音楽

2011年1月 3日 (月)

そうだ、ライブへ行こう!!

島へ渡る車中、鳴っていたのは
エーケービー→あらし→エーケービー→あらし(弟よ!!笑)
日本にはこんなに平和な音楽があるのだと
車窓の瀬戸内海の島や穏やかな海とリンクして
本当にしみじみと、しみじみと思った。

別にそれらのアーティストについてどうこうではなく
いやあ、穏やかだなあ平和だなあと。
何かものすごくホッとした。

どこかとがってるわけでもなく
どこかいびつなわけでもなく
心がまるいままでいられる
気持ちがまんまでいられる
プロが集まって作られた品質の高い音楽です。
安心して聴ける。


Mugen 

だがしかし
手相にもドM線が出ているわたくし(笑)

切り刻まれようとも粉々にされようとも
傷つき血を流そうとも
あれ、こんなところにトンガリがあったよ?っていう音楽が聴きたいのだ。
ガラスの破片が注いできてもいい。
体ごと、音の中につかりたいのだ。

バランスを失おうとも気分を害そうとも
どこか歪みへこみ穿った音楽が聴きたいのだ。
そこに足を取られてあれ?どうしたんだ、あれ?
ここに居るしかないじゃん?みたいになろうとも。

むき出しの音楽を
直接心臓や脳に届けたい。

鳴らしたい音を鳴らして、声に出したい言葉を音に乗せて。
上手くなくてもつたなくても不器用でもなんでもいいからさあ。
ざわざわしたりひりひりしたり、
でもそこになんだろう、真実を見た気になっていたいんだよね。
なにかしら、信じていたいんだよね。

んなこと理屈っぽく言っても
大好きな音楽、要はそれだけなんだな。
最高に心地よく気分よく私が居られるのがそこなんだよな、という。

そういうことです。

ずっとそんな音楽の中にいたいなあ。
頼むよ~ゴーイングーーー。

なんてことを語ってしまっているのは
久しぶりにアンディの映像を観ているからでしょう。
封印していたわけではなく、
あれこれやっていたから観る暇が無かったのね。


。。。やっぱり泣けるほどかっこよくて、
今までの人生で見てきた中で
一番セクシーでクールでかっこいいバンドマンだと思うわけさ。



今年は新生アンディのライブにも行きたいと思います。
先行抽選申し込んでいるけど、どーだろー?
ゴーイングのツアーチケも発券。
関東シリーズは整理番号惨敗でございます。
西日本シリーズは別ルートで取りますよ。
ここで、引きの強さを取り戻そう。やるよやるよ。
と、スピッツ!!これもすでに確保しておりますがな。

で、2011年私のライブ初めはソカベ君@横川シネマ。
サニーデイもまた観たいし今年はソカバンも行きたいなあ。
プレンティもツアー決まってるし、バンプもあるかな?

ライブ!ライブ!!ライブ!!!
今年もライブに行きますよ。
そして、一番、心の底から一番観たいと思っている人のライブ。
観れると信じて疑わないのだ。
鳴らしたい音を思い切り鳴らしてくれることを
声に出したい言葉を音に乗せて唄ってくれることを
心から望んでいるのだ。
そしてそれは、叶わないわけがない!!!
それでいいのだ。


本日も9ピンを曲げ続けました、ははは。
上手くなってきたぞ。

| | コメント (0)

2010年10月 7日 (木)

愛と笑いの夜

言わずと知れたサニーデイの名盤。
この「愛と笑いの夜」というタイトルで12月にライブがある。
ゴーイング主催のリスペクト、サニーデイ。
もちろん曽我部くんもゲスト出演。

なんとしても行きたいと、強く思った。
だって、ゴーイングがサニーデイをどう表現するのか見たい聴きたい。
おまけに、ナカザの誕生日ですよ!!!
行かないわけにはいかんのです。

で、先週あの東京レンタルのさ中、先行予約。
本日抽選結果発表→当選→発券。

発券した瞬間、小さくガッツポーズ(笑)
そんな良席でした。
今回はCCレモンホールなので、座席指定なのです。
だから、好きなポジションは取れない。
運を天に任せるしかないのです。

まあ、ちょっとだけ不満があるならば
見事にどセンターだということ。
ソウ君の真ん前っすね。
下手希望なんだけど、そんな贅沢は言えません。

いや、とにかく。
ナカザのお誕生日という善き日に
ライブに行けることだけでも幸せです。
サニーデイのどの曲をどんなふうに演奏するのか?
ゴーイングの曲はやるのか?

