« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »

2011年1月

2011年1月22日 (土)

ねずみあひるくまりす、姫や海賊や…

ただいま。

ぐったり。
遊び疲れて飛行機、座った瞬間寝てました。

ワタクシが!
えぇ、この苔桃が!

冬晴れの土曜日、あの巨大ねずみ帝国へ行ってきました。
そして楽しかったです。
数えて3度目のランド。

ねずみ王子かわゆしとはならなかったけど、
正面から楽しかったのは初めてかも。
それまでは斜めから見てたから。

まあそんなことはまた明日。
なんで行くことになったかも合わせて。

明日は再検査。
健康診断で要チェケラッ!!になっちゃったのだ。
無事を祈ってください。

| | コメント (0)

2011年1月20日 (木)

強い寒波に覆われたもよう。

Ca3f0443

夜、あまり食べられなくなって
昨夜、買った寿司を半分残した。
大丈夫かと思って、もったいないと思って
意地汚く、今夜食べた。

そのせいか何のせいかわからんが
非常に調子が悪い。
もし寿司のせいなら自業自得。

うまくバランスがとれないなあ。
人とかかわることはやはり難問で難題で難関である。


私、振り切るくらい走らなきゃ。
そう思った。
振り切って進まなきゃな。
先で待ってるくらいの余裕が欲しいところである。
でももう少し時間がかかるかもなあ。

明日は東京。
労組です。
正直、行きたくねー。
忘年会のあの件で、すっかり不信感。
一所懸命やろうという気が失せた。
仲間意識を一番強いられる組織体制だと思うのに。
仲間って感じじゃもうなくなった。

と、あれこれマイナー思考なのはこれは
周期にどっぷり落ち込んでいるから。
と、思ってください。

あ、今回はノーマルバージョン。
ライブとかはからみません。


いかんいかんいかん。
崩壊する前にさっさと寝よう。

苔桃の心の中
強い寒波に覆われております。



| | コメント (0)

2011年1月19日 (水)

月夜の猫は遊び疲れて

月夜の猫は遊び疲れて
しっぽ先生、ものすごい調子に乗って
部屋中猛スピードで走り回る。
満月だから仕方がない。

みなさんの家の動物たちはいかがでしょう?


布団に寝かしつけても
ぴょんぴょん飛び出て一向に寝ない。

満月だから仕方がない。

外廻りに出かけて帰ってきたら

しっぽが二倍くらいに膨らんでいた。

怖いものがいたんだろう。

月夜の猫は忙しい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

繋がってる~?

とりあえず原稿あれこれは全て書いて投げた。
ほ…。
そして、このブログ周辺もようやく落ち着いた。
ほ…。

12月のを読み返してみると
まー、どーしようもないですね。
冷静さを欠いておりますね、恥をさらしておりましたね。
けどまあ、あのおかげで色んな事が整理されたりしました。

電波に乗っかって様々なコミュニケーションツールが発達。
ミクったりつぶやいたり日記を書いたりフェースブックなるものも。
そんなにも繋がりたいのか?
そんな電波なんて不確かなもので?

繋がりたいんだろうね、人って。。。
そして確かめたいんだろうね、自分の必要性を。

いろんなツール、そこで書き手の日常を垣間見る。
何かの拍子に、実際に会う機会を得ることもあるかも。
現実にコミュが始まったように思う。
毎日電波コミュツールにおいて、書き手に会う(そんな気になってる)
だんだん、その書き手の日常に自分もいる気になってもそれはしょうがないことなのか?
友達、と思ってしまう?
あるいはそれ以上?恋人とか理解者とか?
そんな勘違いをしてしまうのも仕方ないことなのか?

