« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »

2011年6月

2011年6月18日 (土)

ハイジの白パン

Fxcam_1306498520562_2

こんばんにゃ。
お昼過ぎから爆睡し、元気回復のワタクシです。

昨日、朝9時から母の手術(整形外科的)
前日の夜、主治医から説明を受け、帰ったのが9時過ぎ。
主治医は股関節の専門で
まあ、最近はやりの言い方をすればゴッドハンド。

その日も朝から5件の手術を抱えていたらしく
説明予定時刻6時を過ぎても現れず
やっと病室に来られたのが、7時半。
それから別室にて丁寧な説明。

手術の説明をこの先生から受けるのも3度目。
弟は「はよ終わらんかのー」と思っていたらしい。

先生は、頭髪以外の体毛が濃く
男性ホルモン多いですよという感じ。
5件の執刀を終えたとも思えないタフさで
疲れも微塵も感じられん。

生命力も繁殖力も強い男性だと思われます。
ドラマERのジョージクルーニーじゃない方の感じです。

昨日午後過ぎ、手術も無事終了。
母、生きて帰ってきました。
今回もやっぱり「おなかがすいた」と開口一番。
看護師さんに「まだ食べられんのよ」といわれてました。
「ハイジの白パン、ハイジの白ぱん」
まだ醒めきっていない麻酔の中で唄うように言っていた母。

ビバ!!食欲ですよ。

遊びも仕事も全力の6月、さすがにそろそろ疲れが出ますわ。
そりゃそうですわ。

十分に眠って、
明日はラッドのライブです!!

| | コメント (0)

2011年6月13日 (月)

一途に行きますよ

一途…良い言葉だ。
一途…素敵な響きだ。

元来一途な性格。
時に重いといわれることもある。


「今後も一途でヨロシク。」ってぇー
にやにやにや…。
これを私の勝手な解釈ではこうなる。
「これからも俺だけを見てろ!」
ふ、ふふ、ふふふ。

営業ツイートだとわかっていても嬉しいのだ。
私と分かっていて、の返信だから嬉しいのだ。
ふふふふふ…。
今日は一日このリプを頭の中で繰り返しながらにやついていた。
気持ち悪い女である。

がしかししょうがない。
一途に追っかけることを本人から公認された記念日である。


あ、この週末、ナカザ熱再燃すよ。
何があったわけでもありませんが、名古屋大阪高まる心。

これ以上はウザいのでこの辺で。







| | コメント (0)

2011年6月 8日 (水)

私が銀座に行く理由

「乙女系男子」とか「草食系男子」とか
○○系ってのが多く聞かれる昨今。
まあ私のどストライクは寝起き系男子、なんですが、
そんなことは置いといて。

華宵ちゃんや夢二さま
淳一さまやルネちゃま

乙女系男子とは違う、
品位と知性と洒落っ気と可愛らしさを持ったこの時代の方たち。

少し時代が後になるのでしょうか。
ミラノ様(←女性ですが)、千秋様、そして高橋真琴様。
それぞれに風合いは全く違いますが、私が子供の頃に読んだ世界名作絵本。
その中でキラキラと輝くお姫様。
その頃はいったいどんな人がこの姫君たちを描いているのかなんて知らず
少女マンガには無いその絵の持つニュアンス、美しさに心ひかれたものです。

で、この度。
銀座に向かった主な目的が高橋真琴先生の個展。

110603_164901

向日葵、なんて素敵な名前のギャラリー。
(向日葵、とくれば淳一様を思い出さずにはいられない。)

ビルの2階の一部屋。
なんでしょうか、入った瞬間感激ししてこみ上げてくるものが。
壁面に美しい花に囲まれ、瞳にいくつもの星を持った姫君の絵。
77歳になられたという先生。
けれど、何も枯れていないのです。
枯れるどころか、生き生きとその世界は輝きを増しています。

部屋の奥の椅子とテーブル。
そこに腰かけている白髪のおじいちゃまこそが、真琴先生その人でした。

お話させていただきたかったのですが
いやはや私なんぞは…って感じで
ご常連のベテラン乙女のみなさまでいっぱい。
さすがベテラン乙女のみなまさです。
「姫」とまではいかないまでも
「姫」の雰囲気をそこここにちりばめたお洋服。
Gパンとジャケットですみません…
そこは中堅乙女の詰めの甘さって感じでした。

それまでの作品(童話や絵本、画集など)を自由に閲覧できるところもあり
私が持っているアンデルセンやグリム童話などもあり
「家にあるじゃん…」とか思いながらも、嬉しくて見てしまいました。

よく「銀座?何しに行くの??」と聞かれるので
「銀座に行く理由は文房具以外何が?」と答えるのだが、
私が銀座に行く理由は主にギャラリーと文房具。
それ以外何か?(笑)
老舗伊東屋、和の品ぞろえの鳩居堂。
大好きな月光荘、五十音、スコス銀座(プランタン)店。
プランタンに行っても他のものには目もくれず、スコス。
見るだけで幸せ~欲しくても我慢~~。
我慢できた!偉い!!


