« 鏡がきれいやと別嬪さんになれるんやで | トップページ | 毎日お菓子をもらう。 »

2011年3月 8日 (火)

鏡にまつわるサイドストーリー

サイドストーリーと言うか、
こっちのが一大事だろうっていう…。

ということで、昨夜の楽しいカスタマイズのお話。。。
のはずでしたが。
実は。。。

全くの不注意で火事を起こすところでした。
そう、夢中になりすぎて
時間がたつのも周りの異変も気づかず。

揚げ物の鍋を火にかけたままだったのです。

電気が消え、
家じゅう地鳴りのような音がして
はじめて異変に気づいて
台所に行ってみると火柱が上がっていました。
すでに油に引火している状態。
天井のレンジフードまで火柱が登り、フィルターはすでに焼け落ちている。

「どうすればいい?」
落ち着いて自問し、近くにあったタオルを水につけ鍋にかぶせる。
油が溶岩みたいに火のついたまま飛び散り
一瞬火の勢いは弱まったけど再び炎上。
大きな布を、と目に入ったエプロンを水につけてかぶせると
勢いが弱まり、やがて火は消えました。

目の前の状況と反して
ものすごく落ち着いていたのが幸いしたと思います。
家に一人だったので、なんとか自分で食い止めないと、と。
窓を全部開け放ち、煤だらけになった台所の壁や床をふく。
煤ってなかなか落ちないんですねー。
同じところを何度も何度も。

まあ、かえってきれいになったなあ(笑)

最後にレンジフードの掃除をしようと見ると
換気用の鉄の柵が全部熱で大きく曲がっている。
それを見て改めて火の勢いのすさまじさを思い知りました。

まだ熱を持っている状態だったので、
その場でまっすぐに直しました。

と、
怪我もなく大事に至らなかったから笑っていられるけど
ちゃんと肝には銘じております。

と同時に
肝っ玉座ってんなあ私(笑)
そのあと何事もなかったように唐揚げを上げ
食事の片づけを終え鏡を仕上げました。

火を使っているときには他のことはしないように。
基本中の基本でございます。

土曜日から日曜日にかけての体の絶不調。
昨夜のボヤ騒動。
この週末、奥底にくすぶっていた邪なものが一気に表面化。
そんな気がします。
これだけで済んでよかった。
本当に。

やけどひとつせず、壁を焦がすこともなく。
被害と言えば

110308_192201

現場近くの醤油と料理酒。。。
それからザルと洗剤も被害にあっていますが
あまりのひどさにお見せできません(笑)

とにかく無事で
精神的ダメージも全くなく
笑い飛ばしております(もちろん学習はきちんとしたうえで)
邪気も恐れをなして逃げ出したんだと思う!!

というお話でした。
今日は午後から府中市へ高速バスで。
業務終了後、バスを待つ間喫茶店でコーヒー。
豆を挽いてサイフォンで淹れるモカ。
一杯のコーヒーで幸せな時間が持てました。

|

« 鏡がきれいやと別嬪さんになれるんやで | トップページ | 毎日お菓子をもらう。 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鏡がきれいやと別嬪さんになれるんやで | トップページ | 毎日お菓子をもらう。 »