« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »

2011年2月

2011年2月27日 (日)

ふらんすへ行きたしと思へども

昨日は群馬県へ行きました。
主たる目的は言わずもがな、ゴーイングライブ@高崎。
そして、高崎ライブへの背中を押した形となったのが群馬県前橋市。
死ぬまでに一度訪れたかった地。

それは萩原朔太郎生誕の地です。

朝早く旅立つはずが、前夜終電近くまでの飲み会。
ああ、ぐだぐだの朝…。
朝食のみそ汁を駆けつけ2杯。

東京出張恒例の飲み会。
最近すこーし様子が変わって面白い。
今まで参加してなかった人が参加したりして
どうやら遠慮してたりだったとか。

金曜日は代々木体育館で会議だったため
飲み会は原宿。
久しぶりに、何年振りかに竹下通りを歩いた。
竹下通りは相変わらずの顔。
クレープとアイドルと雑多な店。

っと、そんな話じゃなく。

渋谷から列車に乗って2時間の旅。
群馬県高崎市着。
そこから乗り換えて最寄り駅の群馬総社で下車。
敷島公園の中にある萩原朔太郎記念館。
そのあと前橋文学館と生家あと地へ行く計画。
すでに1時を回っていたが、なあに大丈夫だろう。

大丈夫だろう…。
大丈夫、だよね?

歩き続けること15分。
まだ案内板も出ていない。

ううん?
最寄り駅への不信感を抱き始めたのは歩き始めて30分。
利根川に出るはずなんだけど、
出るはずなんですけどーーーー?

すでに歩き始めて50分。
やっと利根川に架かる橋に出る。
Ca3f0471

川の流れの向こうに赤城山。
感動である。
朔太郎が生まれ育ったこの町の
見ていたであろうこの風景。

この風景の中で朔太郎の言葉は育ち、熟成されていったのかと思うと
この場に立っていられることにうれしさがこみ上げる。
ゴーイングありがとう!!
感謝せずにはいられない。

橋を渡ったらすぐ、のはず。
最寄駅から1時間…。ふっ。
決して迷ったわけじゃありませんよ、念のため。
敗因は、、地図での距離感が全くつかめんかった。

やっと敷島公園の入り口。この時すでに2時過ぎ。
公園の案内板を見る。
…。
一番端っこやないかーーーーい!!!
そしてこの公園、かなりの敷地面積と見た。
いくつもの競技場の横を通り公園内を探す。

探す。。。
無い(;д;)
無いよ無いよ無いよーー。
と、足は痛いし時間は無いし半泣き状態。
その時、
ありましたー。

Ca3f04830002

公園の一番端っこにちんまりと。
この時すでに3時前。
もう高崎に向かわなきゃいけない時間。
でもでもでも。でもーっo(;△;)o
後生ですから、しばしの猶予を!!

Ca3f0485

滞在時間わずか15分程度。
だけど、この町を2時間かけて歩いたことに大きな意味があると思う。
見知らぬ土地、
けど、ずっと読んできた詩人の息づいていた町。
それを存分に感じることができた。

文学館も生家跡地ももう行く時間は無い。

それでも前橋に行って良かった。

で、
もう歩けないし時間が無いし公園の入り口までが遠いしぶつぶつぶつ…。
タクる。

ああ、朝のぐだぐだがここへきて大きな影響。
親切な運転手さんに一番便数の多い最寄駅まで乗せていってもらう。
っても20分くらいかかったよ?

総評。
群馬県の最寄り駅をなめてはいけない。


Ca3f0476

ふらんすへ行きたしと思えど
ふらんすはあまりに遠し
せめては新しき背広をきて
きままなる旅にいでてみん

           萩原朔太郎「旅情」






| | コメント (2)

気分は上々、シェルブール

温かいですね。
ちょっと曇ってきたけど、
窓から紅梅のいい匂いがするので開け放っています。

ただいま。
朝の便で帰ってきました。
洗濯を終え、コーヒータイム。
奮発して買った千疋屋のいちごロールケーキ。
あまりのおいしさに、意地汚く一本食いしそうになったけどいかんいかん。

木曜日の午後から、またしてもパタパタした東京デイズ。
まったく私は元気だなあと、自分のことながら感心。

Ca3f0488
はい、これ。
今回の渾身の一枚。
60年代のアメリカビンテージの良さがすべて詰まったミニドレス。
美しすぎます。
一目ぼれです。
私のためにある一枚と言っても過言ではないでしょう。

