やさぐれ

2009年11月17日 (火)

ひゅるりぃひゅるりぃらら~

苔桃K長、起きてください。
眠ると死んでしまいます!

…はっ、こ、ここは…。
会社の事務所!!


そんな小芝居も打ちたくなるような寒さの中
仕事仕事。

室内なのに
毛の襟巻は離せません。
大判のストールを巻いて、
膝かけを腰にぐるりと巻いて

指先はずっと冷たいまま
仕事仕事。

暖房?
なんスか?それ。


あまりに寒く仮死状態になりそうです。

日本海気分で
演歌でも歌っちゃいそうです。
越冬つばめでいいですか?

そんなんですが
もうしばらく頑張ります。

なあに、楽勝楽勝。
心ウキウキな毎日。
なんか楽しい(笑)

| | コメント (7)

2009年1月24日 (土)

鹿展

ターシャ展に行こうと出かける。
催事場のチケット売り場、行列ができている。
中をチラッと見てみたら、
ぎっしりの人、人。

自由に出入りできる物販コーナー。
ここも溢れんばかりの人、人。

入場できたとしても、ゆっくり見られそうもない。
平日の夕方に行こうと思う。


人の多さにぐったりし、
地下でソフトクリームを食べて
家路に着きました。

今日は展示会の感想を、
と思っていましたが、そんなこんなで
記事差し替え。

クリスマスのときにアップしようと思って
今に至る。
「苔桃プレゼンツ鹿展」

Cimg0622_2 090117_14030002 090117_14040001 090117_14040002 090117_14040003  

   

     

         Cimg0624_2 Cimg0628

     

        

そんなこんなで、
コトコトコトヤさんのところで
アップされていた
鹿のろうそく
(あえて、バンビのキャンドルとは言わず)
あの鹿が
すごく欲しい私なのでした。

しかも青の鹿の美しさ。
あれはもう、売れてしまったのですね。。。

| | コメント (3)

2009年1月20日 (火)

ほろよいマンション

追記です。

090118_15430002 岡山、
ライブ前に街を徘徊。
裏道で見つけた
「ほろよいマンション」
かなり古いビル。
マンションの中には
様々な飲食店。
飲み屋多し。


このビルの一番上で
ひっそりと文学バー開きたい。
そんな淡い夢を見る。

このビルだけでなく、
興味深く、面白い建物が
沢山ありました。

090118_15440001 それから、面白そうなお店も商店街の中に。
今度はゆっくり遊びに行こう。


それから、下の記事の
「いくじなし」
相方のブログタイトルとリンク。

その意気地なしぶりは
ロボマサ@cafeでご覧いただけます。
何につけ、
何かと意気地の無かった私たち。

その全ては、
思いの強さが足りなかったせい。

じゃがりこにかけたあの思いの強さよっ!!!

| | コメント (0)

2008年11月 7日 (金)

ぼくらが旅に出る理由

今日は朝からついていない。
バスは遅れる遅刻はする母の失踪騒ぎはあるはでもう散々でした~。
神様、バスが早く来ますように
神様、遅刻しませんように
神様、母の狂言でありますように(笑)
と、何度神様に願ったか。

こんなしょうもないことで、一生のお願いをしてしまうから
重要なときに祈りが届かんのか?
いや、大日本国の八百万の神々は
そんなしみったれじゃないはず。

Photo Photo_3
                                   

明日から、お達者倶楽部トリツアーです。
鳥取のみうらじゅん的集団が主催の
みうらじゅん的イベントに参加します。
楽しみじゃ。
はなお坊ちゃまも一緒です。

そして、この日に向けて着々と
パーマをかけたり、宇野ドレスを買ったり、
はなお坊ちゃまの、ちょいとおかしなベストを買ったり、
ロシア女コーディネイトを準備したりと
広島からも攻撃をしかけるのです。総攻撃じゃーーーっ!

広島、ちょっとおかしいんじゃないか?と
トリのハイセンスハイレベルな方たちに
印象付けたいと思います。

ああ、どこへ行こうとしているのか?お達者たちよ。。。


モダンチック城にもまた…。
先週、うかがったばかりなのに、
ほんとにもう。。。
こんなに何度も行くことができ、めちゃめちゃ嬉しいぃーー。


お城に行く際のお洋服選び、とても慎重です。
まず第一に、腹に負担がかからんこと…って、おいーーっ!
えぇ、お料理を本気で頂かなくてはなりませぬ。
きっちりウエストのワンピやスカートはもってのほか。
なので、今回候補に挙がっていた3ねこの古臭いかわゆいワンピ。
その古臭いベルトのバックルが、腹を締め詰めそうで
別の機会に着ることにしました。