考えるだけでもわくわくする。

Mugen

12月、殺人的なスケジュールが発表になっています。
今回の東京レンタルに関連して
大がかりなシステム改修のため
12月はすでに休日出勤命令も降りています。

が、
どんな無理をしたってこれだけは行く。

その日が私にとって本当に
「愛と笑いの夜」になること間違いなし!!
(言いきった・笑)


◆◇◆◇

本日予定しておりました初恋サンセットライブレポ、
ちょっと体力の限界来てますので
明日以降に順延です。

では、
おやすみなさい。


◇◆◇◆

あ、一番前じゃないので、あしからず。
1列目取れたような喜びよう…ははは。







| | コメント (1)

2010年2月13日 (土)

春フェス前線接近中!!

9時5時。
みっちり働きました。
1日振休を取れるのだが、
私はkumiai用に取っておくつもり。

途中、
オリンピック開会式を見よう!!と
テレビをお付けになられる上司。

あー、私はテレビがあると集中できんのじゃ。
テレビがいいなら、
音楽聴きながらやらせてくれよー。
それだと、ものすごい集中力で、
ものすごい良い仕事すると思いますよー。

惑わされぬよう、仕事仕事。
おかげさまで、
目標の大きい山+小さい山達成。


はぁーー。


サニーデイのアルバム発売日が
決まったようです。
4/21「本日は晴天なり」
ソカベ君のHPを覗いたら
タイトルとともに3人の海での写真。

逆光の中
空と海と砂浜とサニーデイ。

鳥肌が立ちました。
なんかやっぱすごいよ。


CD、早く聴きたいです。
そして、ツアーで近くに来るのを楽しみにしてよう。
関東、タイミングが合えば行こう。
あでも、常にゴーイング優先です…。

そうそう、ソカバン広島に!!
3月20日、S×O×Uも来るイベントに。
ソウ君の出演は21日なので、
というか22日にはSANUKI ROCK COLOSSEUM
うーーむ、閉ざしてる場合じゃないぞ3月。
春フェス!!!!続々。

着実に達成中のツキイチゴーイング、
というかツキイチナカザ(笑)

S×O×U(←入力するのが案外大変、コピペ。)
いかがでしょう?
って、誰に聞いているんだか(笑)

ゴーイングのソウ君、
S×O×U
松本素生

色んなソウ君がいるのは
違和感は無く、
その中で、
自分の好きなパフォーマンスを選べば良いって。

ソカベくんなんか、
もっと沢山のソカベくん、だもんね。
いろいろやりたいこと見せてくれれば嬉しい。

私はゴーイングのソウ君が好きです。
その前に、ソウ君という人が好きです。
あ、人としてですよあくまでも。
彼はほんとチャーミングで、素敵です。

良く服装も褒めるけど(笑)
アイビーっぽいのとかめっちゃ良い。

ソウ組のみなさん。
ソウ君という、良きお手本がいるのだから
Tシャツにタオルも良いけれど
もっと頑張りましょう!!

と、思うよ。

あ、中にはお洒落な方もいらっしゃいます。
皆様の名誉のために。


S×O×Uの曲をゴーイングで演ってるみたいだねー。
今日も田渕さん、行ってるみたいだし。
ま、ギターがナカザなら私はいいんすけどね。
いかがでしょう?

…だから誰に聞いてるんだって(笑)












| | コメント (0)

2009年10月18日 (日)

ミュージック!!

止まっていた時間が動き出す。
渇きが潤う。


体内に熱が戻ってくる。
満たされる。

ミュージック!!!


そう、お笑いでも温泉でも美術館でもなく
それはミュージック。


というと?

私の体は音楽でできてる。

というと?