いやしかし高かったですよ…。

春ものを求め下北~代官山の木曜日。
これは代官山S。
間は空いたけれど10年来のお付き合い。
そしてこちらは、
ご自分を良く分かっているおしゃれ上級者のお姉さま方
しかも一筋縄ではいかなそうな、癖のある素敵なお姉さま方が
いつもいらしていて、まあ、ここでも私はまだまだひよっこ。
学ばせていただくことが多いのです。

置いてあるものはバラエティに富んでいて
私が大好きなこの路線からスポーツ、カジュアル、軍もの、フォーマル
それぞれの一番上質なものが揃うかんじでしょうか。

6時過ぎにお店について
気が付けば10時…何時間居るんじゃ?!

ありとあらゆるものを試着させていただきました。
リアル着せ替え人形。それも自らが!!!
ああ、これはドヌーブみたい…
そう思いながら着た発色の美しい何着かのミニドレス。
試着室から出るたびに
「ああ、素敵ねえシェルブールのドヌーブみたいよねえ」とお姉さま方。
いやーーーーっ、最高の褒め言葉です。
うれしいです!!

ちょっとお色気の胸元のがんっと空いたドレスは
「バルドーだわねえ」とおっしゃっていただいて!!
きゃああ!!もうほんと分かってらっしゃる。

なんでもないTシャツに大きな花柄のマキシスカート。
「あら、それは休日のバルドーね。さらっと着てそうじゃない?」とお姉さま方。
ほんともう、ありがとうございます。
気分上々、涙出るほどうれしいっす。

どれもこれも美しい60年代のヴィンテージドレス。
ミニ丈からマキシ丈までたくさん着せ替えさせていただきました。
デザインも柄も、この時代のものは大好きだけあって
服に負けてない(自分で言うなよーー・笑)
ほんと似合う(自分で言うなって・笑)

上質なドレスを着ると女として最高の気分になれます。
テンションあがりまくりでした。

その中でもものすごく素敵な白いドレス。
生地は張り感のあるウール。
カシュクールタイプのミニで
胸元がモンローばりに深く開いて
襟ぐりから前だてにかけて金モール。
深いVのところに大きなりぼん。

いやあ、これはね。
これを着た時は女で良かったと。
ものすごく幸せになれました。

コレクションとして欲しい欲しい欲しいとおもっていたがしかし、
「着る機会ないからこれは勧めないわ」と冷静な一言。
いやはやさすが。

毎日パーティを開いているようなセレブになりたいもんだわ。
そうしたら着れるでしょうに。
今季も始まりました、toto BIG。
買って当てよう6億円!!

ですな。

昨日歩き回ったせいで
股関節やらあちこちに痛みが…。
老人ですよ。

そんなこんなはまたあとで。
ちょいと休みます。

| | コメント (0)

2011年2月24日 (木)

東京上空、海と空の境界。

午前中仕事、からの東京。
羽田上空、今日は雲がかかっていて
海と空の境界が全くわからない。

機体が斜めになった時、海空がひっくり返った。
たくさんの船影が、空を行き交っているようで
まるでワンピの世界。

いやあ、いいもん見た。

しかし、空からみる町はゴミ集積場のようだった。
灰色の空の下だからなのかな。


今日は移動日。
午前中までに2月の業務全て終了させて、
疲れがどーん。

このまま宿で寝ようかね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年2月21日 (月)

あの、音楽の鳴っている空間に居たい

私はライブが好きだ。
心底好きなんだと思う。

たとえばユーストで配信されたものとか
DVDに録画されたものとか
テレビ放映とか

そんなことはどっちでもいい、って感じ。
つまり、見ても見なくてもどっちでもいいってことです。
DVDはまあ、作品として見ますがね。
ライブとして見ているわけではないのです。

中継を画面の前で見ているのが苛立つというか悶々とするというか
画面で見られることの嬉しさよりも
なんでライブ会場じゃなくてここにいるんだ、という腹立たしさと
あと、ライブでもないのに画面の前に拘束されるというめんどくささ(笑)

