« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »

2010年11月

2010年11月30日 (火)

空ばかり見ていた

前述のものがあまりにも沈みすぎなので…。

今はスピッツと吉田篤弘さんの本。
吉田さんは今一番好きな作家。
じんわりとしたお話と言葉。

本を読むということは
心がここより違う場所へ旅立てて
やんわりと回復力を高めてくれる。

| | コメント (3)

聞かせてよ君の声で

まだちょっと、
そう、こんな風にひとりになって考える時間ができると、
いや、時間が出来なくってもずっと思っている。
いつもずっと思っている。

今日は岡山駅の改札口で笑顔を見たとたん
泣いてしまった。
聞いてくれてありがとう。
美容院キャンセルして、会ってくれてありがとう。

◆◇◆◇

この2カ月、浮足立った日々
めまぐるしく様々なことが起こった。
11月の日々はアンディのためにあった。
ほぼ全てのライブに行った。

彼のプレイはいつも
心臓をじかにつかまれるようだった。

ヒリヒリして泣きたくなる。
音が、
光に反射してキラキラと光るガラスの欠片のようで
刹那的な美しさを放って
絶え間なく高速で空中に飛び散り、舞う。
その音に身を切り刻まれるようだった。


「こわいくらいきれいな青空の下に立っているようだ」と言っていたよね。
その距離感や不安感、美しさの中の永遠でないもののことを。

それはあなたのドラムも同じだよ、と私はその時思ってた。
でも言えなかった。

真っ青な美しすぎる空の下で
いつも不安になって、でもそれでもその場を離れられない。
ただ、青い空を泣き顔で見てるしかない。
いつか終わるという永遠ではないという、
得体のしれない不安感。

けれど心をつかんで離さない。


ものすごいスピードで曲が次々と進んで
目の前で目の高さでその瞬間を見た。
最後の瞬間。

かっこいいなあ。
ほんとかっこいい。
スーパーサイア人だ(笑)
かっこよくてやっぱり泣いた。
ちゃんと笑っていようと思ったけどダメだった。


彼の言う「ありがとう」が大好きだった。


ありがとう。大好きだよ。
ありがとう。あなたに出会えてよかった。
また聞かせてよ、あなたの声で。
その日を楽しみにしています。

◆◇◆◇


想像以上に強い動揺のため
まだ、強弱の余震が続いております。
精神的ダメージのレベルがかなり高く
今はもう他のライブが見られない状態です。














| | コメント (0)

2010年11月26日 (金)

無題

やっと泣けた。
ありがと、まさみちゃん。

◆◇◆◇

あー、かっこいいなあ。
かっこよくて涙が出る。
大好きだなあ。

いろんな意味で明日私の卒業式@吉祥寺。
あ、卒業しないとダメなの?
卒業の方向しか考えられなかったけど…。

| | コメント (0)

2010年11月24日 (水)

何やってんだかなあ

何か話そうとすると
思いがあふれてきそうなので
やめる。

崩壊寸前ですな。
ははは。

あまりにも苦しいので
少し息つぎをしに
ここに来てみた。

| | コメント (2)

2010年11月23日 (火)

つぶやき


なんだかんだありながら、直島なう。

| | コメント (0)

2010年11月21日 (日)

シロクマ、頑張る。

あわただしい毎日。
出張、残業を繰り返した1週間。
出張後も職場に戻り残業。
しかも、私仕切りの会議が続く。
資料作成やら、段取りやら…。

出張は、重いものが3本。
移動の疲れより精神的にずしりと来る。
それでもやらなきゃ、支社が回らない。

結果、体調不良で発熱。
風邪かと思ったけど、胃腸の具合が非常に悪い。

そんな中での休日。
ミスドでコーヒーお代わりしながら
体調の悪い二人が話す(笑)

また一方的に聞いてもらってごめん。
ありがとう。
それで少し気持ちの整理ができた。
自分の思うところが見えてきた。

次、どうするか。
やっとそこに取り掛かれる。

こんな言い方はおそらく引かれるんだけど

私は普通より少しだけ賢くて
でもそれは残念ながら少しだけだから
突き抜けてずばぬけて素晴らしい思考力が無く
そのちょっと部分で下手に思考するもんだから、
結果、もがく。あがく。抜け出せない迷路に入り込む。

何も考えなくてすむほどの賢さもなく
かといって
何も考えなくてすむほどの脳天気さもなく。

そうだ、ここがまさに一般的なレベルなんだろうな(笑)
普通より少し、何て言ったけど
ここがまさに普通レベル。


週末ダイナー1部2部を経て
知りたくなかったのに知ってしまったこと。
気づかなくていいのに気づいてしまったこと。
純粋に好きな音楽を好きなように聴いていたい。
その裏に見え隠れするものを、
でももう、見なかったことにはできない。