かなり一方的である。
相談に乗るとか、話を聞いてあげるよとか
そんなことを言われても、「はぁっ?」である。
私には話を聞いてもらいたい人はちゃんと現実に居るから。

例えばここに綴った言葉を
自分にとって都合のように解釈され、それを投げ返される。
そんなことを言われてもまたしても「はぁっっ?」である。

挙句、ものすごく一方的に言葉を叩きつけられる。
もう腑に落ちないことだらけだが
1~2回会ったという事実と相まって、
それが電子媒体のコミュツールの恐るべきパワーなのだろう。

つか、そもそも読み手も書き手も双方向ではないのだ。
お互いが一方向であることをちゃんと意識していないと
こんな誤解が生まれる。

小説や音楽にも言える。
ということを、以前のブログで暗に伝えたつもりだったが
ストレートに言わんにゃ分らんかったらしい。

小説を読んで、私と小説は双方向の関係が築けるが
私と作者は双方向ではないのだ。
あくまで両者とも一方向。

音楽を聴いて、私と音楽は双方向。
けど、作り手とはお互い一方向。なのだ。

何度読み返してその言葉の真意を計ろうとも
その思いを理解しようとしても
一方向だから交わることは無い。

私はそれら作り手の日常にはなれないのだ。

それが基本だと、きちんと気持ちの中に置いとかないと
怖いことになる。
とんだ勘違い女になる。
誰もがその状況に陥りやすいのもまた事実。

自分への戒めにもなった。
曖昧な表現曖昧な態度、驚きが興味に変わったりと、
誤解を招くことも多く会ったのであろう。
また、私がそんな風に勘違いしたりとか、あると思うから。
勉強させていただいた出来事でした。

なんかずっともやもやしていて、
もう、ほんともやもやして、
思い出しただけでもすごく嫌な気持ちになっていたので
すまん、ぶちまけた。


今朝はMUGENを聴いた。
良いアルバムだなあ。
そして、
午後は楽園とWeapons of Mass Destructionを繰り返し聴いている。
やっぱり(笑)

そして明後日は東へ東へ~♪








| | コメント (0)

2011年1月18日 (火)

私のタマシイどこへ行ったんでしょう。

Brigit32 Do4
バルドー、ドヌーヴ。
私はフランスの女優が好きなんだな。
しかも60~70年代の。
映画も、あの頃のはレンタルしたり
サロンシネマでよくナイトシネマとかやってたから、観に行ってた。
1週間通ったりとかもしてました。

今じゃ映画のイメージは無いでしょーが(笑)
映画館まで行ってみたい映画がないし
観たい映画はあんまりこっちではやらないし。
とか思ってたけど、探して観に行こう。

と、なんでだ映画の話。。?


Photo

ここ最近疲れが半端なく、仕事中も落ちそうになる。
この疲れ方は…
冗談で言っていたが、口からタマシイが抜け出て
会いたいあなたのそばへ、そしてあなたのそばへ
ちょっと透けた私となって浮遊しているのか?

たとえば鳥取のある新年会。
倉吉のお城のピアノの影とか。
はなおぼっちゃまの園庭とか。

岡山の公園で見かけた!!
いや、南観音小バス停で!!
いやいや、倉吉の川沿いを歩いとったよ。
下北のスタバのカウンターに座ってたよ。

そんな目撃情報がよせられたらどうしよう。。

もしくは朝起きたら足が泥だらけ。
「もみの木の音が聞こえたの!!ゆきちゃんが鳴いてる!!」
口走りながら、夢遊する。
お屋敷では夜中にしろいお化けが出ると…ってハイジかーーいっ!!

とまあ、明らかに無理してる感があるので
本日もおとなしく休みます。

寒い寒い寒いとこの冬眠るときにずっと思っていましたが
敷き毛布を導入するのを忘れていました。
昨夜から敷き毛布導入で、
あったか猫と毛布の吸引力。
ますます離れ難し布団。

| | コメント (0)

2011年1月16日 (日)

確かなもので胸の中が満たされる

外は雪。
膝の上には猫。
室温は18度。

午後からは二つ目のロザリオ。
だいぶ上手に9ピンが曲げられるようになりました。
今回は、ムーンストーンとラブラドライト。
センターメダイは不思議のメダイ。
トップはイタリアアンティーククロスとルルドの聖母。

聖品はひとつひとつにちゃんと意味があって
デザインの美しさは最重要なんだけど
意味を知ると知らないじゃやっぱ大違いだなあ。

相変わらず宗教心は無いけれど
静かに、さまざまなことを想いながらひとつひとつつなげます。

110116_214601

次に作るものも考えている。
決まりに沿って、なので、
デザインも何も無いんだけど、やっぱり少しは考えるわけさ。
合う石とか、どのクロスとメダイを、とか。
また、願いや祈りもそれによって違ってくるし。