というわけで、もうユーストは見ない。
ユースト見るんだったら現場に行く!!宣言をして、
で、土曜日のユーストもだから見てない。

【ユースト=Ustream(ユーストリーム)とは動画共有サービスである】

土曜日の横浜はどうにも気力もなく金もなく、欠席届けでしたが
今週末の高崎にはもろもろ整えて参加します。
高崎、群馬ですよ。
人生初群馬。

そして群馬には私のご尊敬申し上げる
萩原朔太郎さまご生誕の地、前橋があります。
行かないわけにはいきません。
土曜日は早起きして(できるのか不安)
群馬に向かいますよ、ええ、たぶん。

ライブはあの場に行かなきゃ。
泣けるほどいいライブでも糞みたいなライブでも
あの空間に居てこそ。
あの空間に居たいと思う。

私はライブが好きだ。
本当のライブが好きだ。
好きなアーティストを見たいんじゃなくて
あの音楽の鳴っている空間に居たいのだ。

Photo_3 

| | コメント (2)

有楽町で逢いましょう

ご無沙汰です。
またしても…。


Photo

家に帰ってからパソを開く気力が無く。
1名減での業務。
まあ仕事は個々の能力が高い優秀なスタッフ揃いですので(笑)
なんとでもこなしていけるのですが、
精神的な負荷がかなり大きく、みんな参ってしまっていた一週間。
いつまで頑張ればいいかもわからないまま、日々消化して行く感じ。

とりあえず今月分は先が見えてきました。
やれやれ…。

昨日はミスド de デート。
どうやら私たちは今年に入って初めて会ったらしい。
ミスド、寒かったよね。
いつもあの店は寒いよね。

ミスドから帰って興が乗ったので(笑)
ロザリオ職人修行道。

110220_224702

変わり映えしない画像(笑)
まあ、基本同じものなので…。
昨日はオパールをつなぎました。
画像では分かりにくいのですが
オパール自体が水彩絵の具のような美しいグラデーション。
春先にふさわしい色合いです。

石自体が大きめなので、クロスも大きめ。
イタリアヴィンテージで、4つの先端に薔薇があしらわれたもの。

センターメダイは逆さマリアしかも不思議のメダイ。
シルバーのメダイはこれまたイタリアもの。
二月初めの大江戸骨董市で購入したものです。

この大江戸骨董市。
月に二回の開催で、ずっと行きたいと思っていたものの
タイミングが合わず、やっと行くことができました。
場所は有楽町。
有楽町と言えばあれですよ、フランク永井。
あなたと私の合言葉「有楽町で逢いましょう」
父がよく唄ってます。
そんなムード歌謡の聖地。大都会の真ん中で、大江戸骨董市。



で、

めちゃめちゃ楽しー。
我を忘れますよ。
和物洋物なんでもござれ。
老若男女が思い思いにそぞろ歩きながら
気にいったものをぶらり見て行く素敵なイベント。
出店数もかなり多いです。

私の目的は、いつもインターネット販売を利用させていただいている
聖品やアンティークの紙ものなど扱うお店。
そしてこのお店はずっと以前代官山で古着屋さんをやっておられたのです。

時間が無い中での骨董市巡り(千葉からの骨董市、後、水戸へ)
それでも300円均一のガラクタ箱から救済を求める強い気が…
案の定、やさぐれ世間から見捨てられたみやげもの大量。

箱の前に座り込み、何かに取りつかれるように
気が付いたらこけしやなんかわからんみやげものの
すすけた顔を指でぬぐいながら、きれいに順番に並べていた。

おそろしやーー。
波動があってしまったんだわきっと。

いかんいかん、正気に戻らねば!!
強くかぶりをふって結局買わずに店を後にする。
立ち去った後には、並べられたこけし達…。

いや、ほんとうに気持ちをしっかりもっていないと
やさぐれ古物たちの波動にやられます。
連れて帰ってオーラが半端ないです。
連れて帰って正気に戻ったら、ゴミが増えたね…って
おそらくそう思うこと間違いなし。

あまりに夢中になりすぎ
あまりに寒すぎ
あまりに時間が無さ過ぎ
写真1枚も取れなかったけど、
予言。
また行くでしょう。
予言2。
やさぐれものが増えるでしょう。
なので、お金が無い時に行くに限ります。

山陰の魔女様たちと
ご一緒できればすごく楽しいと思われます。








| | コメント (4)

2011年2月14日 (月)

