2010年12月16日 (木)

棚からぼたもち的なー。

雪が舞っております。
おそらく私たちの町はふぶいているのではないかと。
仕事がことのほか早く終わり、気が緩んだのか
疲れが一気に出てきたようで
朝からふわふわしています。

が、朝一で問題発生し、それは迅速に対応。
管理職のミス?による。
私もしゃきんとやるときはやるのだ。

それが余計疲労感を増幅し
眠くて眠くて、意識喪失もしばしば。


お昼に温かいものが食べたいと思い
アンデルセンの2階でシチュー。
美味しいパンが食べ放題なので
もくもくと食べる。

待てど暮らせどシチューが来ない。
15分、20分。。。来ない。
25分経過、ホールの人に尋ねるとまだできていないとのこと。
時間がないので、もう良いですと言うと
お金を全額返してくれた。

シチューが食べられなかったのは残念だが
おいしいパンをタダで沢山食べられた。
ラッキーである。ふふふ。
しかもバター付きで、水も飲み放題(笑)

忘れられたことを怒るより
幸運を思う方のがずっといい。
おなかもいっぱいだしね。


| | コメント (0)

2010年10月 4日 (月)

2010年10月1日、恵比寿。~ご褒美編

国立競技場上空、
昨夜来の雨がウソのように澄み渡る午後12時過ぎ。
5日間の東京レンタルから解放されたその時、
2010年10月1日、霞ヶ丘。

終わったーーーーーっ!!!
空に向かって叫んだとか叫ばなかったとか。

やや、やつれ気味で宿変え。
いつもの半蔵門の宿に向かいチェックイン。
荷物を置いて近くのイタリアンに行こうと思っていたのに、
「ちょっと横になろう…」が、気が付けば3時過ぎ。

いやはや、疲れていたのだね。
のそのそ支度をして、そのまま恵比寿へ向かう。

腹が減っては戦はできぬ、2010年10月1日、恵比寿。
思えば8月の終わり、ここに降り立ち
残暑厳しき中、リキッドルームを2往復し
具合が悪くなったなあ、などと思い出す。

そしてここには、あのっ!千疋屋のカフェがあるのです。
一週間、よくやったよ自分。頑張ったよ自分。
そんな私にご褒美を。
お昼ごはんもまだだし、ここは奮発して勇気を出してカフェへ。
Ca3f0271_2

はい、どーーん!!
フルーツのワッフル&アイスコーヒー。
しめて二千円オーバー。
ひぃぃぃっ!!

覚悟はしていたが、こ、こ、ここの値段!!
まあ、ご褒美ですから。

さすが天下の千疋屋。
フルーツがどれも半端無くおいしい。
小さくさいの目に切られていても
その美味しさがスーパーで売られている果物と全く違うことが分かる。
雑味なし、甘さと酸味の程よいハーモニー。

しかーーも、
上に乗っているアイスも涙が頬を伝うほどの美味さなめらかさ。
その口当たりはまるでムースのよう。

ああ。

「うめぇよー、母ちゃん。この食べ物うめぇよーー」
頭の中でそう呟きながら、大切に大切に
しかしあっというまに完食してしまうのでした。

さすが「千疋屋」の看板背負ってるだけのことはある。
この先再びこれを食べられる日が来るのであろうか?
いや、来ないかもしれない。

ということはこれは、冥途の土産?なのかもしれない。

…って、飲みのお金があるなら食べられるだろーに。。。


では、この話はライブ編に続く。


◆◇◆◇

一週間ぶりの職場。
何から手をつければいいのか。
まあでも閑散期ではありますゆえ、
頭の中整理して順番に片付けよう。

で、あらかた片付いた。

今夜から本格的にeco洋品展の出荷作業。




| | コメント (8)

2010年8月18日 (水)

出雲そばジプシー

Ca3f0220
サンキャッチャーが朝日を受けて、床や壁に光を落とす。
しばらく不思議そうにじっと見つめて
移ろう光と遊ぶしっぽちゃん。
この頃の朝の風景。

サンキャッチャー、吊るす場所を決めかねていて
朝日が一番に当たる場所にようやく吊るしました。

昨日は日帰り出雲出張。
島根方面の高速バスは途中、高速道路から降りて一般道。
なので揺れが思いのほか激しく、お尻が痛い。
熟睡もできず、疲労感。

出雲市駅前に高速バス到着後
「そば行ってくるわ」と同行者に告げ、一人駅前のそば屋に入る。
だって出雲は出雲そば、食べなくっちゃー。

入った瞬間、あ、失敗だったかも…と
薄暗い気持ちになる。
その第一印象はそのまま味の第一印象に繋がります、不思議と。
「そばはのど越し」なんてぇ粋がってるわけじゃないけど
のどにつまっちゃだめでしょう。
するすると喉を通っていかないそば。

