« 荒川線に乗って~その2 | トップページ | 新しい音楽生まれたかな »

2010年7月25日 (日)

荒川線に乗って~3

7月って週一でしか更新してなかったのですね。


さて、前回の続き。
知り合いもいなくて一人参戦。
しかもしがない事務員。
物書きなワケじゃないし、何かにものすごく傾倒しているわけでもなく
中途半端に本好きという、この怖いもの知らずの参加。
オススメの本のここが好きとか、こんなエピソードがあるとか
みなさんの前でしゃべらないといけない。

緊張すると思いきや、本当に和やかなムードなので全く普通に。
そもそも、そういう催しを面白いと思って集う人たち。
そこは共通した価値観があるわけで
そうすると、初対面な感じもせず、
自分の普段の言葉で、不器用でも何でも話せるわけですよ。

多くを語らなくても良いし
饒舌になっても良いし
決まりなんて何もなくて
電車に揺られながら、ゆるゆると時間が流れる。

逃げ帰ろうと思ったのが嘘みたいに
あっという間の時間が過ぎていきます。

「本」が好き。
そこには色んな好きがあると思う。
本を読むのが好き、ってのもあるだろうし
本の装丁にすごく興味引かれる、ってのもあるし
興味あるものについての本、宝物ってのもあるし
本を作るその人が好きっていうのも。

「本」が好きっていうのは
別に読書好きだけじゃなくてね。
それだと電子媒体で良いわけだ。
けど形ある「本」というもの。
手にとって、開いて、色んな世界に遊ぶ。
活字だけじゃなく、本の宇宙の持つ様々なものに惹きつけられる。

そんな人たちの集いの場所。
ブクブク交換。

私が交換していただいたのがこの三冊+1

100723_063602_3

「空中庭園/松本隆」
あの作詞家松本隆さんの詩集です。
「東京都北区赤羽2/清野とおる」
某バンドの某ギタリスト(ナカザですけどねー)大絶賛のマンガ。
「東京酒場漂流記/なぎら健壱」
いわずと知れた、チンカチンカのルービーの先駆者。

それと、高円寺の情報誌をいただきましたV

自分だけの小さな世界を一歩出ると
世界はこんなにも広いし、多様です。
二次会は三ノ輪橋のとんかつやの二階。
まさになぎらワールド、昼真っからビールを酌み交わす。
異業種の人たちとあれこれ話す。

そうやって、そのまま自分の世界を飛び出すのか苔桃?!
さにあらず。
またもとのこの場所に戻っているのです。
私は私のままだな。
それがよく分かった。

こんな私のままで、
このブクブク交換を広島で開催します。
9月最初の週末になると思います。
詳細が決まったらまたお知らせしますね。

是非参加して欲しい人たちがいる。
たとえばいずさんちのエミリー様。
キムちゃんちのご両親だったり、
何故だろう、そんな経験豊かな年上の人たちの話を聞いてみたい。
そう思う。
もちろん、ここを訪れてくれているまだ見ぬあなたも(笑)
よく知っているあなたも。
知らないところ発見できたりするんだよね、きっと。

そう、年齢も履歴書的なものも関係ない
ブクブク交換はそんな集まりができる会なんじゃないかな。
そんな集まりができる会にしたいなあ。

と思う次第でございます。



|

« 荒川線に乗って~その2 | トップページ | 新しい音楽生まれたかな »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 荒川線に乗って~その2 | トップページ | 新しい音楽生まれたかな »