少女ほどの大荷物になるのだろう。
新潟のライブハウスは
並木ジャンクションレベルのの酸素の薄さと
サウナ並みの室温らしい。

まあ、そこまで激しいバンドではないので
大丈夫とは思うが。。。
室内で熱中症にならないように
気をつけないといけません。

なので、
前日のお酒などは控えねばなりませぬ。
十分な睡眠と朝ごはんも忘れてはなりません。

夏毛に変わり行く季節
ほっそりするはずなのに
なぜか丸っこいしっぽ先生。
100609_064501_2
去年より確実に大きくなりました。

| | コメント (0)

2010年6月 8日 (火)

とにかくあてもなくても このドアをあけようよ

これはぎんいろさんの詩集のタイトルでしたね。確か。

今日の占いが
ドアをノックするとかドアの向こうの何かと通ずる、
みたいなそんなようなことだった。
これは具体的なことではなくあくまでイメージだそうですが

それを読んでなんかふーーむ、と納得した。

私は他人のドアをノックすることはおろか
自らのドアを固く閉ざし、シャッターまで下ろしてしまう傾向にある。
ノックする時は、よっぽどの用事があるときだけだ。
それもよほど慎重に、
ドアの向こうの気配をうかがいながら小さくノックする。
それで気づかれなければ、そこで諦める。

そんな感じなんですね、こう見えて・笑

だから実際のところ
ドラえもんがどこでもドアを出してくれたとしても
あてもなくそのドアを開けることはできない。
ごめんよ、ドラえもん。

それで今日のこの占い。
ごく単純なことかもしれないけど
なんか目からウロコだった。
あと、今日のメンタルヘルスの講義でも
ドアをノックする、ドアを開けるというのは
私の中ではキーワードだった。

ノックされるのを待ってたって、
ドアが開くのを待ってたって、
ずっと待ってるだけだなあと。

いや、本当に当たり前のことを言ってますが
それは私にとっては当たり前ではないのですね。

気軽にあてもなくとはまだいかないし
気軽に、はちょっと難しい問題だけど
とにかくあてもなくても、このドアをあけよう。

まずはノックしてみた。
そしたら、気軽に返事があったりもした。
一番応答願いたいところからは未だありませぬが、
腐らずあせらず諦めず。
まあ、無理しないように。
また、どーーーんと落ちちゃうといかんので。

Mugen_2

土曜日に、久しぶりにお達者デェト。
いつもの古着屋で待ち合わせ。
私はワンピ祭りの時に購入してたので
その日は何も買わず。

お茶するかわりに
ソフトクリームを食べて
そこでまた、みょうちくりんなものを頂きました。
やさぐれグッズ増殖中。

それは可愛いのか、はたまた
嫌がらせかと思うほど気持ち悪いのか
そんな不思議なやさぐれちゃん。

近日写真公開しますが
現物の動きが気持ちわりぃので
動画?
これ、動画いけるの?
あ、いけないみたいです。


その日は買わなかったが、
本日ベルト祭り開催中ということで
速攻行ってみる。
エスニックなのとサイケデリックなのを1本ずつ。
計1300円くらい。

お友達に似合いそうなスカートがありますよと
見せていただいたのは
ikukoのやんわりふんわりかわいらしい花柄のスカート。
ああ、いずさんのイメージはこうなのね。
まだ旬乙女でオッケイ牧場。

私に似合いそうって言われるのは
まあ、毎度毎度、ご想像通りのシロモノです。




| | コメント (1)

混乱の月曜日を越えました。

思いがけず混乱してしまった昨日。
ゴーイングのツアーにケイタイモがゲスト出演するという
まあ、周囲から見たらたかがそれだけのことに
メンバー脱退くらいのショックを受けた。
そう、なぜかあの時はもう終わりだ、くらいに思っていた。

馬鹿っすねー。

ゲストはゲストなんだから。
夜になって冷静に思った。

でもやっぱり、解せないものはあるのです。
このタイミングで、このお方の出演。
大人の事情、会社の事情、様々あると思う。
私も大人だから、そこの事情は察知しつつも
夢だけを見て行きたいと思う。

がしかし。
力を借りなきゃならないのか?