そんな不本意な結果を受け、どよーん。
仕事終わったら、もう一軒行こうと後輩を引っ張り込む。

で、終了後、駅のそば屋へ。
食べ終わって一言。
「私のそばはいったいどこへ行けばあるの?」
不味くは無いけど、うん?って感じ。

いやはや、出雲そばに対する素敵な幻想が強いのか、
ハードル上げちゃってるのか、
なかなか思うようなそばには巡り合えないのある。
「もう1軒!!」
叫んだ私に時間は容赦なく、バス発車の時刻となる。

かつて松江城のおひざ元でいただいた割子。
あれはほんとうに美味しかった。
その幻影を追い求めているのであろうか。

そんなこんなで
そばに始まりそばで終わった出雲出張。
出雲大社へ一畑電車に乗って行こう計画もあったが
そんな元気ももはや無く、当初の予定通りの高速バスに乗車。
激しく揺られながらも、睡眠時間を稼ぎ
10時前に家に着いたのでした。

お疲れサマー。




| | コメント (0)

2010年5月 4日 (火)

天才!!サラダ春菊

100504_130801
気になる野菜ナンバー1、サラダ春菊。
香草好きの私にとってたまらないこの春菊。
ポン酢基本のドレッシングをぶっかけて
ワシワシ食べる。

土曜日、スーパーで買ってみて食す。
大好きっす。
速攻フォーリンラブです。

三分の一残っていたのを
今日はパスタに。
和パスタです。
鶏ひき肉と生姜でそぼろを作る。
春菊の茎は歯ごたえが残る長さに刻んで
そぼろの中に投入。
濃い目に味付けして、茹で汁で伸ばす感じ。

パスタを混ぜて上にどっさりサラダ春菊。
春菊には火は通さないで。

うまいーーー。
春菊の香り、
葉の柔らかいけどサクサクする食感。
そぼろとめっちゃ合う。

サラダ春菊、天才!!


昨日頂いたほうれん草のフェットチーネ。
これは明日、
トマトクリームのソースを作ろうと思います。
上手にできるかな。


Photo

昨日スペシャで初出しのゴーイング新曲PV。
今朝チェックしようと思ったが起きれず。
夕方流れるらしいので(調べた・エライ!!)
それまでに買い物行って、
本でも読みながら待ってよ。

楽しみです。
本当ですよ。
なんだかんだ毒はいたりツッコミいれたりするけど
それは、あなたがしゅきだからーー。

では買い物行ってきます。
昨日の「GWをなめんなよツアー」の模様などまた。




| | コメント (0)

2010年4月22日 (木)

どんだけすっきやねん?

Ca3f0067
ごめんにゃ。
また気持ち悪くてはいちゃったの。。。

ね。
ほんとテンション下がるよね。

気を取り直して
昨夜からこれ、
100421_215601
はい、どーーん。
たこやき祭り~。

ん?大阪漫遊の時の画像かって?
いえ、違いますよ。
これは今夜、私の晩ごはん。
昨夜もほぼ同じ画像。

大阪で冷凍たこ焼き2箱
違う店のを買いました。

そして、決め手はソースのハーフ&ハーフ。
下半分がカープソース。
上半分の黒いのが100421_215602 どろからソース。
このどろからがめっちゃ美味し。
ちょっとはまるほどの辛さと美味さ。

神戸のおっちゃんに貰いました。
これも美味しいんだけど
ばらソースってのがいっちゃんウマイらしい。

そんなわけで
大阪であんなに食べたたこやき。
ここにきて二日続けて。


今日が終わってしまいました。
ライブレポ、
セットリストもアップされてるし
ネタバレにはならないだろうから
ちょっとだけ明日にでも
触れましょう。

| | コメント (0)

2010年4月18日 (日)

食い倒れて道頓堀

教訓。
調子に乗ってはいけない、何事も。

そうだった、そうだよ。
繰り返さないようにしなくては。

それを踏まえて、


太陽の塔を後にして
向かった先は道頓堀。
記念撮影スポットで写真撮影(大阪、何度も行ってるけど初めて)
そして、たこ焼きアワー。
Ca3f0043
1軒目、屋台のたこ焼き屋。
行列ができていた。
躊躇無く並ぶ、さすが東京っ子。