ベビースターラーメン

こたつの上にベビースターラーメンの小袋。

ごはんのかわりにポリポリ食べていたら

欲しいにゃ

と、しっぽちゃん。

食いしん坊が帰ってきたぞ。万歳。

鼻のところに持って行ったら
ポリポリ。

その後ドライフードも少し食べたので
もう大丈夫。

動物の食欲は生きる力だ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

しっぽちゃん

しっぽちゃんが昨日から体調悪く
嘔吐下痢。
拾い食いでもしたのか?
拾い食いだったらいいけど。
病気だったら。

食欲が無いしっぽちゃん。
だから私も食欲が無い。

元気が無いから私もしょぼん。


しっぽちゃんが元気じゃないと
なんも面白くないのだ。
なんも楽しくないのだ。
音楽とかもどうでもいいのだ。

早く元気になって
食欲が出るといいなあ。

| | コメント (0)

2011年2月13日 (日)

路地を抜ければ隅田川

向島百花園、という小さな植物園が東京にあります。

私はここを何度か訪れているんだけど
百花園、というだけあって
小さな雑草のような植物にまで細やかな心が配られている園。
ここへ行くと私なんぞはまだまだひよっこで
カメラを片手にのんびりと談笑しているのは
人生の大先輩方ばかり。
そんな様子も風景に溶け込むホッとする場所です。

梅にはまだちょっと早かったけど
月曜日はだいたい美術館博物館などは休館日。
ここだけは開いていたので。

その前の3日間のハードなライブ空間とはま逆の空間。
ときどき耳に入ってくる老夫婦やお友達連れの会話を
聞くともなしに聞きながら、笑顔になれる。

下町のご隠居三人衆、って感じの粋なスタイルの紳士や
散歩がてら立ち寄ったご婦人。

園内は清潔で管理が行き届いていて1時間くらいぼーっと。
押上の次の駅なので、スカイツリーもごく近く。
近辺は、映画に出てくるような路地や家並。
昔ながらの商店も点在し、のんびり散歩するにはいい町です。

急いでないんですよね、町自体が。
私は何をするにもつい、急いでしまいがちで
次はあれ、次はこれ、って
なんか先のことを予測して行動する癖がついてしまって、
つねに段取りを考えている感じ。

だから時にはこんな
ちょっと知ってるけど、でも私の町じゃない場所ってすごく安らぐ。
気取らなくてもいいし、作らなくてもいいし
普通に町になじむように。

東京に行ってなかなかこんな時間の過ごし方はできないかもしれないけど
機会があればぜひ訪れてみてください。
たぶん、東京在住の他の地域の人もあまり行かないのかも。


柴又帝釈天まで足を延ばしたかったけど
激疲れゆえ断念。
また機会があれば行きたいと思ってます。

Photo




だらだらと3日が過ぎてしまった。
明日から繁忙期に入るので、英気を養ったということにしよう。
社員が一人、精神疾患で病欠。
もちろん補充は無く、残った者で分割しなくてはならない。
二次災害が出ないよう、それだけを気遣わなくては。

| | コメント (0)

洗濯物が乾きません。

110212_124902
しょうがとたけのこの和ミートソース。
昨夜から、夜はカレー昼はこれ。
作りすぎるのだろう。
今日の夜もカレーです、この調子だと。
カレーうどんにしよう。

こんなにのんびりした連休はひさしぶり。
昨日は相方が帰郷する予定だったのに
雪のため中止。

話したいことがたくさんあるような
でもどれも話さなくてもいいような
まあ、会うことが必要なんだよなって
そんな感じだったけど
夜になって、
ものすごく会って話したいことがあるような気になった。

どんなことがあっても私は、自分で考えて自分で決める。
それが正しくても間違っていても
自分で出した答えだから、しょうがないと思う。
でも、聞いてほしいと思うことがある。
それは相談ではなくて、私ではない他の人に
記憶、もしくはその人の記憶回路に記録しておいてほしいと思うから。
主観の入らない部分での記録。

それは、
10年つきあってやっと私のことが理解できたという彼女だからできることだと思う。
そこに嘘はないんだよね。
ここ2年くらいが山だったと思う。
そこを越えられるかどうか、
言うほどお互い簡単じゃなかったと思う。
わかりあってます、なんてキレイ事でもなかったし。
そこをでも、投げ出さないでもういいやにしないで、
で、ここにいる。
これも言うほど簡単じゃなかった。

むしろ見捨てないでくれてありがとう、そんな感じです(笑)