そのことが頭をよぎる。

おそらく、

良いライブになりゃいいじゃん、楽しけりゃ何やったって
何に縛られることも無く、やりゃ良いじゃん。
ケツは俺らが拭きゃいいじゃん。

という、いかにもな言い訳は用意されている。
あるいは本当にそう思ってる?
けどそう見えないのも事実なのだ。

ライブ、楽しいと思う。
実際に行ったら、めっちゃ楽しいっていうと思うし
やっぱ答えはここにあるよなーなんて言うと思う。
ちょーかっこいい、やばいやばいって(笑)
いや、言うでしょうよ、私のことですから。

でもその前にこの悶々とした思いも確かなわけで
なんとか無理やり消化させてるのも事実なわけで。

なんだけど、ツイートしたみたいに
好き嫌いは大きく影響。
これがソカベ君とかだったら
大喜びなう、とか言ってるだろうし
在り得ないけどマサムネくんとかだったら
天にも昇る気持ちなう、とか言ってんだきっと(笑)

とりあえずは新潟。
そして名古屋。

そこで払拭させたいこの気持ち
なのであります。

ああ、お面とかつけて出てくるんだろうか…。
ちょっとそれは…。
ダンサーの姉さんたち登場より引くかもしれん。
ぶっちゃけキライなのか?
そう、嫌いなの。。。

| | コメント (0)

2010年6月 7日 (月)

思いがけず感傷旅行

長々の放置、不徳の致す限り。
ついったーにかまけてブログ放置かよ、
との向きもあるかとは思いますが、
なんでしょう、どーーんと底に行かないように
ついったーという浮輪にしがみついていた、
そんな感じです。

精神的にごちゃごちゃしてると
長い文章が綴れないんですね。

湯本香樹実さんの「岸辺の旅」という小説は
静かで深く丁寧な語り口でした。
言葉の一つ一つが
丹念に紡がれ物語をなして行く。
「死」という、ともすればものすごく重いテーマを
淡々と客観的に描いている、ある種ファンタジーだと思いました。

一瞬、辛いと感じたのは
気持ちの奥底に残っている傷みたいなものに
少しだけ触れてしまったからなのか、
まあ、大げさな感傷旅行に
主人公と一緒に旅立ってしまったからでしょうか。

とはいえ、それは本当に一瞬のことで
あとは淡々と。
色々なことを思い出しました。
欠落していた記憶が鮮明に蘇る。
その時々の本当の意味を、改めて知るいい機会でした。
思い出した事実に対しては今はもう何の感慨も無く
淡々と、小説を読むように見つめている感じ。

眠れない夜を二晩過ごし
感傷旅行から帰ってまいりました――。
行きつ戻りつしながらでも前に進んでいくんだなあ。


さてと、
禊ぎもすんだことですし
狂乱のライブネット中継とか
忙しい時間をかいくぐってのお達者デェトとか
そんな話題も満載な週末のことをまたぼちぼちと。



| | コメント (0)

2010年6月 1日 (火)

惑星(ほし)の王子様

1秒前のことが怪しくなっている今日この頃。
5月後半サボっていた弁当作り
今日から頑張ろうと思ったけど、無理だった。
5時には起きられるが
5時から何かを作ろうと言うテンションに持って行けない。

ただ、猫と戯る。

そんな朝を繰り返している。
家にいるとどうしても、家のこともやらなきゃならないので
そういうのも無しにして、休みたい。
1日、うすぼんやりと過ごす日が欲しい。

ごめん、父さん疲れてるんだ。。。
そんな新橋の(くたびれた)サラリーマンの気持ち。


月末から1週間くらいはゆるやかな業務体制。
なのでオンライン研修とか受講してるんですが
これももう、なんか意地みたいなもんで(笑)
学習意欲があるかというとそうでもなく
いや、最初はそうだったんですが
今となっては全講座制覇を目指しております。

というわけで、宿題はいくつかあるんですが
それをこなしながらです。

体の中心部がなんかグラグラしてる感じなので
今週、休めるうちに休もう。
来週からは全国縦断ツアーがはじまるから(自嘲気味・笑)

Photo
今朝の芸能ニュース、ねえ(笑)
ショック!!みたいなツィートをしている男子がいた。
へー、男子もショックなんだなあやっぱり、と思ったら
ほほえましかったですねー。

まあ、ある意味殿方の方が乙女ですもの。
ロマンチストで永遠を信じていたり、ね。

私は誰だとショックだろう?と考えるまでもなく
あのお方ですね。
私の惑星(ほし)の王子様。
永遠の運命の人(と、一生思いつづけるであろうお方)。

あの方の前では、私も珍しく乙女でございますから。
そして、あの惑星も迷いながら挫けながら
途切れながらも続くのです、続くのです。


では、乙女キャラのまま
みなさまごきげんよう、また参ります。




| | コメント (4)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »