« 「はなこ」とかに出てきそうな週末を過ごす | トップページ | 日本万国博覧会パビリオン制服図鑑のこと »

2011年4月26日 (火)

私がこんなにも万博公園を愛する理由

桜の花がようやくほころび始めた4月初めの日曜日。
110403_124301
なんと素晴らしい風景。
桜と太陽の塔。
これぞ日本!!これぞザ・昭和。

前夜、高松ライブを終え、
相方と一緒に岡山まで帰る。
岡山で一泊し翌朝大阪へ向かう。

ええ、連日のつめつめ業務でパワー不足だったワタクシ。
まず向かう先は我がパワースポット、太陽の塔。
そこは私の愛する楽園「万博記念公園」
国立民族博物館(みんぱく)がある。
ソラート(空中散歩道)がある。
万博の名残をあちこちに残すパラダイス!!

110403_125501

太陽の塔の下に立つと
顔の真ん中の鼻のてっぺんのアンテナから
強力なパワービームが放出されるのがわかる(って言いきるのか)
いや、現実、ビームが私に向かって放出されているのだ。

チャージ完了。
そしてこの日はソラートはあきらめみんぱくに向かう。
夜のライブまでになんばに行かなくてはならないのである。
そしてみんぱく、どれだけ時間があっても足りないのだ。
全然足りないのだ。

110403_130101_2

何度めのみんぱくだろうか?
4回目くらい?5回目?
いつもいつも順路通り回って、後半時間が無くなってじっくり見ることができなくなる。
いつもそうだ、学習できない。
なので、今回こそは順路最後から回ってやった!!!
どーだ!!!!

そしたらですよ、初めて目にするブースもあったりで
いやはや、いったい私はいままで何をやっていたのじゃ?
なぜ私がこれほどまでにみんぱくを好きなのか?

ではその理由をどうぞ。
110403_131902 110403_131903  110403_132801 110403_133201 110403_133202 110403_133602 110403_133801 110403_134101 110403_140001

ほんの一部です。
美しい手工芸の数々
生活用品の数々
宗教密教邪教の品々
呪術医術などなど

それらは全て人の手が作り出し
そしてとても美しいのです。
呪いの道具さえも。

だから私はみんぱくが好き。
そして万博記念公園が大好きなのだ。

今回は万博ガールの制服ブックなるものを購入した。
そのお話はまた。

|

« 「はなこ」とかに出てきそうな週末を過ごす | トップページ | 日本万国博覧会パビリオン制服図鑑のこと »

コメント

動物のお医者さんの漆原教授のコレクションやこれ!

すごい!この人たちが一堂に会してるってすごいっ。
写真を見て、一人静かに興奮しております。

そうそう、昨晩、エムジジ様が夢に出てきました。
時代はあの頃。

そして、エムジジ様は、革命軍のマドンナなんすよ。
くるくるパーマかけてて、長さは肩よりちょい下で。
真っ赤なワンピースを着て、地下の喫茶店のいつもの席で
煙草ふかしてました。
赤い口紅で。

んで、ひよっこ若造たちは、観葉植物の向こうから
憧れて眺めているのです。
話しかけるなんてもっての他。

年齢詐称疑惑再来。

投稿: いずさん | 2011年4月26日 (火) 21時08分

ん?詐称??
はなからそんなものはしてなくってよ。

だって私はのばらと一緒に学生生活を送っていたから。
懐かしいなあ。
学生運動が盛んだったころ…。
オルグや討論会で多くの学生の前で余興で唄ったりもしたわ(加藤登紀子?)
学生のマドンナ的存在で、集会に連れだされたりしたわ(わが家の歴史の長澤まさみ?)

ああ、良い時代だったわね~~。

…と、妄想に行っちゃてる人は置いといてー。
いずさん、みんぱくはこんなもんじゃないのですよ。
画像では説明しきれない何かを「持っている」のですよ。
私の夢は、みんぱくに棲みつく妖怪になること
きゃっ

投稿: みち代 | 2011年4月27日 (水) 10時09分

♪あなた~って不思議だわ~

   あなたって幾つなの~~♪

あの 大阪万博がねぇ こんな風にねぇ


あの時 初めて動く歩道に乗ったわ

そして いろんな外国のお料理

バイキングとか言うものを 初めて頂いて

感動したものよ

色華やかで そしてお料理に目覚めた瞬間だったわ

そして 夜の万博はとても素敵

色とりどりの噴水が 恋人たちの語らいを

ロマンチックに演出していたわ

ねぇ 女同士は私たちだけだったわね

そもそも 男どもは厄介だから置いてきたんだけどね

太郎ちゃんには おっかなびっくりさせられたわよ

いい時代だったわね、、、。

投稿: 仲原のばら | 2011年4月28日 (木) 18時19分

本当に、何もかもが独創的で個性的な時代だった。
どこかで見たことのあるものなんて一つも無かったわよね。
全てがオリジナルだった。
エネルギーに満ち溢れていた。

色も形も、さすが太郎ちゃんが生きた時代だったわ。

ほんと、素晴らしい時代だったわねえ。

ふふふ。
そうそう、女二人連れは私たちだけ。
殿方に声をかけられたりしたけど
無邪気に笑ってお断りしたわよね。
そういうところ、のばらは感心するほど上手だったわ。
で、そのあと二人で点数をつけたりして。

他愛もないことで大笑いしてたわね。

でももしかして私たち、
ビビアンリーが演じたあの風と共に去りぬの時代にも
二人で舞踏会に行ったような気がするわ。


***

全部本当の気がします、のばら様(笑)

投稿: みち代 | 2011年4月28日 (木) 21時36分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 「はなこ」とかに出てきそうな週末を過ごす | トップページ | 日本万国博覧会パビリオン制服図鑑のこと »