って、そんなこと言うつもりじゃなかったよ。


本を読んだり音楽を聴いたり
ほとんどの時間、猫が膝の上。
何かをやるという気力が全くなくて、まあそんなこともあるさ。

ロザリオのつなぎ金具の強度について研究中。
ワイヤーで処理していくしかないのかなあ。
それだとものすごい時間がかかるし。

洗濯物、取りこまなければ。
乾いていないのでそのまま部屋干し。

またあとで。







| | コメント (0)

2011年2月11日 (金)

それは先週の土曜日のこと

110211_164604 110211_164701
表裏。
なんか思ってたのと違ったけどまあいいや。
小さくまとまっちゃうんだよなー。
こう、はみ出すくらいの勢いが欲しい。
けど、こんなもんすね。
なんだかんだ普通。

ユースト終了。
ものすごく疲れた。
実際にライブに行くよりも。
本日も「ソウ軍団&殿」MC…。
サヨナラ、ソウ軍団。
私たちの元を離れ独り歩きだね…って
それもこれも私が酔っぱらってつぶやいたからだ。
調子に乗ってました、ごめん。

土曜日の千葉LOOKから、もう1週間経ったのですね。
それは先週の土曜日のこと。
昼前に宿を出て、代官山に向かう。
ここ最近、上京するたびに寄らせていただいているアンティークショップ。
どれもこれもなにもかもが素敵なものばかり。
今回はある方のお誕生日近し、ということで
代官山、下北沢の間違いないお店2か所。

うん、やはり間違いなかった。
古いものは出会った時がお買い時だから
ちょっと頑張って買っとかないと。

110211_122801

これは自分用に買ったもの。
小さく可愛い。
300円。
値段も可愛い。

こうきゅうからお手頃まで、幅広い@代官山C
もうひとつ。

110211_123102_2

石鹸箱の大きさの箱の中に
小さい箱が4個。
優しいカーネーションのかおりがほんのり。
これは900円くらいだったかな?

代官山Cはお仲間さんたちと是非訪れたいお店。
それから下北も。


その後、千葉へ向かう。
以前ソカバンで訪れた千葉LOOK。
そこからゴーイングのツアーが始まりました。
そして私の2011年も始まりました。

いよいよ。


| | コメント (3)

本日も曇天なり。

今朝、私の鼻の穴に猫の耳が入っとった。
最近、顔にくっついて猫眠る。
息苦しく夢見が悪い時がある。
しっぽちゃんにとって私は、
飼い主という主従関係にあらず、
奴から見たら大きい猫なんだろうと思う。

Photo

予報とは違って、雪は全然降りません、わが町。
寒々とした空が広がっています。
昨夜は全身が痛くて痛み止めを飲んで早々に就寝。
今朝は痛みゆえの吐き気も無くなったので
朝から大洗濯。けど天気悪いから乾かないだろー。

家で細々作業をしようと思います。
晩御飯の支度を早めにすませ
18時からユーストでゴーイング宇都宮ライブを見なくっちゃ。
今日のセルフトレビュート「ホーム」
楽しみだにゃあ。

ライブのスケジュール、あれこれ入って
チケットの先行もあれこれ
仕事のスケジュールも(仕事最後かよ・笑)あれこれ
頭の中だけでスケジューリングが無理になってきましたよ。
というか、できていたのが奇跡だ。

で、
110211_133502
墓石かぬりかべのようなこれ、スケジュール帳。

仕方が無いので購入しました。
A5サイズ月間スケジュール+メモ
余計なもの一切なし、理想的な薄さとサイズ。
現物のラメ度はかなりのもの。

…主流はあれですね、厚い。
月間週間メモ帳など全て網羅したもの。
どうやって使いきるんだろう?

派手にアレンジ加えることを想定し、これに。
(コラージュ、なんてすかしたものではありませんよ。)

そうそう、コラージュというか芸術作品の
清川あさみさんとエーケービーの
51ksotlcqdl__sl500_aa300_
この本を、買おうかどうしようかずっと迷っておりましたが
やはり中身が非常に素敵で
エーケービーモノと言うより清川さんの作品として購入。
でもこれを見て秋元さんの底力を見せられた思いがしました。

さて、スケジュール帳のカスタム。
それからロザリオ作りだな。







| | コメント (0)

2011年2月10日 (木)