以前は、
いろんなもの作りたい、デザインはあーで、こーで…って思ってた。
今もそれは変わらない、頭の中にあるものを表現できたらいいって思うけど
一方で、
同じものをそれだけをやり続けたいっていうのがある。
たとえば絵にしてもずっと同じ題材で書き続ける。
ロザリオだけをずっと作り続ける。
写真も、同じものを撮りつづける、とかね。

そうすると何かこう、確かなものが胸の中に満たされる気がする。
気の持ちようなんだけど、
私はそんなものが一つもないからさ。
だから「一つのことを続ける」という作業に没頭したい。

そのうちロザリオ展やります(笑)


夜更かし癖がついてしまっていかん。

そうだ、パーマをかけたのだ。
ラグジュアリーな女を目指して。
私の中のラグジュアリーはドヌーヴです。
今年はドヌーヴ。

Image_2




| | コメント (0)

2011.1.11 雨のことばかり考えていた

寒中お見舞い申し上げます。
太陽が出て、きれいな青空かと思えば
一転にわかにかきくもり雪。
風はやや強いようです。

日々、あれやこれやの原稿締め切りに追われた1週間。
毎日、ある一定量の文書を綴ると、能力キャパ超え。
そして、新システム稼働であれこれ気を揉むことの多い1週間。
ということで、ここも不在にしてました。

2011.1.11のライブ初め。
110113_191601

会場は横川シネマ。
以前、ランデブーがここであった。
あの時は前後半で前半がランデブー、
後半がソカベ君弾き語りで
サニーデイの「サニーデイサービス」セルフカバー。

開演前、着席してそんなことを思い出していた。

そして、なんとなく雨のことを思った。
あの日も当日も雨は降っていなかったけど
なぜか強く雨の中に居るような気がした。

最初にソカベ君。
静かに始まるギターと歌。
会場全体がしん、として
全てを聴き逃さないように、一音も、ブレスさえも。
会場の全神経がステージに集中しているようで
なぜか私も非常に緊張し、両腕に力が入っていた。

やっぱりずっと雨に包まれているようで
ふと脳裏に映像が流れた。
それは何年か前の冬冷たい雨の降る中、
温かい洋ランの温室の中で行われたソカベくんのライブ。

ソカベ君のギターと歌、
ずっと雨が屋根を打つ音が包んでいたなあ。
この日のセットリストもその時と重なる。

と、あれこれ蘇ったりしながら、
歌に列車の音が重なった。
ああ、そうだ、これだ。

ライブハウスとかホールとか
外部の音が一切入ってこないライブ空間とも
まるっきり野外のライブとも違うこの異空間。
非日常の中に聞き覚えのある音が入りこむ。

これがとてもドラマティックなのです。
なにかこう、胸が震えるような。
すごく強く記憶に残るのです。

「映画館だから」かもしれないしそうでないかもしれないけど
自分が映画の中に居るようだった。
ソカベ君とマエケンが主演の映画に自分もいるような。

そしてそれは、
吉田篤弘さんの描く世界、人物ともすごく共通して
彼の小説の場面場面を
同時にすごく思い出していた。
結局私はこういう世界が好きなんだなあという
至極単純な結論。
まあ、結論付けることもないんだけど
これが私の凡人たるゆえんだなあ、苦笑いっすよ。

ライブ中にこんなにあれこれ考えて
ライブ自体を満喫できるのか?って(笑)
いや、このいろんな気持ちいろんな風景を描くことができる
それもまた、ライブが私に与えてくれること。

前野健太さんのライブ。
久しぶりにひどく動揺したライブだった。
ファンとかなんとかでなく、
フラットな気持ちで聴く、というところで。
「ファックミー」という曲でたまらず、こみ上げた。
なんだこりゃ?!と思って、思わず(涙、ですよ。笑)
切なさとか胸キュンとか青春の甘酸っぱさとか
そういうフレーズとは全く別のところにある世界。
けど、なんかこう、ね。

なんだろ、歌詞は普通の言葉。
詩的な表現やきれいきれいな言葉を選ぶわけでもなく
ロードムービーのような
ロードムービーのセリフのような
そんな歌詞で
でも、その言葉たちが組み合わさって作る世界がすごいんだよー。
根本に響いてくる。
だから、言葉から映像が見え、映像から世界が広がる。

聴き手にものすごく想像させる楽曲たち。
なのかもしれない。

で、これも私にとっては重要ポイントだと気づく。
想像を掻き立てる、ということ。
音楽だけでなく、好きの原点の一つかも。

とかなんとか、
また屁理屈。
キングオブ屁理屈(笑)

前野健太さんの時もなぜかやっぱり雨が降っている気がして、
そして、良いライブ初めでした。
ただ、昨年末のライブ納めも今年のライブ初めも座り。
ものすごく気持ち的にも体も楽だったーー。
さて、私はライブハウスに戻れるのか?!