お洋服選びの基本、それは食い気基本。。
乙女はとうの昔に失格ですよ。



先週、下北沢発のかわいいお土産を頂きました。
あの、伝説のタコを買った古物雑貨屋さんで買ったそうです。
いやはや、さすが伝説を生む場所。
選んでいただいたものはどれも、私好みのやさぐれぶり。。

081107_07470002 081107_07480002 081107_07490001_2



| | コメント (0)

2008年10月19日 (日)

秋の陽ざしそうそうと。

先ほど、倉吉(岡山経由)から帰ってきました。
そこに居ることがすごく自然で
けれど、胸いっぱいになったり
おなか一杯になったり。
その様子はまたゆっくりお伝えします。

昨日は、片付けモードで
いらないものをきっぱり捨てたり、見直したり。
それで部屋に、二つのコーナーが登場。


081019_22310001_2
夢のようなアクセサリーの
素敵なコーナー
別名「雪印博物館」

乙女の至福時間すね。
見てるだけで
とてもシアワセな気分。
私の宝石箱です。


そして、、、

                              

                                   

                                            

081019_22310002 ちょっと残念な
このコーナー。。。

闇に紛れて生きる
この愛おしいものたち。

この鍵掛けは
たね物屋さん木工部の
手仕事でございます。
これはとても素敵なお品です。
これまでは
玄関で鍵を掛けていたのですが
私の部屋に
やってきました。


この二つのコーナーの落差。
これぞ苔桃。。。。


秋の陽ざしがそうそうと降り注ぐ中
今週もまた小さな旅。

毎日が小さな小さな旅。

| | コメント (2)

2008年10月13日 (月)

まつげとまゆげ

むむむ。
ココログメンテナンスで画像のアップに制限ができてしまい、
デジカメで撮った写真はあらかじめサイズを加工しないと
アップできない。

面倒だ…。
携帯カメラで撮ることにしよう。


Photo                                   

                                     

                                  

                                     

3ねこ、秋冬もの50%オフ、つうことで
昨日行ってまいりました、またしてもチームお達者で。

ワタクシはまたしても巻物祭り。
前日の倉敷ツアーでも巻物を買ってしまい、
「あらまあ、首はひとつしかないのに…」と、
何度もいずさんに言われながらも(笑)
だって半額なんですもの。
だってかわいーんですもの。

ジャケットの堅苦しさがどーもニガテな私は、
北風ががっつり本気出して、
コートが着られるようになるまでは
手編みの大判ストールをジャケット代わりに羽織ります。


で、これまた、
またしてもワンピを。
がしかし、そんじょそこらの可愛いワンピにあらず。
「目が痛いっす」
と言わしめた、サイケデリック&蛍光チックな花柄。
でもこれが、すごく似合ってしまうんだから恐ろしい…。
苔桃よ、どこへ行く~~。

行く先は、宇野亜喜良さんの描く世界…
しか無いっしょ。
暗い表情をした、下まつげの長ーい女が
いかにも着てそうな柄ですもの。
このワンピを着るときは、下まつげに付けまつげ。
そんな気分になります。

はっ…で、でも亜喜良スタイルの代名詞は
ま、まゆげ無し…。
眉毛をそり落とすことはできませぬ、ええ。


まつげとまゆげはご勘弁いただくとして
いずれにしても2008秋冬は
宇野亜喜良。。。かしら?

081013_11290001 いずさんから頂いた
可愛らしいものたち。
某所、骨董屋にて
見つけてくださったそうです。

ツボど真ん中です。
どれも、良い表情してます。
骨董屋のオヤジが
「それどこにあったん?」
と言ったそうです。

私の求めるものは大抵、
店主に「それどこにあった?」といわれ、
適当に値段を付けられる…。
お買い得値段で、
私のところにやってきてくれる。
喜ばしいことです。



今日は朝からゆるりとしています。

本を読んで、また、
倉敷小旅行の様子でもお伝えできれば、と思います。

また後ほど、お目にかかりましょう。

                                                                            

                                                          

| | コメント (0)

2008年8月 2日 (土)

尾道ヲタフェスレポ

ビールを冷凍庫に入れて、すっかり忘れておりました。
シャーベット状態で、きーーんっってなって、
これはこれで美味いです。

ヲタフェス08(オタクフェスじゃないですよ)
暑さにやられながらも、無事終了、ですよね?
家に帰るまでが、フェス、ですから。
ワシは、無事に着いておりますよーー。

