« 島渡り | トップページ | 今できること。 »

2010年8月18日 (水)

出雲そばジプシー

Ca3f0220
サンキャッチャーが朝日を受けて、床や壁に光を落とす。
しばらく不思議そうにじっと見つめて
移ろう光と遊ぶしっぽちゃん。
この頃の朝の風景。

サンキャッチャー、吊るす場所を決めかねていて
朝日が一番に当たる場所にようやく吊るしました。

昨日は日帰り出雲出張。
島根方面の高速バスは途中、高速道路から降りて一般道。
なので揺れが思いのほか激しく、お尻が痛い。
熟睡もできず、疲労感。

出雲市駅前に高速バス到着後
「そば行ってくるわ」と同行者に告げ、一人駅前のそば屋に入る。
だって出雲は出雲そば、食べなくっちゃー。

入った瞬間、あ、失敗だったかも…と
薄暗い気持ちになる。
その第一印象はそのまま味の第一印象に繋がります、不思議と。
「そばはのど越し」なんてぇ粋がってるわけじゃないけど
のどにつまっちゃだめでしょう。
するすると喉を通っていかないそば。

そんな不本意な結果を受け、どよーん。
仕事終わったら、もう一軒行こうと後輩を引っ張り込む。

で、終了後、駅のそば屋へ。
食べ終わって一言。
「私のそばはいったいどこへ行けばあるの?」
不味くは無いけど、うん?って感じ。

いやはや、出雲そばに対する素敵な幻想が強いのか、
ハードル上げちゃってるのか、
なかなか思うようなそばには巡り合えないのある。
「もう1軒!!」
叫んだ私に時間は容赦なく、バス発車の時刻となる。

かつて松江城のおひざ元でいただいた割子。
あれはほんとうに美味しかった。
その幻影を追い求めているのであろうか。

そんなこんなで
そばに始まりそばで終わった出雲出張。
出雲大社へ一畑電車に乗って行こう計画もあったが
そんな元気ももはや無く、当初の予定通りの高速バスに乗車。
激しく揺られながらも、睡眠時間を稼ぎ
10時前に家に着いたのでした。

お疲れサマー。




|

« 島渡り | トップページ | 今できること。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 島渡り | トップページ | 今できること。 »