今年は映画も観に行こうと思った。
良い映画館がまだあるうちに。
気になるものは映画館で観ようかなと。


Photo

最近話題のバンドをあれこれチェック。
androp、チェルシー、マリーズ…
…出会えないなあ。

んで、おとぎ話が良い。
すごく良い。
前にもちょっと言ったけど、この中毒性。
素直にこれに乗っかった。



また雪が降り始めましたよ。













| | コメント (0)

2011年1月12日 (水)

やっぱり船が好き

Hune_3

船は好きだなあ。
でも「乗り船」ではなく「撮り船」だなあ。
コンテナ船。
船体の赤とコンテナの色味が絶妙だった。
それが海に映える。

…ということで、本日は頭を使いすぎたため
綴る力が1㎜くらいしか残っていない。

昨日のライブのこととか
今のあれこれとか
言いたいことはあれど
また明日。

おやすみなさい。

| | コメント (3)

2011年1月11日 (火)

原稿上がらず、我泣きぬれて…。

一向に原稿は進まず、我泣きぬれて猫と戯る。

どーしてこうも遅筆なのか?
気分が乗らないと全然進まない。
ブログには割に自由にさくさくかけるのに。

そう、自由に書けないのだ。
情報を正確に伝えねばならぬゆえ
名称などもあれこれ調べ、地名も正確に…
あれ?年号はどうだっけ?…


だぁーーーーーーーっっっ!!!!


という具合です。

執拗に絡まれる猫も迷惑です。

Photo

壇ノ浦合戦のことをネットで調べていたら
数名の熱心な歴女様のサイトを拝見する機会を得ました。
義経さまや清盛さま、宗盛さまなどなどへの熱き想いに触れるにつけ
「好き」のもつパワーはすごいなあと感心することしきり。
いやしかし人のことは言えんなあ、てへっ☆と
陸奥A子先生ばりの おちゃっぴーぶりを見せるワタクシ。。。

古戦場跡に建てられた銅像はいずれも劣らぬ美男。
しかし、彼らの肖像画を見るとどれもしもぶくれの瓜実顔。
それがハンサムと言われた時代。
ハンサムって…今はイケメンというのだよな。

ハンサム万歳!!

って何の話だ?
もう今日は寝ます。
明日、水族館とタワーの下りを書いて、仕上げます。

| | コメント (0)

2011年1月 9日 (日)

ペンギンとハリセンボンとコンペイトウ、そしてゆめタワー

CMでオグリくんが美味しそうに食べているお鍋。
白菜と豚バラの鍋。
今夜はこれに決定。

だしとお醤油(酒、塩も少々)
仕上げに白髪ねぎと千切りのしょうが。
以上。

うまーーい。
閉じましたよ、眼が。
鍋はシンプルが一番だにゃ。
明日のお昼はこれで雑炊しよう。

ここに綴る暇があれば
原稿仕上げろよって自分につっ込む。


Photo_9

関門の「関」の方の観光。
市場でごはんごはん♪と思ったけど
時間が遅かったせいで、ほとんど閉まってた。残念。
次回は早い時間に、そして暖かくなってから。
(市場なので吹きっさらし、おまけに海風ひゅぅぅぅ~)

でもせっかくなので、寿司や他のものが回るところに行く。
しかし、口ほどでも無く4皿でおなかいっぱい。

こちらのメインは水族館とタワー。
タワータワー夢タワー♪

ここの売りはペンギン村。
ペンギンの気持ちになれる水族館。

で、なってみましたペンギンの気持ち。

Photo_10

家族連れ、子どもたちが着替える中
大人二人…。
可愛らしい子ペンギンが写真を撮る中
悪い顔した大人たちが撮影会。

ペンギンの気持ち…
痛々しい…というのがまるわかりの多くの視線を受けながら
はしゃいでみたりする私たち。

だんだん、いろんなことがマヒしてきましたよ。
何だってやれる、俺。
みたいな感じになってきましたよ(笑)