久しぶりに聴いたその曲たち
あんなに胸に響いていたギターの音が
不思議なくらい耳に入ってこない。
いろんなものでものすごく曇ってしまった世界。

あとはそうだな。
それを払拭するほどの音楽をまた聴かせてよ。

ああ、聴きたいなあ。
お願いだから、聴かせてよと
強く思う。

◆◇◆◇

私のもうひとつの休日。
先週、ワークショップに参加しました。

楽しかった。

Ca3f0328 Ca3f0327

大好きな矢車草の切手をチョイス。
手持ちの勿忘草を合わせて清楚にちょっと切なめに。
そして裏。
やや攻め気で(笑)
見た目清楚なのに、腹の中はうわっ!!みたいな。

さて、
出掛ける準備だ。

| | コメント (1)

2010年11月14日 (日)

ビンの底のほうに残った力で

だいぶん人として機能してきました。
”ここ”にとどまっていれば良いものを。
あちこち出掛けては疲労し消耗し立ち上がれなくなる。
でもまた出掛けて行くのです。
遠い場所へ。

◆◇◆◇

今日は一日パソコンに向かって
フォトショップであれこれ。
それとこの間のマラソンの記事を作成。
その間ずっとアンディを爆音で(イヤホンです)。
合間に小窓でPV。

今はスピッツのPVを集めたDVD。
空飛びとかロビンソンとか見ちゃって、
うるうるなってます。

ああ、ホッとする。
以前は胸がいっぱいで苦しくて見られなかった(笑)
好きすぎて。
今も泣きたいほど好きなのに変わりは無いけど
まあでも一番遠い存在だから。
夢見る夢子ちゃんもさすがにそれには気づくわけだ。ふふ。
でもこの頃は手を伸ばせば届くと思ってたんだよな。
愚かですね。
可愛いですね。

◆◇◆◇

以前からネットは必要なものしか見なかったんだけど
さらにその傾向が強くなった。
先日、ただでさえ少なかった「お気に入り」を
ことごとくゴミ箱に入れて、残ったわずか数個。
検索してまで見ないから。

私はやっぱり
自分の目で見て耳で聞いて
それで感じたことだけを信じるよ。
誰にあてたかわからない電子媒体上の言葉は
もう止しとしよう。

どんなに遠くても
距離も時間も超えて伝えたいことを伝えに。
本当の声を聞きにいきます。

だから出掛けて行きます。
疲れても打ちのめされても、ちゃんと本当のことと向き合いたい。
それが望んでる世界じゃなくても
居心地のよい場所じゃなくても。

「シロクマ」
今の私のテーマソング。
なんとなくでは終われない。



| | コメント (0)

2010年11月11日 (木)

11月11日の追記

諸処ご心配をおかけしているかもしれません。
すみません。

私は元気です。
大丈夫です。

音楽を聴いています。

| | コメント (0)

蜘蛛の糸

周囲が華やかでにぎやかで、アドレス帳のアドレスも増え
その中心に居るかのような勘違いをして、そして
ハッと気づく。
そして立ちつくす。

私が立ちつくしたところで、周囲には何の影響も無く
相変わらず華やかでにぎやかに流れて行く風景と時間。

反動か、
大きな揺り戻しが来て、立っていられない状態になる。
ぐらりと大きく揺れて、それまでとはまるっきり反対側にひとり立つ。

昨夜がまさにそうだった。
そこから作業が始まる。

電子媒体で繋がっている稀弱な人間関係。
私にとって必要の無いもの
わたしはもう必要とされないもの
それらすべてのものをごみ箱に移し
そしてごみ箱を空にしていく。

削除ボタンを押し続ける。

必要不必要関係なく、全てのチャンネルを閉じようと思った。
繋がっている糸、全て。
確かなものなんて何もなく、
あるのは確かだと思いたいものだけ。
けど、確かと思いたいものも本当は、ものすごく不安定で…

人との糸を太い(と思ってるもの)も細いのも様々なものも
全てハサミでジョキジョキ切ってしまう。

ちょっとピークが来てましたね(笑)