体内を流れているのはロック。


ふふ。
まさに先週の赤劇場。


温泉めぐりに美術館めぐり
ご隠居のような日々を送っていた私。
もうほんと、残りの人生は
粛粛とスピッツとともに生きていこうと
宣言する矢先の出来事。


眠れども休めども
一向に休まらない心身。
ぱっさぱさに乾き、しっなしなに萎れ
隠居しようと本気で思っていましたが

まだあるじゃないか、パッション。


と、長い前置きですが

今日は高速バスに乗って岡山へ
ソカバンのアウトストアライブに行きました。
そして、前述と相成るわけですが、

相方と二人
久々に血が騒いだ1時間弱。

楽しかった。
満たされた。
潤った。

何より心に熱が戻ってきたーーー。
何を見てもどこへ行っても
大きな感動が無くフラットになってきていた。
世界がのっぺりと平面の紙のように見えていた、
そんな私の心に

熱が戻ってきました。
感情が、わきあがってきました。

てなわけで
ライブ引退はもう少し先になりそうです。



僕たちを動かすもの
そう、それはミュージック!!!




そして美しいものに心がぎゅっとなる。
Hana1

| | コメント (1)

2009年6月10日 (水)

ハピネス!

梅雨ですねー。
通勤時、激しく降っていた雨も
少し緩やかになったようです。

背が伸びすぎたタチアオイ
この雨で倒れてしまうかも、です。
でももう、花の時期も終わりですね。

先日、ハチに刺された足が
昨日より熱を持って腫れ、
モーレツに痛痒い。


昨日の6月9日はロックの日。
ソカバン「ハピネス!」発売、と同時に
レコ発ツアースタート。
千葉LOOKからのスタートです。
(千葉LOOK…嫌な思い出が蘇る。)
今回は、全国ツアーなので、関東圏に行かなくて済むのが救いです。
つか、ソカバンで関東圏にはもう行かないでしょう。
ほんま、こりごりです。

…あ、そんな後ろ向きなことじゃなくー。

「ハピネス!」はすでに先週水曜日に届き、
この1週間ハピネス。
まあ、なんと申しましょうか。

勢い。

一言で表現するならばそんな感じ。
ほぼライブ盤と言っていいでしょう。

「中学生みたいだ(←肯定的に)」とか
「ソカバンはこれでいいんだと思う」とか
掲示板に書き込み。

その裏には、
「まあ、言いたいこともあるしツッコミどころも満載なんだけど
これでいいんだ。」
そんな感じなんでしょうかねえ(笑)

ほんと、ツッコミどころ満載、なんだけど
勢いで行っちゃえって感じです。
そんなの気がつかなかったことにして、
この勢いに乗っちゃえって。

中学生、とは言いませんが
高校の部活度ますますアップ。
ブレーキなんてねぇよ、アクセルは踏みっぱなしだよ、っていう。

かといって、青臭いとかそんなんでもなく
あの年代特有の、ひずみ痛み、ていうかそういうのはないですね、
だってみんな30代、そこは無理っすよ。

ただもう、走れーって感じ。
ライブはきっと
ますます暑苦しく、ギトギトなんしょうねー。
はっはっは。

ライブ参加されるあなた、
最初の波に乗り遅れないように、
そして、体力つけときましょうねー!!(笑)



私も、最後のあだ花咲かせましょう。
くらいな勢いで、出陣します。


今年も、熱い
暑苦しい夏がやってきます。

| | コメント (2)

2009年4月 9日 (木)

僕の神様

少しの工夫で、仕事の流れがスムーズになるなら
前年のやり方に頼ることなく、変えていけばいいと思う。
提案する。

「考えずにとにかくやりゃいいんよ」

との回答。
一瞬キレそうになる、いや、プチ切れ。
けど、怒りは何も生み出さない。
怒りの先に、その先に進まないと。

冷静に、
何度も何度も言ってかなくては。
何かを変えるということは、
忍耐だ。

冷静に冷静に…。
自分に言い聞かせる。



Photo                                          

                     

大きな深い森。
まだ、冬の落ち葉が厚く、
春の日に、ふかふかとやわらかく積もる。
カサカサと踏みしめ
森の奥深く、

ひっそりと、小さな泉。
美しく清らかに澄み渡る、癒しの泉。

右足から、静かに水の中に入る。
そして体ごと、泉の底へ。
清らかな水に包まれ、研ぎ澄ます。
外界を遮断して、研ぎ澄ます。
ひたひたと、体内をも満たす、癒しの泉。


ラッドの新譜は、そんな感じです。
イヤホンで遮断し、深く包まれる、満たされる。

毎日、
聴くたびにすっげぇって思う。
こいつらマジすっげぇって。
いったいどこまで行くんだろうね。
10年先、どこに行きついているんだろうね。

それも楽しみだったりするけど、
やっぱ今。
今、彼らの生み出す音楽。
野田君の非凡ぶりと
他のメンバーの職人ぶり。

ヤバいヤバい。

もしも私が10代だったら
「野田君は私の神様!!」になっていたろう。
「カリスマ」って言葉の価値が
すっかり地に落ちた昨今ではありますが、
本来の意味のカリスマ性。