水族館で好きだった子たち
Photo_11 Photo_12 Photo_13

特にこの3枚目の子。
ぬぁぁぁぁぁーーーっ!!
かわゆす。
「コンペイトウ」と言うらしい。
北の海に棲むというこのウオ。
もう、可愛すぎる。

たとえば、
会社のデスクの上に水槽を置き
この子が目の前にいたなら
もう、私の心はいつもいつもいつも優しくなるでしょう。

「コンペイトウ」グッズが無いかと
ショップ内をくまなく探すも、無い。
水族館の生き物人気ランキングには入っていないのか?
誰かつくってくださーーい。

水中生物は
デザインも生態も妙ちくりんで
どれもこれも興味津々なのである。

Photo_14

健気に生きる生物たちに心癒され
旅はいよいよグランドフィナーレ。
言わずと知れたタワー好きのこの私。
Photo_15
海峡ゆめタワー。
ライトアップされてなんだか着飾ってパーティに行く感じです。
私の好きな鉄塔タイプではなく、ビルタイプ。
都会的な装いです。

展望階からは関門が一望。

楽しかった関門ツアー。
ちょっとナメていたけど。。。
一日たくさん遊んで笑って楽しみました。

というようなレポートをさくっと作らねばな。
(まだ作っとらん)

明日もお休みですが原稿午前中に仕上げて
午後からはロザリオにかかります。

祈りを込めて君がため。




| | コメント (0)

レトロとバナナとロマンティックが止まらない

雨が降っています。
気温が下がっているので夜には雪になるやもしれません。

ロザリオ作りに取りかかりたいのだが、原稿を上げなければ。
HP用のを2本。
好評につき、このままのびのび書き上げたい所存。

で、一昨日の関門ツアー。
福岡支社との合同企画(私の持ち込み)
海底トンネルを歩いて渡り、真中の県境で遭遇。
その後、関門両町を観光するというプラン。

最初からハプニング続出で
マラソンで世界1周している某有名コメディアンの
九州→本土のRUNとちょうど遭遇してしまい
まあ、見物人の多いこと多いこと。
トンネルがこんなに熱いのかとびっくりしましたが
いつもは閑散としているそうです。
お茶の間の人気者、だもんね。

かんぺいさんは少し痛々しい感じがしました。

ざっくり言うと
まあ前回の洞窟探検の流れを受け
トンネル探検的な要素(やらせ、否、演出!!)

Photo_3   
なぜか不必要なヘルメットとスコップ(笑)

フリーターが頑張って家を買うというあのドラマで
きれいな女優さんがヘルメットとスコップを持って
土木作業をされて以来、
すっかりおしゃれアイテムとして認められるようになった現在、
私もちょっとスタイリッシュな感じでポージング。
この違和感の無さ。

この人道トンネル
全天候型のランニングコースとして
地元の皆様に愛されているらしく、
また、買い物や通勤通学の際にも利用されているようです。

まあ言ってみれば生活道。
なわけで、探検的な要素は何もない。
この感じで人道を歩き、撮影とかしたんですが
もちろんその間、たくさんの地元の方々が往来。
ええ。

まずは関門の門の方。
「レトロ」と「バナナ」をごり押し気味のこの町。
Photo_4
寒風にさらされるバナナマン。

レトロな港町に突如としてあらわれるこのバナナマン。
ここはバナナのたたき売り発祥の地らしい。
で、発祥の地の記念碑が建っているところまで行く。

Photo_6
はい、ここがそうです。

この石碑のある道路向かいにスーパー。
バナナはそこでわざわざ購入しました。
えぇ。
やるときはとことんやりますよ。

レトロとバナナ。
もう、これでもかってくらいのごり押しですが
ものすごくテンション高く楽しめました(笑)
たぶん、「ロマンティック」ってのが最大の売り?
けど私の中ではやっぱりバナナ。