一人6個ずつを購入し(日体大は10個)
橋の欄干をテーブル代わりに
並んで食べる。

ソースがすっぱい。
おたふくソースに慣れてるからじゃなくて
普通にすっぱいのです。
酸味がかなり強い。
タコは大きめでたこ焼きは小ぶり。

そのソースがかなりアクセント。
他のたこ焼きと比べ
違いが分かりやすいんだと思う。

まだ足んねー、ってことで
少し歩いたところにある
お店に入る。
Ca3f0046 Ca3f0048
ああ、昼真っから。
母さん、そんな子に育てた覚えはありません。
生中生中生中…。

ええ、母さん。
さっきは我慢したんです。
いくらなんでも橋の上でビール飲みながらは
乙女としてあれでしょうと
男子が気を使ってくれたのです。
私は全然平気だったのですが、
そだね、ということにしておきました。

12個のまろやかソース。
真ん中がおろしポン酢ダシ醤油。
うちのシェフがかき混ぜているのが
温玉ねぎぶっかけダシ醤油。

タコは普通サイズ、
ソースは私はここのほうが好き。
程よい酸味と甘さ。
すでにたこ焼き飽和状態の口の中、
ねぎぶっかけのあっさり感と
しゃきしゃきした歯ざわりでさっぱり。

「斜め前に屋台あったよね、そこ行こう」

行くのか?
マジか?
そう思ったのは若干2名(私含む)
Ca3f0053
はいっ!!三軒目。
しかも大たこ焼き、わっはっは。
6個入り×2皿。
1皿で良いっつったのになー。。。

またしても橋の欄干テーブルへ。
もはやたこ焼きの味はあまり分からず、
それよりも大阪の兄さんの
細かい物まね(会社の人たち)が全員のどツボにはまり
私にいたってはもう、立ってられないくらい笑う。
ちょっと酔いも手伝っていたように思う。

とにかく、笑い死にするんじゃないかと思うほど
久しぶりにあんなに笑った。

もう食べられません…。


道頓堀を後にし
最後の目的地、そして本日〆の食事(まだ食べるのか)
Ca3f0060
通天閣と新世界。
2度めの通天閣。
以前より観光客も多く、街も華やいでいた。
展望台へは35分待ち。
東京っ子、またしても躊躇無く並ぶ。
この辺はさすがだなって思う。

ビリケンさんにご挨拶をすませ
地上へ戻る。
既に5時回る。

お腹はすいていない、
すいてはいないがこれはもう、
やり遂げねばならぬ任務である。

1軒の串揚げの店に入る。
Photo
大阪打ち上げのかんぱーーい!!!
生中生中生中…。
いったい前の晩から何杯の生中を…。
なんてことは気にせず。

Ca3f0063 Ca3f0064
串揚げ、土手焼き、そのほかもろもろ。
もちろん、二度づけ禁止。
串盛り10本をふた皿。
これで終わるのかと思いきや
いや、終わるはずは無い。
結果、50~60本注文したんだと思います。
その間に、
生中ハイボール泡盛10杯飲んだツワモノもいます。
私なんざ、可愛いいもんです。
ごはんがわりのオムライスの串揚げ、
もちの串揚げ。
デザート代わりのチーズケーキの串揚げ
バナナの串揚げ。

最後に出てきたとりから揚げ…。
なっ?!
誰じゃ、頼んだんはぁーーーっ!!

闘い済んで日が暮れて
店を出るとすっかり夜の帳。
桜飾りも切なく、その向こうには
ライトアップされた通天閣。

ああ、新世界。
Ca3f0066


男子に、しかもものすごく食べて飲む男子に
調子に乗って合わせて
さすがの私の胃袋も、本日は弱音を吐いています。
そりゃそうだよ。
やっぱり夕食はうどんでしたが
胃がしくしくします。

よく遊んだよく食べたよく飲んだ
笑った楽しかった、大阪。

また明日から頑張って仕事しようぜ!!



| | コメント (1)