10代だったら、
心血注いだであろう。

そんなラッドのライブ。
がんばってチケ争奪戦に参戦しましたが、
惨敗でした(涙。。。)
今回のチケット、イベンターなどを介さず
オフィシャルサイトで独占販売。

販売を一本化する意味合いは、
さまざまあるだろうと思う。
オークションに出品するためのチケ取りが横行する中、
それを最小限に食い止める手立て、その一つかもしれない。
私はその主旨に賛同します。

本当に行きたい人が
定価で行けるようになるために。

本当に、めちゃめちゃ行きたいのは山々だけど、
次回、必ずや行けることを信じます。

そして、
夏フェスで会える気がする。
夏空の下、感動に胸震わせながら
世代の違う、僕の神様の音楽に
酔いしれる気がする。

もう、夏フェスの情報も入ってきてますからね!
今年は、あの花柄ゆるパンで臨むぞ!!


| | コメント (0)

2009年3月 7日 (土)

君と僕の間

がっつりとゴーイングと四つに組む日々。
何年ぶりだろうか。
そらさず、やりすごさず、抜かず。

そして思います。
ゴーイングはここまで来ていたかって。
ふり幅が広い、すごく広い。
ストリングスのアレンジで壮大で美しい交響曲を奏でたかと思うと
チープとも思えるような軽やかさで、音をかき鳴らす。
私はこれまで、何を聴いていたのか、
いや、今だから響く音なのだろう。

夕暮れマイスターぶりも磨きがかかり、
刻一刻と移り行く、
あの唯一無二の時間を描かせたら
もはや右に出るものはいないであろう。

そして私は
「君」と「僕」の間を行き交う。
君にもなるし、僕にもなる。
気持ちは、自由に行き来する。
私のなりたい「君」になる。

まあでも、
単純に、ライブが楽しみです。
素直に、泣きたいときは泣いています。

相方はここのコーラスで
めろめろ~んとなるのだろうか(笑)
ライブではどんな風に表現するんだろうか。

そんなことも思いながら、
イヤホンで外界を遮断し、今日もがっつり四つに組む。


早く土曜日にならないかなー。







| | コメント (0)

2009年3月 4日 (水)

強風の中

再生ボタンを押す。
イヤホンから流れる音。


君の涙が忘れられない 初恋に捧げるナンバー

久しぶりに聴く初恋の嵐。
やっぱりぐっと来る、この歌声に。

強風の中、下北に向かい
約束も何もなく、fogへと歩く。
そうだ、さっちゃんに会いに行こう。
などと、思い立ち、
野生の感を頼りに、案の定迷い迷い、たどり着く。
一緒に晩ご飯を食べようと言うことになり
ぶらぶらしながら、彼女の仕事終わりを待つ。

待ち合わせて、
古着屋なんかをひやかし、
どこへ行こうかって言いながら、
その日、
3月2日が西山くんの命日と教えてもらいました。

初恋の嵐を知ることができたのも
彼女のおかげ。
そして、そんな日に
彼女に会いに行こうと思ったのも
なにか、うっすら運命的なものを感じたのであります。

西山くん所縁のお店に行こうって話になって、
でも、そこはお休みでした。

あ、途中kennyとすれ違う。
コンビニ帰りだったようです。
さすが、下北。

「酢」前面に押し出したお店に入る。
生姜酢ビールを注文。
ビルの3階、窓から空とビルを見ながら
少しだけ、初恋の嵐の話をする。
心の中で、西山くんに乾杯する。

良い夜でした。
風が強かったけど
迷って途中挫けそうになったけど、
あきらめなくて良かった。


イヤホンから流れる音楽を聴きながら
考える。

もしも、初恋の嵐がずっと続いていたなら
どんな音楽を奏でていただろう。
でも、もしもなんて、ありもしないことを想像してもなぁ。
って、膨らみそうになった想像を打ち消す。

もしも、の話を考えることほど
楽しいことは無いのに、
仕事の影響だなあ、とちょっと苦笑い。

もしもの話をしてもしょうがないでしょ。
事実を収集して、それに基づいて話を進めないと
どんなに議論したって、時間の無駄。

私の仕事上の考え方です。

いやになりますねー。
ははは。


もしもの話を沢山しよう。
想像力を駆使して。

そんな日も近い。
もうひと頑張り!!