ハッピーが降り注いだ夜@新代田

何故か薄着の今日、夕方から雨若しくは雪らしいのに。
おまけに革のライダース。
温かみ一切なしの装い。

首肩背中腰に鉛注入されたみたいに重く痛い。
吐き気すらするのはこれは、疲れ&周期。
おとぎ話ライブでは有馬くんが「ラブ注入」をやってくれた。
彼のチャーミングさもあって、もんすごいはまってたなあ。

日本で今、一番笑顔になれるロックバンド「おとぎ話」。
新代田がどうやらツアーファイナルだったらしく、
通りでチケットなかなか取れなかったわけだ。
なんだかんだ、おとぎ話のライブも数回行っているなあ。

有馬くんはファニーでチャーミング。
そして歌声は素晴らしく空間に響き渡る。
癖になっちゃうよ~、ほんと癖になる。
そしてめちゃめちゃハッピーになれる。

まあ、いいライブだったのよ。
ほんとうに。

で、フロアの感じはおとぎ話が一番好き。
サニーデイとか、ソカベくんがソロになりたての頃の雰囲気。
自由なんだよなー。
服装も楽しみ方もそれぞれのスタイルで。
男の子も女の子もみんなすごく可愛い。
見ていて楽しいしハッピーになれる。
みんなめっちゃにこにこしているし。

個々が際立っていて、本当に素敵。
眼に入るものは可愛くてきれいで楽しくなれるものの方が断然好き。

最近ね、Tシャツとタオルでもそれはそれで良いと思う。
(私は絶対しないけど)
でもさ、自分なりのお洒落をしてきている人に対して批判的なことを
開演前とかにまくしたててるのはどうかと思う。

ライブスタイルの正解なんてどこにもないんだからさあ。
あ、愚痴になっちゃう。

おとぎ話アンコールでマエケンさん登場。
アンディと対バンだったからまさかゲストはでないだろうという思い込み。
だからテンション上がりました。
マエケンさん歴は極短いけど
その衝撃度は近年にないものだったので
「ファックミー」が再びライブで聴けたことは本当に嬉しかった。

終演後ビール一気飲み。
酔いがまわりつつ、会場を出ようとすると目の前に頼りがいのある背中。
「ソウ君」
呼びかけてしまった。

「明日千葉に行きます、楽しみです」
みたいなことを口走ったんだろうと思う。
それに対して何か言葉を頂いたが、忘れた(笑)

良い夜でしたねー。
あんまり楽しいライブだったんで、翌日のワンマンが心配になったほど。

翌日の千葉ルックに続く。
その前に古着古物ツアーだ。








| | コメント (0)

2011年2月 9日 (水)

はじまりのおわりの話@新代田

疲れが体のあちこちに吹き溜まっているようです。

職場で色々あり、1名減のまま業務をこなすことになっています。
繁忙期に突入するので踏ん張りどころであります。
とは言え、まだ余裕があるので今月もまたeラーニング。
情報に関する法律のお勉強なう、でございます。

◇◆◇◆

ざっくり概要お伝えしたとおり、無謀な休日。
しかしやはりこうでなくちゃいけません、苔桃は。
ライブとかもういいわ、って言うようになっちゃあおしまい。
ボケが進行するやもしれません。
一気に老けこむ可能性大です。

前年末に愛と笑いの夜で座りのライブ。
今年初めにソカさん×マケケンさんで座りのライブ。
もう私、座りでいいわ。スタンディングとかもういいわ。
卒業だわ。

なんて思っていましたが。
いやいやまだまだ行けそうな気がする。

んなわけでライブ3デイズ初日。
新代田フィーバーにてのアンディ×おとぎ話+マエケン。
黄金タッグです。
あのラストライブから新体制になって初のアンディ。
いったい私はどうなってしまうのか(笑)
幻を見て号泣するんじゃないか?

と思っていましたが
全く別のバンドになっていました。
バンド名も演る楽曲も同じなんだけどね。
ドラムが違うだけでこうも別バンドなんだと思うほど。
音もアレンジも空気感も全く違う。

なので、ステージ上に幻見るとかも全くなく
いや、1984でちょっとううっ、ってなったけど
それ以外は新しいバンドを楽しく見てる感じでした。

音は、
とんがった部分とかへこんだ部分とか
いい意味での歪さがすこし均されたかな。
私的にはちょっと物足りない。
もっと来いもっと来い~って思う。
まあ、ね(笑)。