お土産物もバナナもの多くて、
そしてかなり笑えます。

Photo_7
建物は、洋館がたくさんあって
作りも興味深いのですが、レストランとかお店になっていて興ざめ。

しかしそのなかでもこの駅舎は別格。
国の重要文化財。
じっくりと見て回るともっと面白いと思われます。
建物好きにはたまらんですよ。


スタートダッシュでやらかしたのが、

西洋の文化が入り混じった場所は
必ずと言っていいほど、教会なんかがありますよね。
レトロ観光地区に降り立って、まず目にしたのが
ここ↓

Photo_8

「あー墓地があるね!!」と叫んだ私に後輩は「?」
なんかスルーされてしまったので
興味が無いのかと思った。
近づいてみると、道路と更地の区切りに建てられた杭。

マジボケ炸裂ですよ。
えぇ、後輩もスルーするはずですよ。
「何いってんのかなあと思って、ちょっと心配になりましたよ」
とのこと。

いやでもこれ、キリシタン墓地に見えますよね。
真中の青い看板が「キリシタン墓地」的な案内板に見えるし。
いや、あの、
私には見えますけど、それが何かっ?!

まあ、このメンバーでは
しっかりもののお姉さんキャラ(マヤミキ)は遠の昔に崩壊してるから。


晩御飯作らんと。
続きはまた。



| | コメント (4)

2011年1月 8日 (土)

ペンギンの気持ち

HPの取材という名目で関門海峡ツアー。
一日、よく笑いよく遊びました。
ほぼ、ふざけていた一日でした。

Penn_2

詳細はまた。

| | コメント (0)

2011年1月 5日 (水)

お好み焼きスペシャル

お昼ごはん、親睦会からお年始のお好み焼きがふるまわれた(出前)。
お金が余っているらしく、全員スペシャル!!
エビ、イカ、イカ天入り。
私はいつもうどん入り。
そしてここのお好み焼きが一番好き。

ありがとう、親睦会。
これでビールでもあれば最高だったよ(仕事中だから)。



110105_134702
今日は代官山の古着屋で買ったワンピース。
トイレから失礼します…。

これ、12月の初めに購入したんですが
本日着て見ると、ん?こんなに余裕無かったか?
ファスナー上がるし、両腕も上がるんだけど
いやでもちょっときついぞ。。。

ここ数日、心の中で打ち消していた疑念が白日のもとに。
12月、思えば自分を甘やかしました。
繁忙極めるんじゃないかと、机の引き出しには非常食。
甘いものに甘える機会も多く
そして正月。
因果関係がっつり成り立つわけだ。
残念です。

まあ、それは良いとして(いや良くないが)
今日の失敗は靴。
これにはストラップシューズとかだろう、やっぱ。
ブーツを合せてしまった。
残念です。

なんだかんだ忙しくなってきましたよ。
明日から新システム稼働。
打ち合わせやら業務の流れをつくらないといけんです。



| | コメント (0)

2011年1月 4日 (火)

ヱソラゴト

テレビは観ない方が良いな。
特にバラエティは。

あそこで語られていることが常識なのであれば
この世の中に信じられることなんてないじゃないか。
それはテレビの中の常識なのか
いわゆるギョーカイの常識なのか
東京ではみんなそうなのか
私が知らないだけで、世の中では平気でそんなことがあるのか?

泣きたくなりますね。
それが真実なのであれば。

テレビでごく当たり前に語られている言葉が
私には理解できない。
あそこも、人と人で作られている世界のはずなのに
真空状態なのか。
やはり別世界なのかなあ。
だから私には理解できない言語なのでしょーか。

もしかしたら私一人
そこんところの常識が欠落してるのか。

違うと信じたいなあ。
だって人と人、なんだもの。

ふふふ。その心は。
誰かに、
テレビなんて嘘っぱちあそこで語られてるのは絵空事
って言ってもらいたいんだろうね、弱いなー、弱いよ私。

Midori


というわけで
今日はバーゲンに行ってみました。
前から欲しかったH.A.Kの水玉カーディガンを買いましたとさ。
あと、水玉のジャケットも欲しかったけど
(カーキに黒の大き目水玉、やや草間やよい系?)
もう気持ちは春(早っっ!!)で
明るいきれいな色のものが欲しいので我慢。