本日の目玉、尾道大骨董市。
海岸の倉庫で行われるイベント。
真のお達者さんたち多し。

Cimg0274 まず、私が釘付けになったもの。
古い絵葉書。

飛行機です。
飛行機、そう、やはり。
八月の飛行機雲ですから☆

昭和の飛行機ものは、
エキスポ70物と同じくらい
こころ浮き立ちます。

そんなわけで、
箱の中にがさっとある中から
厳選した2点。

あとは、観光地のものとか、
Cimg0269 それも、欲しいものがありましたが
今回は飛行機で。

かっこいいです。
写真に無理な着色を
加えているところも
その色味がすてきです。
決して胡散臭いのではありませんよ。

全体を見回って
キモノなどの古布の店が多い。
それから、焼き物、ガラスもの。

とある出展の30センチ四方の箱。
一番上に乗っかってたものをよけて
箱の底に黒い物体、
チラリと光る目。
目が、あってしまった。

Cimg0265 木彫りの熊っすよ。
しかし私は、
こんな情けないクマを見たのは
初めてです。

今にも泣き出しそうな目で
こっちをじっと見る。
ちなみに手くらいの大きさです。

だいたい木彫りなんだから
目も、彫りで表現してよね、
って思う(笑)
しかも、鼻が間延びしてる。
バクっぽい。

何から何まで、情けないクマ。
救済するしかない。
やさぐれ無事、救済しました。

で、これ、100円。

それ以降、今日のお金の単位は「円」ではなく「クマ」
100円が1クマ。
1000円なら、10クマ。

ちなみに、絵葉書セットは3クマ。
そして、骨董市で今日一番のお買い物。
Cimg0266
10クマでした。
1100円と言う店主のじい。
10クマちょうどにしてくれました。
ガラスのシュガーポットです。

美しいです、
10クマは高いかなと思いましたが、
だって、クマが10個買えるんですよ?

こうやって写真に撮ると
すごく良いものに見えますねー。
アラジンの、魔法のランプみたい。
シルバーっぽいなあ。

ピアスなんかの小物入れ。かな。

ガラスの一輪挿し、
良いのはあったのですが
クマに夢中になってしまい
すっかり失念してました。

満足のお買い物ができ、次はアーケード街へ。
尾道、すごく久しぶり。
少し町並みも変わっていたり、
続いているものもあったり。

明日、めっちゃ早いんで
今日はここまで。


お別れ映像

ツボとクマ
Cimg0268




| | コメント (4)

2008年7月 7日 (月)

ネコとタコ

その店の前に立ち
ウインドウを覗いたとたん、電流が走った。
ああ、電流が走るとは、こういうことを言うんだ。

それから、無意識につぶやいていた。
「落ち着いて、落ち着いて…。」
口の中で何度も、自分に言い聞かせる。

抑えられない興奮。
勢いに乗るアドレナリン。
しかし、表面上はあくまで冷静に。
おかしなことの無いように、
後輩の手前があるのだ。

すでにお忘れかもしれませんが、
それは先週のINシモキタ。

古着屋に続き、古道具屋。

小さいものから大きなものまで
ごちゃごちゃと並べられた店内。
鼻の穴はふくらみ、アドレナリンは放出
毛穴は開き、瞳孔も…ってほんま危ない状態。

かのビル・ゲイツがバスタブをドル札でいっぱいにして
その中で至福の表情を浮かべたと言う
伝説のドル札風呂(かなり脚色いれてますよ)

それに匹敵するぐらい、
そのときの私は「やさぐれ風呂」に入った状態。

ビルなら、店ごと買って、バスタブに入れるだろうが
庶民の私は、探す。
この店の中で、一番の叫びを。
耳をすまして、目を開き、神経を集中して、
まず一番に救済しなくてはならない、やさぐれを。

ああ、探すのではない。
声を発するのを待つのだ。
(かなり危ないことになっていますが・・)

そして、私のソウルに熱く響いたパッション。
Cimg0076 この2点だっ。

ネコ、めっちゃ下向いてます。
これは下からあおり気味で
撮っているので、
まだ顔が分かりますが、
正面視、耳しか見せません。

そしてタコ。
貝殻の上に、
ピンクのタコ2匹。

何?

わからん。

これは何?

わからん・・・。

この2点とも500円と言う
適当な値段が付けられ、隅っこに追いやられ。

私がこの2点を握り締めているのを見て、
あとの二人大笑い。
さらに、レジで買うのを見てまた
大笑い。

いやいや、普通なんすけど。

「店主もびっくりだよねー」
「タコ、売れちゃったよー、とか思ったよねー。」
「タコ、どこにいたっけ?とかおもったんじゃない?」
「普通、見つけないよねー。」
「500円とか、チョー適当だよねー。」

盛り上がる会話。


まだまだ、叫び声をあげる子達がいっぱいの
古道具屋。
常連になりそうです。

では、広い世界に放たれたネコをどうぞ。
それでもうつむき、さびしげ。

Cimg0057_2

| | コメント (4)