そんな私に天上から蜘蛛の糸。
まさに芥川龍之介の蜘蛛の糸がするすると降りてきた。
夜遅く携帯が振動して、一通のメール。
短い問いかけの言葉。

それが私を救いあげてくれました。

本当に蜘蛛の糸のように
いやそれよりも細く頼りなく、本当に繋がっているのかさえも不安な糸。
でもこのタイミングで。
信じちゃうよ、勝手に良い方に受け取って・笑

この先たぶん
この糸に不安になったりざわざわしたり
細く頼りないままかもしれない。
このまま消えるかもしれない。

そんなことで心波打つんだろうなあ。

でも、
本当にするすると降りてきて、引っ張り上げてもらった。
なんであんなにぎりぎりになったのか
今はわからないくらい平然としてる。

ああ、切ってしまった糸はつなげないでそのまま。
御縁があればまた繋がるでしょう。
ごみ箱に行ったのももう再び拾うことは無い。

発することもあまり意味を持たなくなってきた。






| | コメント (0)

2010年11月 4日 (木)

栄養補給滋養強壮癒しの泉

んなわけないじゃない(失笑)
少し落ち着いて考えればわかることなのに。
おかしい。
どれだけ緊張してたのか。
どれだけテンパっていたのか。
それを引っ張って今日の夕方までめそめそしてた。

んなわけないじゃん(笑)
そんなアホじゃないっしょ(笑)(笑)(笑)

落ち着いてゆっくりいっこいっこ確認して
タイミングずらしてしまったのは私だと気づく。

けどまだ不安定なのです。
どうしようかどうなるのか。
どうなるのかは私の気持ちひとつなので
そしてそれは何も影響力のないものなので
まあようはすべてがひとり相撲なわけで。

ものすごく漠然としたつぶやきになっていますが、ははは。


アンディの「すごい速さ」のPVを何度も何度も見る。
これ、大好きです。
今の私の栄養補給滋養強壮癒しの泉。
今私の耳が聴きたいと要求するのはアンディ。
他はいらない状態ですね。

あれこれなーーんも考えず
ただこの子たちの奏でる音がほんと好きで楽しくて
聴いていたい。

真夜中のしっぽ先生タイムも
台所で餌をお皿に移し
背中を3回ほど撫で
よれよれしながらついでにトイレに行って
また布団にもぐりこむその間

ずっと脳内ではベンガルトラとウィスキーが流れている。
真夜中のしっぽ先生タイムのテーマソング。

仕事中も同じく脳内でモンゴロイドブルース。
これ、仕事上げるためのテーマソング。

詞の意味も深く考えず
感覚だけででも大好きだなこの世界。
月曜日は広島でライブです。
なーーんも考えず、変態で天才なこの世界に浸ろう。


少しその周期を脱してきたのでしょうか。
あと何回か「すごい速さ」を観よう。

◆◇◆◇

なんかちょっと逃げてるっぽい?かなあ…。
でも聴きたい音楽だけは嘘は無い。
無理して他の聴いてもやっぱり一番聴きたいものにもどるからなあ。

| | コメント (1)

2010年11月 2日 (火)

北風

少し無理したり
だいぶはしゃいだり
そう、私にしてははしゃぎすぎた。
そのせいか、気持ちがものすごく弱っちいことになっています。

公共交通機関で久しぶりにあんなに泣いた。
新潟~東京~広島。

一睡もできなくておかしくなっていたのも手伝って、涙が止まらなかった。
帰宅後十分な睡眠、
そして昨日はテンションが高すぎてまた無理をした。
今日はひどく落ち込んでいる。

定まらない。
周期的なものは大いに影響してる。
ここ過ぎれば少し楽になるだろう。


新潟がポイントだなとなんとなく思っていて
まさにそうだった。

けどまだ行く先が定まらない。
どうしよう?
どうすればいい?
珍しく自分で決められない。
信じていた、というか信じたかったものがいとも簡単に形を無くし
けどまた一方で、
伝えたいと強く願えばそのタイミングは必ずやってくることがわかった。

私の芯だった部分がなんとなく曖昧にぼやけた今、
もう一度強く願うことができるのかな。

「積極的にアピールしなよ」
その言葉はポジティブにもネガティブにも
私の中をぐるぐる回る。

そんな時に「太陽と北風」
私は北風になろうと思ったのです。
北風が無いと、太陽はその意味を失うのです。
太陽だけだと光も温かさもその効果は薄ぼんやり。
北風と太陽のそのバランスの妙を忘れていました。
なんてまた、こんな風に理屈っぽくなってしまうのがまさにてんびん座(笑)

性格を変えることはできないけど
キャラを少しだけ変えてみます。
それは無理をするということではなく
太陽を生かせるように、少しだけ北風になってみる、みたいな。
積極的、というのが私の中では北風なんですよね。

わかりにくいか(笑)

明日は早朝より広島国際平和マラソン。
走らないですよ。
取材班。
社内HPの記事のためです。




| | コメント (2)

« 2010年10月 | トップページ | 2010年12月 »