冬の暗めカラーの中から明るい色を探すのだけど、
やっぱ今一つトーンが冴えない。
金平糖みたいなウキウキするのや
おいりみたいなふわふわするのが欲しい。


洋服を例えるのにいずれも食べものって…。
しかも和のお菓子だよな。
ジェリービーンズやマシュマロだとちょっと違うんだよなー。
イメージ的にはひな祭り、ですかね。

Midori_2 

早く菫が咲くころにならんかね。
桃が咲くころにならんかね。
そして桜のころ。

ただ春を待つのは哀しくも楽しく
強がりでワガママなあなたにも届いたなら


| | コメント (0)

2011年、仕事適量「好き」重視

暇。
(国民の皆様、スミマセン…。)

午前中起案書を二本作成し
午後からは社HP掲載記事の企画を詰める。

あとは、コピー損じの裏に絵を描く。
ボールペンで下書きなしで、ぐちゃぐちゃと線を引く。
って、学生みたいですね・笑
思えば保育園の時から絵を描いていた。
小中高大学ずっと、教科書もノートも机も落書きだらけ。

今でもやっぱり美大にはものすごい憧れがある。
だって、
月光荘の12号のキャンバスバッグを肩にかけて歩きたいじゃないかー。
ちょっと左側に傾きながら肩からずり落ちるのを直しながら
歩きたいじゃないかーーー。
そんないかにもな美大生を見かけるたびに
軽い嫉妬心と強い憧憬とコンプレックスと入り混じるのである。

Photo


絵は描かなくなると途端に描けなくなる。
9ピンも曲げなくなると上手く曲げられなくなる。
棒針もかぎ針も動かさなくなるとすいすい動かなくなる。
ウクレレも弾かなければ音が紡げない。

手は動かさないと錆びてしまうなあ。
創作という意欲も感覚も放置しておいたらどんどん減退していく。

いろんなところで
”あれ、こんなはずじゃないんだけど?”の連続。
でもこんなはずなんだよな、全部錆びてるから。
こんなはずなんですよ、減退してるから。

いつか叶うだろうか、
私の実現できなかった妄想喫茶。
言葉を紡ぎ物語を描き
絵を描くように表情を作り
針を動かす。
そこに、音楽も加われば最高じゃないか!!

やりたい全ての作業がそこにはあるのです。
言葉と手仕事と音楽とのの集大成というか。

これはちょっとゆっくり取り組もう。
一筋縄じゃいかないから。
まずは言葉を紡ごう、そこからだ。


そんな夢が描けるようになった2011年の仕事はじめ。


| | コメント (0)

2011年1月 3日 (月)

そうだ、ライブへ行こう!!

島へ渡る車中、鳴っていたのは
エーケービー→あらし→エーケービー→あらし(弟よ!!笑)
日本にはこんなに平和な音楽があるのだと
車窓の瀬戸内海の島や穏やかな海とリンクして
本当にしみじみと、しみじみと思った。

別にそれらのアーティストについてどうこうではなく
いやあ、穏やかだなあ平和だなあと。
何かものすごくホッとした。

どこかとがってるわけでもなく
どこかいびつなわけでもなく
心がまるいままでいられる
気持ちがまんまでいられる
プロが集まって作られた品質の高い音楽です。
安心して聴ける。


Mugen 

だがしかし
手相にもドM線が出ているわたくし(笑)

切り刻まれようとも粉々にされようとも
傷つき血を流そうとも
あれ、こんなところにトンガリがあったよ?っていう音楽が聴きたいのだ。
ガラスの破片が注いできてもいい。
体ごと、音の中につかりたいのだ。

バランスを失おうとも気分を害そうとも
どこか歪みへこみ穿った音楽が聴きたいのだ。
そこに足を取られてあれ?どうしたんだ、あれ?
ここに居るしかないじゃん?みたいになろうとも。

むき出しの音楽を
直接心臓や脳に届けたい。

鳴らしたい音を鳴らして、声に出したい言葉を音に乗せて。
上手くなくてもつたなくても不器用でもなんでもいいからさあ。
ざわざわしたりひりひりしたり、
でもそこになんだろう、真実を見た気になっていたいんだよね。
なにかしら、信じていたいんだよね。

