« れんが通りは青春通り | トップページ | 愛しのしっぽちゃん »

2011年8月21日 (日)

じっくり本と向き合う季節です

午前中は雨。
過ごしやすく、本を読みながらときどきうとうと。

「パロール・ジュレと紙屑の都」
吉田篤弘さんの小説。
おもしろい。
吉田さんの創り出す世界が好き。
ファンタジーのようで、現実のようで
その交錯具合の絶妙さで、読み手である私も
いつの間にか登場人物の一人として、操られているかのようで
まあ、わたしの稚拙な文章でとても表現できませんが

他の誰も描けない世界。
他の誰も手をつけない時空、空間が吉田さんによって創り出される。


少しずつ大切に読もう。
じっくりと味わうように読もう。

午後からはあれこれお宝本を引っ張り出す。
「太陽」や写真集など。
引っ越して間もないこの借家。
私にしてはシンプルすぎる。


借家なので限りがあるけど
ちょとずつ私の色を入れていきたいです。
その参考にと思って、ぱらぱらめくっていたけど
だんだん夢中になっちゃって(笑)

わたしってば、良い本選んでるなーって。
それからミラノさま淳一さま千明様の画集なんかも。

あー素敵です。
気持ちが満ちてくるその世界。


そうそう、ミラノ様といえば…
あ、これはあちらにお邪魔して直接伝えましょ。


しっぽちゃんもおねむの時間です。


|

« れんが通りは青春通り | トップページ | 愛しのしっぽちゃん »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« れんが通りは青春通り | トップページ | 愛しのしっぽちゃん »