思いがけずチーズの競演

腹ペコなう。
やっと空腹感、だけど
もうすぐ晩ご飯なので我慢、コーヒーでまぎらわす。

お腹すかないから、
夜はうどんにしようと思ったけど
ガッツリしたものにすれば良かった。
あとで冷蔵庫と相談しよう。

まだ胃はしくしく、
ホットコーヒー入ったらきゅうっってなった。

始まりは粉もん屋って言ったけど
思い出しました。
大阪着いてお昼ご飯、
イタリアンに入ってドルチェセットにする。
パスタ+ドルチェ2品+ドリンクのセット。

ドルチェっても、ミニサイズのが二つ来るんだろうと
たかをくくっていた私たち。
パスタ食べ終えて、デザートが来る。

レギュラーサイズやないかーーーいっ!!
レギュラーとはいえ、こじゃれた店にしてはでかい。
さすが大阪。

私は痛恨のチョイスミス。
ティラミスとスフレフロマージュ。
スフレというから軽いのかと思いきや
普通のチーズケーキより重い。
ティラミス、重い。
重い重いの競演や~。
しかもでかい。
ティラミスも小鉢くらいのサイズ。

そういえばパスタも平めんで
モッツァレラチーズとバジルの
ピリ辛トマトソースだった。
チーズの固まりが結構入ってて
美味しかったけど重かった。


そんなわけで、ドルチェ、
どちらも半分でリタイア。
一緒に行ったヤツに引き取ってもらう。
彼はマンゴープリン。
細長い普通のグラスに入ったプリン。
それにフルーツタルト。

さすが日体大。
全クリでございます。
その風景は、さながらケーキバイキングでしたよ。

思えばそこから始まっていた、今回の大阪食い倒れの旅。
道頓堀篇に続く。

| | コメント (0)

布石

よく話し、
よく遊びよく笑いよく食べよく飲んだ二日間。

昨夜深夜近く帰広。
う~ん、もう何も食べられん~~う~んう~ん・・・
胃がしくしくする、そんな感じでの就寝。


金曜日の会議は、
各支社から代表が二人ずつ。
午後いっぱいを使ってじっくりしっかり話し合い。
激論はならなかったけど(ほっ)
上下無くフラットなところでの意見交換。

実の多い会議でした。

夕方からの懇親会。
大阪の同期も参加してくれて(忙しい中ありがとう)
有名どころの粉もん屋。
思えばそれが”食い倒れ”の始まり。
100416_175701 Ca3f0015
「Z」のマークが「御堂筋」
カレー味の牛スジがはいっています。
見た目華やかなのが「大阪城」
天下の大阪城を名乗るだけあって
大きさもボリュームもはんぱねぇ。
他にも豚梅シソだの塩焼きそばだの
ガーリック焼きイカだのホルモンだの
あれだーこれだー注文し
私は生中生中生中・・・。

二次会でも
生中生中生中・・・。
封印していた(笑)舟歌を熱唱し
最後に全員でサライを歌い上げ
この日は終了。

しかしこれは
翌日への布石にしか過ぎなかった。
うーーん。
私は今でも胃がしくしく。
空腹感が全く無く、
ハーブティを飲んでます。

今日はまたテイクアウトの原稿(別の)作成なう。
合間にちょいちょい更新します。
あくまでも予定。




| | コメント (0)

2010年4月11日 (日)

お好み焼きにはやっぱビールでしょ

格言100410_191701
「ビールの無いお好み焼きはまるで
恋を失った時の涙の味だ」

深い意味無し。
言葉の語呂のみの構成ですので
突っ込まないように、質問もしないように。

氷水でいただくお好み焼きは
寂しいものがありました。
それよりなにより
あると思っていたビールが無いと分かった
あの瞬間、あのがっくり度は
恋を失った時の涙の味だ・・・
(え?もういいですか?)


雨の音。
今日の朝は
雨音を聞きながら
猫と二度寝。

なんという贅沢。
なんとう至福。

そして、持ち帰り仕事なう。
昨日は一向に進まなかった。。。
今日は、いや今日中にやらないと
明日からはまた残業週間。

ぎちぎちだった業務量、
改善策や業務バランスなど意見を言い
見直しが図られ、
少しですが、楽になりそう。

さてと、もう少し仕事。
そのあとお買い物。


| | コメント (0)

2010年3月 4日 (木)

まさにもみじ

まさにもみじ
まさにもみじ
先週、東京出張の時
広島空港で見かけた「赤もみじ」

思わず買ってしまい、
今日まであたためる。

つか、食べる勇気が無かった…。

唐辛子入りもみじ饅頭
この色、まさに紅葉。

食す。

辛い!
そして、
甘い!

甘辛もみじ。

唐辛子、かなり際立ってます。
香りが強い。
何かの味に、思い出しそうになるけど
思い出せない。

思い出すまで
食べ続けるしかないのか?

それは無理だ。

さてさて、話のネタにいかがでしょ。

甘辛、今年前半のキーワードか?!

| | コメント (0)

より以前の記事一覧