« 貸し出された長靴は緑だった | トップページ | ハックの冒険 »

2010年6月21日 (月)

大反省大会。

ダメだなあと思った。
まだまだダメだ。

7月の人事異動で、ありえない人が課長に昇任。
そのことでもう、気持ちが他に振れなくなって
そのことばかりを思いつめた午後。

もう、すぐにでも転勤希望を出そうかと思ったくらい。
そこしか見ていないから、他が見えなくなってるから
モチベーションも下がる。

けど、何に向けてのモチベーションなんだ?
そう考えたら可笑しくなった。
上司のためにモチベーション上げて仕事してたか?
否。
私の視線の先はもっと別のところだろう。
点を見つめてイライラしてどうするんだ。

それで、
家に帰って
野菜室いっぱいのきのこ類を見て
ほんともう、一人で笑った。

きのこばっかじゃん。
それなのに今日もまた買ってきてしまった。

もっともっと、いろんなことがあるよ。
泣いたり笑ったり怒ったり悩んだり。
それはここの、この点の部分だけじゃない。

越えてます。
大丈夫。
大丈夫の丈は丈さんの丈(笑)


先週の金スマで岡本真夜さんの特集をしていた。
高校時代の親友のために作ったと言う曲。
親友の死。
そんなありがちと言えばありがちなドラマ。

私はただただ単純に思った。
失ってはならないもの。
それがあるということ。
数年前のあれを繰り返すところだった。
それほど重要な局面だったと思う。

でもその時私は、もう二度と投げ出さないって思った。
手を離さないって思った。

かよわきエナジー懐かしい
今、そんな歌が映像とともに流れてます。


私は、しっかりしているように見えて、てんでダメダメで
立て込んできちゃうと
一人で生きてるような気になるのです。
大切なものを丁寧に、
丁寧に生きていくことを忘れるようです。
調子に乗って、感謝の気持ちを失くしてしまうようです。

いろんなことがタイミングよく
私に教えてくれた。
番組も、NYからのメールも、

オレ、こんなこと言うのあんま好きじゃないけど(byソウ君)


あらゆる必然にほんと、感謝します。

|

« 貸し出された長靴は緑だった | トップページ | ハックの冒険 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 貸し出された長靴は緑だった | トップページ | ハックの冒険 »