「これからもっと良くなるから」とマネD氏談。
アイドルバンド的な扱いだけにはならぬようお願いしますよ~。
新曲何曲かやって、すごく良かったです。
アルバム、期待してます!!
楽園ツアーも楽しみ…。
あ、私の大好きな「楽園」と言う曲。
ものすごくアレンジが変わっていてびっくり。

でもね、それが今のアンディだから。
かといって前の音に卒業?決別?するつもりは無い。
ヒロキくんの叩くドラム、やっぱすごいと思うし、
作品として才能として、聴き続ける。

「ひと区切りついたなー」という思い。
ここが終わりで、そんで始まりだなあと思った。
先週の週報「愛の生まれる時」そんな感じもあった。

もう傷つくこともなくなった時、
恋が愛に変わる瞬間だよなあなんて。

とりあえず一区切り。
けどずっと私は前を向いて歩いている。
歩きながら、あれこれ考えていたんだと思う。
留まってはいないんだよな。
歩きながら考えられるスキルを手に入れてるんだと思う。

そんな感じ。

久しぶりに楽しいライブでした。
私は壮平君の作る音楽が大好きで、アンディモリも大好き。

心の中にわずかなざらつきもざわつきも無く
晴々した気持ちでそう思った。

で、おとぎ話に続く。










| | コメント (0)

2011年2月 8日 (火)

関東巡業、どすこ~い!!

梅は~咲いたか~~♪
桜は~まだかいな~~♪

またしてもご無沙汰でございます。
昨夜、広島に戻ってまいりました。
ついったーでは消息が追えたのですが
そうでない方には、ども元気です。

ライブ、しかもスタンディング3デイズ。

金曜の夜、
新代田(下北あたり)のアンディ×おとぎ話+マエケンから始まり
翌日、下北→代官山のアンティークショップ巡りからの
千葉移動。
伝説の超狭いハコ(ソカバンで怒りの鉄拳の!!)
千葉LOOKでゴーイングツアー初日からの
終演後いつもの千葉チームで飲み会
翌日、寝過ごしてしまい9時出発の予定が11時。
いったん東京にもどり、有楽町にて大江戸骨董市からの
水戸移動。
水戸ライトハウスでゴーイングからの、常磐線で東京がえり。

そして昨日は好天の元、向島百花園。
人生の大先輩達に混じって梅見で甘酒。
流れで柴又に行こうと思ったけど
もうそんな力は残っていなかったのでした。

えぇ、昨夜は晩御飯も食べず
しばらく会わないうちになんだか薄汚れてしまったしっぽちゃんと遊び
すぐに爆睡。

まあ、なんという余裕のない日々でしょう。
優雅さの欠片もありませんでした。
が、生きてるって感じの4日間。

そんなあれこれはまた少しずつ(語るのか?)

あちこちに疲れが出ておりますゆえ
本日ももう、おやすみなさい。

| | コメント (0)

2011年2月 4日 (金)

つけパンとミートソースと月影先生

この1週間私が口にしたもの。
つけパンとミートソース。

しみパンでもなまパンでも無く私はつけパン派。

そして、大鍋いっぱい作ってしまった渾身のミートソース。
今回は納得の出来、
「店レベルに到達したね」とおほめの言葉も頂きましたよ。

好きこそものの上手なれ。
110202_194101

独創的なものでも個性的なものでもないけど
作り続けることは大事だなあと思った。
そのもう一つがロザリオ。
110131_230002

これを作るためにこれまでは練習だった。
やっとできました。
そして既に私の元を離れました。

これも決まりに沿って作るので
独創的なものではないけど、でも、放つ光があるんだよね。
と思うのはかなり自画自賛(笑)だ。
決まりからはみ出さない美しさとか、願いや祈り。

だからもう少し同じものを作り続けようと思うのだ。


というような日々。
そして、職場でも色んな事が巻き起こり
もはや家ではパソを開く気もしなかった。

気が付けばお久しぶり~。
そしてもう2月。。。

今日からライブ3DAYS。
ここにも様々な思いが去来中ですが、とりあえず参加。
始まりの終わりの始まりの終わり。。。。
なんかそんなことになりそうな3日間。

そして昨日から私、髪を下ろした感じが月影先生。
しかも、花ゆめのポスターでマツコがやってた月影先生。

さて、ちょっとした藪を抜け出せた感じだし
行ってくるよ。

| | コメント (0)

« 2011年1月 | トップページ | 2011年3月 »