« アリとキリギリス | トップページ | 出雲そばジプシー »

2010年8月16日 (月)

島渡り

もう、ご無沙汰ですとか言うのも今更いいっすよ・・・って感じですね。
緩めどころの無い日々です。
息つく暇なしというか。
兎に角、9月4日の本の交換会までは、という気。
それが終わったら、労組の大会。
そして、月末の本社レンタル。

まあ、脳梗塞とかにならんように願うばかり。
激しい頭痛続くと気のせいとはいえ、不安になります。

今は、この音が私の芯となっております。
この歌が、この音が、このギターの音が
私が自分足で立っていられる芯の部分、
表現大げさですけどね。

***

一昨日、島へ渡り
昨日は小学校時代に戻って
自転車に乗って海沿いの道を走りました。

幼少期のノスタルジー。
色んな思い出が映像として目の前に現れては消え
そしてそれらの全てが父との思い出だったことに
なんかものすごく心がぐらりと大きく揺れ
自転車こぎながら声を上げて泣きました。

お世辞にもよき父親とはいえない。
むしろ人として男として大きく欠落した部分がある人。
沢山迷惑をかけられ、母にも散々苦労をかけ
許せないと思ったこともある。

でも、いつもそばにいてくれたのは父だったんだなあ。

私がこの家族に生まれたことは
ものすごく大きな意味のあることなのでしょう。
ここに来てそれを受け入れ、そしてその役割を果たそうと
その覚悟めいたものができた。

姉ちゃんは、このうちの太陽でいればいいんだよねー。
簡単なことじゃん。

かなり重い話題になりましたが。

***


いやはや、8月の炎天下の自転車。
しかも、飲み物買おうと思ったら
♪財布を忘れた愉快な苔桃さん。
半端ない汗、補えない水分。
ふらっふらになって、ばあちゃんちにたどり着く。

で、夕方こっちに帰って
死んだように眠ってると…。

網戸にとまったアブラ蝉にしっぽちゃんがうにゃっと飛びつく。
何の間違いか部屋の中に蝉が入ってきて
蝉、大騒ぎ。
猫、大騒ぎ。

しばらくして、天井にとまり双方大人しくなる。
そして・・・

ジ、ジ。ジーーッシャワシャワシャワ・・・・
天井で大音量マジ鳴きっすよーー。
虫取り網は無く、仕方ないので箒の柄で追い掛け回す。
その姿を見たしっぽちゃん「はっ、おにばば」と思ったのか
窓から逃げ出す。

私は一人で蝉と格闘。
顔に何度もおしっこかけられてんてこ舞い。
そうこうしてるとバカ蝉のヤツ
私の肩にとまった。

手づかみで窓の外へ逃がす。
ジ、ジジっと小さく鳴いて闇に消えました。

やれやれー。
恐れをなしたしっぽ先生は呼べど戻らず。
深夜2時過ぎ、にゃあと帰ってきました。

つか、元はと言えばあんたが蝉を部屋にいれたんでしょうにっっ!!
けど、可愛いから怒らないーー。


あ、「グッバイベイビー」ですので、DVDに集中します
もう来週じゃないかー、ライブ。
残った夏休みまとめて取ろうと思ったら
月末に?休む気か?みたいに。
いやいや、休んでも良いように道筋つけてるでしょうに。

っていってもダメなんですって。
25日は一日休んで、翌日朝7時前の飛行機に乗ります。
それだと9時半には職場に着けるから。

だったらいーーんでしょ?!
やってやるよ、ライブ観られるんだったらどんな無理だって。

|

« アリとキリギリス | トップページ | 出雲そばジプシー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アリとキリギリス | トップページ | 出雲そばジプシー »