あ、でも今回は銀座のユニクロで初お買いものしましたよ。
あまりの暑さに、サラファイン。

自分にご褒美のときは大奮発して資生堂パーラー行ったりね。
するけどね。
今回は喫茶室ルノアール。

で、銀座クルーズ終了なのでした。




| | コメント (2)

2011年6月 6日 (月)

私を変えた言葉.:*゚..:。:.::.*゚:.。:.キラ~ン

ただいまー。東京帰り。
仕事になっていない私です。
こんなに限って、新しいことに取り組まねばならない。
やる気の神様が降臨しないので、無理なのです。
やる気の神様、明日予約します、よろしくです。

まあ、おいおい東京の話を。
銀座文房具三昧からの高橋真琴先生。
庭園美術館からのゴーイングライブ。
Bunkamuraミュージアムからの下北古着屋。

そんな三日間。
ブログ更新に努めましたが、いかんせん疲労が激しくて。
つぶやき合わせてご覧ください。

ゴーイングライブ、良いとか感動したとかもうそんなのどうでもいいくらい
ものすごい威力に叩きのめされ、力尽きていましたが心復活。

最近、ポジティブシンキングなワタクシ。
発言、つぶやき、ちょっとこそばゆいと言うか笑っちゃうと言うか
まあ、そんな感じだと思いますが
それは百も承知のすけ。

なんとなくですね、少し方向が変わったのかもしれない(今は)
私を変えた言葉~.:*゚..:。:.::.*゚:.。:.キラ~ン
深いい話的な?(笑)

色々あって疎遠になっていた方とツイッターで再び繋がった。
それで再会することになって、何人かでいわゆる女子会ってのをやった。
特段、衝撃の出会い――!!!ってのでもなく
ごくごく自然に、気持ちも凪いだ状態で出会い話をする機会を与えてもらった。
とある鉄板焼き屋。

「彼女はポジティブシンキングだから」とねえさん。
その場ではそこまで沢山話していなかったんだけど、
お話される端々にうん、っていうの感じて、
なんかそのポジティブさっていうのが全然嫌じゃなかった。

私はチョー天邪鬼なので、
元来ポジティブとか「けっ」とか「ちっ」とか悪態付くタイプなんですよ。
無理しやがって、はんっ!!って(笑)

けど、全然そんなじゃなくて、本当に無理をしていない人。
さらりさらりと気持ちのいい言葉を使う。

で、つぶやきの中で診断メーカーっていうお遊びがあって、
名前を入れて診断したら答えが出るんですが
「誰と誰を足して2で割った感じ?」という診断メーカーで
「お会いしたことのない方へ、みち代は「織田信長」と「キャベツ」を足して2で割った感じの顔です」という回答。

で、「やさぐれ上等!!よろしくっ!!」な私的には
まあ、キャベツですよ、キャベツですけどそれが何か?とやさぐれ気味。
これに対して「織田さんとキャベツのものすごくいいとこ取りですよ」というリプ。
これを読んだ瞬間、この人すげぇ!!って思った。
で、そうだよな。と思った。

この
「織田さんとキャベツのものすごくいいとこ取り」
この言葉が私を変えたひと言です。
あれ、そんな番組あったよね?

それから少し気持ちの向きを変えた。
私はやはりやさぐれで天邪鬼だからまだまだだけど、
でもマイナスに行こうとするところを意識して、良い方へ。

なので、ご本人には伝えていませんが
とても感謝しているのです。
この自然な感じで、お付き合いが続くんだと思います。
ありがとうございます。

Fxcam_1307164818079




| | コメント (0)

2011年6月 3日 (金)

東京在住。

週末は東京在住か?
そんな疑惑が囁かれていますが、

銀座なう、です。

明日はゴーイングのライブ。
チケットの整理番号、そんなものに運命を結びつける、
わりかし乙女なわたくし。

春のツアーは不甲斐なく、だいたい50番以後。

ああこれはもう、ゴーイングとのご縁も薄れてきたのね。

と、ですね。気持ちも薄れた春はあけぼの。

で、今回のツアーの先行の時に決意表明。

神様、次のツアーの整理番号が悪ければもう、
私はきっぱり遠征卒業します!

こんなことで引っ張り出される神様も良い迷惑。
神様がこいつチョーめんどくさい、当てといたるわ、と思ったのか
はたまた、強く願えば叶うのか。


チケ発券。
びっくりコーダーカルテット。

ある場所なんか1番…
1番て…。

と言うわけで卒業できませんでした。
もうしばらく、遠征続きます。
これ無くなったら、ボケるわ老けこむわ、性格悪くなるわ、大変ですから。


なんか久しぶりにゴーイングのこと話してるなあ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年5月 | トップページ | 2011年7月 »