んなこと理屈っぽく言っても
大好きな音楽、要はそれだけなんだな。
最高に心地よく気分よく私が居られるのがそこなんだよな、という。

そういうことです。

ずっとそんな音楽の中にいたいなあ。
頼むよ~ゴーイングーーー。

なんてことを語ってしまっているのは
久しぶりにアンディの映像を観ているからでしょう。
封印していたわけではなく、
あれこれやっていたから観る暇が無かったのね。


。。。やっぱり泣けるほどかっこよくて、
今までの人生で見てきた中で
一番セクシーでクールでかっこいいバンドマンだと思うわけさ。



今年は新生アンディのライブにも行きたいと思います。
先行抽選申し込んでいるけど、どーだろー?
ゴーイングのツアーチケも発券。
関東シリーズは整理番号惨敗でございます。
西日本シリーズは別ルートで取りますよ。
ここで、引きの強さを取り戻そう。やるよやるよ。
と、スピッツ!!これもすでに確保しておりますがな。

で、2011年私のライブ初めはソカベ君@横川シネマ。
サニーデイもまた観たいし今年はソカバンも行きたいなあ。
プレンティもツアー決まってるし、バンプもあるかな?

ライブ!ライブ!!ライブ!!!
今年もライブに行きますよ。
そして、一番、心の底から一番観たいと思っている人のライブ。
観れると信じて疑わないのだ。
鳴らしたい音を思い切り鳴らしてくれることを
声に出したい言葉を音に乗せて唄ってくれることを
心から望んでいるのだ。
そしてそれは、叶わないわけがない!!!
それでいいのだ。


本日も9ピンを曲げ続けました、ははは。
上手くなってきたぞ。

| | コメント (0)

2011年1月 2日 (日)

2011年、手仕事はじめました。

明けて2日目。
のんびりとお正月を過ごしております。
年末に弾丸で島へ渡り墓参り仏壇参りを済ませ
落ち着いた気持ちで早速、
ロザリオ作りに取り掛かり、そして先ほど完成。

Ca3f0422

久しぶりにヤットコを使った。
強度を考え9ピンも太いのを使ったため
曲げるのに一苦労、右示指が熱を持って痛い。
最初は勝手がわからず、けど途中から勘が戻ってきましたよ。

クロスはオランダのアンティーク。
センターメダイもアンティークの物を使用。
数珠はマザーオブパールとクリスタル。
正式なロザリオ製作方法に基づいてます。

リハビリ第1段、まだまだ不出来なのでもっと頑張らねば。


ロザリオは「聖品」なので取り組む時はピシッとしますね、不思議と。
イヤホンで好きな音楽聴きながら集中して、は良いようです。
しかし、単なる偶然かもしれないけど
昨夜テレビつけっぱなしでちょいちょい気を取られながら
ビーズにピンを通し曲げる作業をしていたら

ことごとくビーズが割れるのです。
しかも真中から二つに。

いやいやいや、
宗教心もスピリチュアルなものも
持ち合わせているわけじゃないけど
それよりも、純粋に祈る気持ちだったり
自然とか周囲の人たちに感謝する想いだったり
誰かを強く想う心でも良いとおもうのですが、
要は、そんなようなことがものすごく大切だと思いました。

ロザリオは祈るためのもの、つまりは数珠みたいなものなので
作っていても、その物の方が嫌うというか
その工程を良しとしないというか
そういうことってあるんだなと。

私の心根が醜いままだとダメだなあ。
濁ったものが出来てしまう。
美しいロザリオが作れる日が来るのか?!
いや、精進いたします。
精進したからと言って、これもおそらく自己満足。
自分で納得のいくものができることが私にとっては重要。

で、これって物を作ること全てに言えるんだなあ。
「作る」なんで大上段に構えて偉そうに言ってるけど
本当はこちら側が試されているのかもしれない。

で、これって私の様々な考えの根源に触れてくるのかも。
って、面倒なはなしになりそうなのでこの辺で。

2011年、手仕事はじめました。
色々やりたいことはたくさん。
少しずつ形にしていきます。
まあただ、残念なことに天才ではないので平均点?
そんな感じのものしか生み出せない。。。
狂気とか身を震わせるような常軌を逸した歓喜とか
そんなものは表現できんのですよ。
芸術は爆発せず。。。

しかし私の中のミクロ世界では
小爆発が断続的に起きているはずなのです。ええ。



| | コメント (0)

« 2010年12月 | トップページ | 2011年2月 »