しっぽちゃん、だいぶ元気です。
痛々しい姿ですが…。

| | コメント (0)

2009年1月25日 (日)

鬼も笑います。

水面下で行われていた
ユニコーン復活ライブのチケット争奪戦。
とりあえず 広島ゲットだぜ。

…なんですが、テンションがイマイチ上がらないのは何故?
CDもまだ買っていないしー。


いくえみ凌の描く世界が
私の世界の全てだったころ
ユニコーンはその実写版だった。
(まあ、ある意味、当たり前っちゃあ当たり前ですが…)
民生は私のアイドルでしたっ。

あ、過去形。
そう、過去形なんだよね。
でも、音楽は色あせない。
時々引っ張り出して聞くアルバム。
ワクワクしますね、やはり。

サニデに続きユニコーン。
もしもイエモンが復活したら、
イエモンが復活したら、
鼻血がでるかもしれません。

スピッツがずっとスピッツで良かった。


Photo_7                                                

                                            

                                         

この1週間が終われば
2月4日から東京出張。
またしても都合の良いことに、
4日の夜は、ローズレコード主催のライブイベント。
曽我部君も島津君も
それからCCCバンドとして上野くんも出ます。
チケットは既に入手。

ゴーイングで克服したかに見えたトラウマも
やはり、ここ本元で克服しなければ。
なんか、でもやっぱりテンション上がらず。
そんな時期なのかも。

いや、打破してきますっ。



2月はもう一度東京行きあり。
3月もまた。
2月、日数短いのにハードな日程。
3月はラッドの新譜、とても楽しみ。
そして心は6月に飛びます。
鬼も笑います。
あ、その前にソカバンのシングルが出ます。

どんな仕上がりなのでしょうか。

| | コメント (0)

2008年8月12日 (火)

トキメキライブ☆

080810_23150001 やっと、やっと届きました。
ソカバン「トキメキLIVE」(CD)と
「六月の鯨」(DVD)

いやしかし遅すぎやしないか?
5日から発送始めますといって
1週間近く経っている。
1000件そこらの発送を
こんなに手間取ってどーすんだ?
アナウンスの仕方も含め
事務的なことが「いまひとつ」な気がする。

発送業務、おそらく業者にデータ渡し、かなあ。
データ整理の仕方に問題があるんじゃないかなあ。

ローズよ、優秀な事務の人を一人雇用されたし。
事務も想像力っすからね、
想像力もってして、迅速かつ丁寧に
たかが事務と思う無かれ、
ここ、けっこう世間の目は厳しいですよねー。

って、ボヤキです。
スミマセン、直接メールしろよって話でした。

で、ボヤいてばかりもいられません。
ゆっくり見る時間的余裕が無く、
DVDは半分見ました。
自分が参加したライブがDVDになるのは
やっぱすごく嬉しいです。
まわしっぱなしのノーカットです。

あの熱い夜アゲイン。
広島並木ジャンクションのハコが
一個の有機体となったあの瞬間。
あー、そうだったよな、などと思い出し、笑い
魂のコール&レスポンスを思い出し、ニヤニヤし

ライブいきたーーーーいっっ!!!!

その思いに尽きる。

CDも、松山サロンキティのが3曲収録され
岡山、広島も1曲ずつ収録で、
やっぱ、自分が参加したライブが
CDに収録されるのは、嬉しいです(笑)

そして

ライブいきたーーーーーーーーいっっっ!!!!

届くのが遅くって、
めっきりテンションが下がっていましたが
盛り返しています。

で、
ワタクシはDVDの中に映っていたか否か。
ええ、端っこに見切れながらも、
めっちゃ楽しそうな後姿が、
しっかりと残っていました。

明日は、愛媛県の八幡浜市まで出張です。
8時30分広島港発のスーパージェットに乗らなくては。
日帰り、帰るのはおそらく10時くらい?
明日話すシナリオをまだ、考えていないので
船の中で考えよう。

今日はもう寝るのだ。
反対の賛成なのだーー。
赤塚先生へのオマージュ。

| | コメント (0)